ダーウィンが来た!ブログ

2010年8月

ちょっとまった~!


どうもヒゲじいです。

 

28.jpg

今日もみなさんから送られてきたイラスト紹介しちゃいますぞ~。

今日のイラストはこちら!!


kyoryu1.jpg
大人からこどもまで大人気の恐竜~。

ダーウィンが来た!にもよく『恐竜』の特集をしてほしいとお便りが寄せられていますぞ~!

こちらのイラストをくれたのは群馬県にお住まいの寺田世一(てらだ よいち)君、5才です!

06.jpgいや~上手に描けてますな~。

まるで実物を見てかいるかのように、細かいところまで凝って描かれていますね!

今にも動き出しそう~14.jpg

ブラキオサウルスプラ・・サウル・・・・・05.jpg

っと、知らない恐竜もいますな~!


あ、ステゴサウルスは知ってますぞ!

16.jpg私も大好きです。
お!見てください。ヒゲじいも恐竜に混ざっています~。
うれしいですな~!!

22.jpg

よいち君、かっこいいイラストどうもありがとうございました~。

みなさんもイラストと一緒にリクエストなどどんどんお寄せ下さいね~。

 

2010年08月29日 (日)

タヌキ目撃情報、大募集~!

ちょっと待った~


どうもヒゲじいです。

 

20.jpg

今夜の放送「追跡!宙を舞う謎のエイ」見ていただけましたかな?
巨大なエイの大ジャンプ!!すごい迫力でしたな~。
eijump.png

見逃してしまった方は再放送NODでチェックしてくださいね~。

 

さて、先日50周年スペシャル企画で、都会タヌキの目撃情報を募集いたしました。
早速続々と番組宛てに、情報がきています~!

16.jpg

みなさん、本当にありがとうございます。

まだまだお待ちしておりますのでどしどしお寄せくださいね~。

23.jpg

そんな中、視聴者の伊藤さんからこんな質問があったので、みなさんにもお知らせいたしますぞ~!
「今週も楽しく拝見しました。


東京での狸の情報を収集しているとのことでしたので、ご連絡します。


近所の住宅付近で狸をみました。


写真もありますが、このメールでの添付方法が不明で添付できません。

写真が必要でしたら、写真を添付する方法を教えてください。」

 

 

 

28.jpg

早速有力な目撃情報ですね!ありがとうございます。

しかし、26.jpgせっかく写真を撮ったけど、送り方がわからないよ~

という方、他にもいらっしゃるかもしれませんな!

それでは写真の投稿の仕方、もう一度お知らせいたしましょう。


 

まず、「ダーウィンが来た!」のホームページのトップページを開きます
すると、下4分の3あたりのところに、ひげじいがマイクを持って「写真やイラスト大募集!」と出しているバナーがあります。

setumei1.jpeg

これをクリックしていただいて、次のページで「利用規約に同意し投稿する」をクリック
次のページに進んでさらにお名前、アドレス、電話番号、写真のタイトルなどを入力、「参照」をクリックしてお手持ちの写真を添付して送ってください。


 

22.jpg

少し面倒かも知れませんが、みなさんの目撃情報、スタッフ一同首をなが~くして待っておりますので、

是非投稿してくださいね~。

もちろん写真がなく、目撃情報だけという方も大歓迎ですぞ。

ちょっと待った~!


どうも、ヒゲじいです。

 

28.jpg

お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのクロダさん、おねがいしま~す。


 

は~い、では、次回の主役をご紹介しましょう、こちらです!
ei1.png

えっ? なんだか分かりませんか?
これ、エイなんです。ジャンプしてるんですよ。

ムンクイトマキエイというエイで、ジャンプが得意なんです。
しかも、何匹もが同時にジャンプを繰り返すこともあるんです。
ei2.png

体重20キロもあるエイが、

高さ2メートル以上も跳ぶ姿は大迫力!

でも、なんでエイが跳ぶのか、理由は長い間、ナゾに包まれてきたんです。

ei3.png

撮影地は、メキシコ、カリフォルニア湾の海です。
私たち取材班は、現地のエイの研究者の協力の下、このエイを徹底追跡しました。

その結果、ようやく明らかになったジャンプの理由とは...
詳しくは放送にて! 

「追跡! 宙を舞う謎のエイ」
2010年08月29日(日)、よる7:30~、総合テレビ
での放送予定です。
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承下さい。)

次回の予告動画はコチラ
次回予告はコチラ

2010年08月24日 (火)

夏の自由研究~

ちょっと待った~


どうも、ヒゲじいです。

 

 

 

 

28.jpg

暑い暑い夏休み、みなさんゆっくり出来ましたかな~?
夏になると、田舎にいたころに宿題で、自由研究というものがあったのを思い出しますな~。

さて今日はダーウィンが来た!にこんなおハガキいただきましたぞ!
東京都にお住まいの源ちゃん(9さい)より。

『去年の夏やすみに公園で遊んでいたとき、カマキリを見つけました。
しばらく観察していると、カマキリのおしりから、ミミズやヘビのように這っている謎の物体が出てきました。なにかわからないので教えて下さい。』

 

kamakiriirasuto.jpg

 

まさに自由研究を思い出す一枚!!

24.jpg

さて源ちゃんのギモンはずばりこのおしりから出ている『謎の物体』・・・
わたしもよく近所の公園でカマキリを見ますが、源ちゃんの見た謎の物体は見たことがないですな~。

 

21.jpg

さらに源ちゃんの観察によると、その謎の物体は
1、 長さ50センチくらいで、太さは2ミリ~3ミリくらいで、糸のように細い。
2、 石を乗せても、大丈夫。
なんですって!

 

29.jpgますます分からない~。

というわけで、番組のスタッフに聞いて回りましたぞ。

23.jpg

すると、ある昆虫好きのディレクターから次のような有力証言が!

「実物を見ていないので間違っているかもしれませんが、

それはきっと『ハリガネムシ』ですね。

ハリガネムシは寄生虫の一種で、カマキリなどの体内で成長し、成虫になるとお腹を食い破って出てくるという恐ろしい生きものです。

それにしても、自称"虫博士"の私も見たことがないスゴイ現場を目撃し、正確なイラストを描いて送ってくれるなんて、源ちゃんの観察力に脱帽!

 

16.jpg

源ちゃん、謎が解けてよかったですな!

おハガキありがとうございました~。
ヒゲじいも源ちゃんの観察力に脱帽しましたぞ。

将来は立派な虫博士!?

 

ちょっと待った~!


どうもヒゲじいです。

 

09.jpg

今夜の放送見ていただけましたか?
「自然番組50周年スペシャル2 大発見!生きもの超パワー」
先週に引き続きのスペシャルでしたが、永久保存版の映像が盛りだくさんでしたな~。
みなさんのお気に入りスクープ映像はありましたかな?

見逃してしまった方は再放送NODで要チェックですぞ!録画の準備もお忘れなく~!

 

さて、ここで・・・

大好評! 私、ヒゲじいの「ウラ日記」突撃インタビューです!

21.jpg

取材ディレクターの書いた「ウラ日記」のさらにウラを
私の切れ味するどいツッコミで聞いちゃうインタビュー、第3弾

今日は、5月9日に放送した

「恋してピョンピョン! サバンナの鳥」
思い出してみましょう!

主役は、ケニアの草原に暮らす鳥、オドリホウオウ
サバンナの草原のあっちこっちで、ピョンピョンと連続ジャンプをしてました。
uranikkiodori.png

オスがジャンプして、メスにアピール! 見事な美しさですな。
uranikkiodori2.png

 

ちなみにジャンプしていたのは・・・
手間ひまかけて作った、この「求愛の舞台」uranikkiodori3.png
サバンナの草原の中に舞台を作って、
ジャンプや求愛ダンスを披露していたんですな。

 

 

05.jpgでもちょっと待った!

サバンナの草原っていえば・・・
ライオンとか、チーターとか。肉食動物のいるとっても危険な場所ですよね?
オドリホウオウなら飛んで逃げられるでしょうけど、
撮影隊はどうやって逃げるんでしょうか?

そういえば「ウラ日記」でも気になる文章が・・・

鳥をより近くから見て、迫力ある映像を撮りたいと欲が出てきました。

そこで試したのが、鳥の目の前に小型カメラを置く作戦。でも、ただカメラを置いただけでは鳥が警戒して近寄ってはくれません。そこで、草でカモフラージュしたり、地面に埋めてみたり。普段と全く状況が変わらないように工夫をして、鳥を待ってみました。

すると・・・ 思っていた以上に迫力ある、鳥たちの目線の世界が見えてきたんです。

 

 

17.jpg

やはり、地面に降りていたようです。命がけのドキドキ・・・?

 

23.jpg

ケニアへ撮影に行ったディレクターの井田さんに聞いてみましょう!
まさか、ライオンに襲われたなんてことはないですよね?


「大丈夫! この通り、無事にピンピン生きてますから! 
ロケ中は、スタッフ全員で緊張しながら注意を払っていました。

それに、安全を監視する現地スタッフもいたんですよ。

でもそれだけじゃありません。
撮影のほとんどを、肉食動物がいない場所で行なったんです。」

 

14.jpg

え? 本当にそんな都合の良い場所があるんですか~?

 

「それが、あるんです。
"サバンナ"の中に、とっておきの肉食動物が寄ってこないエリアがあるんです。
それがこちら!
uranikkiodori4.png

点々と、人家や畑があるのがわかりますか?
肉食動物のいないエリアとはズバリ、"人のそば"のことです。

日本なら、スズメやツバメが身近にいますよね。
オドリホウオウも人のすぐ近く、巨大な空き地のようなサバンナでジャンプしているんです。

常に人の目があるので、ほかの動物が近づいてこないんでしょうね。

人家の近くで撮影をしていると・・・
uranikkiodori5.png
次々と子供たちが集まってきて賑やかな撮影になりました。
でも本音ではオドリホウオウが逃げてしまって困るので
「静かにしてね!」とお願いしましたけどね!」


 

28.jpg

なるほど! 
一言で"サバンナ"といっても、いろいろなんですな。
ディレクターの井田さん、どうもありがとうございました。

次回の突撃インタビュー第4弾も、お楽しみに~!!

 

ちょっと待った~!

どうも、ヒゲじいです。

20.jpg

今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、

ご紹介しちゃいます。

担当ディレクターのイソガイさん、おねがいしま~す。


 

はい、わかりました~。ディレクターのイソガイです。

次回は夏休み特別企画

自然番組50周年スペシャルの第2弾ですよ!

前回の第1弾「大公開!お宝映像」に続き、今回もすごーい映像が続々登場しちゃいます。

見どころのひとつは、世界中の生きものたちが繰り広げる狩りのスゴ技

陸も海も、息を飲む圧巻シーンが盛りだくさんです。

kujira.jpg 

さらに、「ダーウィンが来た!」で紹介した

東京のシティー派タヌキ

その暮らしぶりの変化を、過去から最新事情まで

たっぷりお伝えしちゃいます。

tanuki.jpg

2週にわたってお送りするスペシャルの第2弾!

「自然番組50周年スペシャル② 

       大発見!生きもの超パワー」。

2010822日(日)、よる7:30~、総合テレビで放送の予定です。

 

詳しい次回予告内容・予告動画はコチラ。

 

2010年08月17日 (火)

カメレオン大人気の秘密!

ちょっと待った~!


どうもヒゲじいです。

 

28.jpg

 

 

今日も視聴者のみなさんからお寄せいただいたお便り、ご紹介いたしますぞ~!

jyakuson.jpg
送ってくれたのは、広島県にお住まいの福永廉(ふくなが れん)君8歳です。

21.jpg

これは以前番組で、「超スローで見たいもの」を募集したときに送ってくれたものですな~!

れんくんが書いてくれた色が変わる瞬間虫を捕まえる瞬間、みなさん覚えてますかな?
このジャクソンカメレオンは天敵のタカやワシを見つけると怯えてからだが黒く変化しましたよね~。
決して自分から色を変えているわけではないらしいですが、結果的に身を守っているんでしたな~。

そしてこのジャクソンカメレオンの最大の特徴が、普段のろ~い動きしかしないのに、獲物を捕るのは超スピード!なんと舌を出してから口に入るまで0.3秒という速さでしたよね~!
あののっそりした動きからは考えられない早業でした!

 

16.jpg

でも、やっぱり普段はの~~~~~んびり過ごすのがお好き。

2007年9月30日の放送以来、みなさんに大人気のこのカメレオン、

実は現地のケニアではと~っても嫌われていたのも印象的でしたよね。
昔の伝説のせいで、嫌われ続けたカメレオンですが、こうして日本ではとっても大人気ですぞ~。よかったですな~。

日本で大人気のカメレオンの魅力は、もしかしたら、この'スローライフ'にあるのかもしれませんな~。

15.jpg

私も田舎で牛と生活しながら、畑仕事で自給自足な~んて生活もいいかも・・・

28.jpg

と夢を膨らませつつ、やっぱり毎週日曜日ダーウィンが来た!をやるのがやっぱり一番ですな!
今週日曜日もお楽しみに~。

2010年08月15日 (日)

ダジャレ反省会 7月編

ちょっと待った~


どうも、毎度おなじみヒゲじいです。

 

28.jpg

 

 

 

ついに8月も半分終わりましたな~。


今夜のダーウィンが来た!は自然番組50周年スペシャルということで、

 

昔の映像から今の映像まで、ありとあらゆる決定的瞬間から

選りすぐりを集めた総集編第一弾でした!!!
いかがでしたか?

見逃してしまった方は絶対必見、永久保存版ですから、再放送NODで要チェックですぞ~。

 

 

 

14.jpg

さて本日もサクッといっちゃいましょう~!

毎月恒例、あのコーナーですぞ!
それでは皆さんご一緒に・・・ダジャレジェットコースター
『しゅっぱぁぁぁぁぁぁぁぁっつ!!!』


7月4日放送「北の森のオキテ 母グマ愛情物語」より

 

この回の主役、クロクマの親子の世界には数々のオキテがあります。

その一つが「縄張り」です。縄張りはメスにとっては子育てするうえでとっても大切。
また一度ひとり立ちした子は、子どもであっても親の縄張りに入ってはなりません。
ある時、親グマ・ジューンの縄張りに娘が入ってしまい、ジューンは激しく追い払ったのです。しかし、それにはこのオキテを教えるという大切な意味があったことを受けて一言。

『へー、なるほどね。
母親のジューンは、これから子育てをしていく娘に、
大切な掟を厳しく教えていたんですな。
まさに、愛のムチ。
ジューンときましたぞ、母さん。』


7月18日「羽でバンザ~イ!謎のハチドリ」より

dajyare7-2.jpg


この回の主役、オナガラケットハチドリはと~っても小さな鳥です。そんな小さな鳥の最大の特徴が尾羽。
オスはこの尾羽をひたすら振ってメスにアピールするんですが、メスに気づかれやすいということは敵にも気づかれやすいということ!そこでオスは、尾羽を振れば目立つ、止まっていれば目立たない場所、すなわち深いヤブの中で一生懸命尾羽を振ります。
そのことを聞いて一言。

『なるほど!

あんなに尾羽を振って「オーバーね」なんて思ってましたけど、大切なものなんですなあ。


フレー!フレー!お・ば・ね。』

 

またハチドリはなんとこの求愛ダンスをオス同士で見せ合って練習するというから驚き。
そこで出たこんな一言。

『ほぉ~。男同士でプロポーズの練習なんて、私には出来ない涙ぐましい努力ですなあ!
オナガラケットハチドリは、恋のためならど根性、男相手に、ばんざ~い、ばんざ~い!
な~んて。』



7月25日「一発必中!ナゲナワグモ」より

 

nagenawagumo1.jpgのサムネール画像

この回の主役は、苦手な方も多いクモ、その名もナゲナワグモです。
このクモ、なんと糸をナゲナワのように操り獲物をつかまえるスゴ技の持ち主。しかも使うのはたった1本の糸というから驚きです。しかし、ナゲナワグモが狙うのは「ある特定のガのオス」だけなんです。それもそのはず。ナゲナワグモが体から出す物質が、ガのメスにそっくりなんです。さらにこのクモ、音を聞き分ける力があります。つまりこの特定のガのオスのほうから自然と寄ってくるところを、ガの低い羽音にだけ反応し、狙っているんです。
スゴ技の裏に隠されたナゲナワグモの特性を聞いて一言。

『ほー、そりゃ賢い!
ナゲナワグモ、体は小さいけれどたいしたやつなんですな。
使う道具も「投げ縄」一本、獲物の狙いも「ガ」一本。
こりゃ当然、私も一本とられちゃいました~』



いかがでしたかな?
ダーウィンが来た!も今年で5年目!
私のダジャレに関しては・・・ごめんね!
16.jpg

ますます精進していきますぞ~!!!お楽しみに~。

ちょっと待った~!


どうも、ヒゲじいです。


28.jpg

今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、
ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのヤマモトさん、おねがいしま~す。


はい、わかりました~。ディレクターのヤマモトです。

なんと、次回は夏休みの特別企画!

自然番組50周年スペシャルの第一弾です。

と言っても、
50周年ってなに!?という方々がほとんどだと思います。

実は今年、NHKで自然や生きものを紹介する番組が始まって50年になるんです。

ちなみに、最初はどんな番組だったかというと、こちら!
shizenalbam.png
1960年に放送が始まった「自然のアルバム」という番組です。

当時は、テレビのカラー放送が始まったばかりで、まだ多くの番組が
時代を感じますよねえ。

それから50年。

現在の「ダーウィンが来た!」に至るまで、
なんと2000を超える数の番組が放送され、
世界中の自然や生きものを紹介してきたんです。

今回は、その膨大な数の名場面から、スタッフが厳選したとっておきのスクープ映像をたっぷりご紹介します!

そうそう、あの「生きもの地球紀行」の案内役、
宮崎美子さん
のイチオシ映像も見逃せませんよ!

miyazaki.jpg

2週に渡ってお送りするスペシャルの第一弾!
「自然番組50周年スペシャル① 大公開!お宝映像」。
2010年08月15日(日)、よる7:30~、総合テレビ
での放送予定です。

詳しい次回予告内容・予告動画はコチラ。

2010年08月10日 (火)

中庭のアイドル!?

ちょっと待った~


どうもヒゲじいです。

 

28.jpg

今日はこんな投稿がありましたので、ご紹介いたしますぞ~

福島県のS.Kさん(16)が送ってくれました~。

毎週、家族そろって楽しく観させていただいています。
(ありがとうございます~)
さて、私の通っている高校の中庭に、年6月下旬~7月上旬、
カルガモの親子がやってきているそうです。
今年も12羽のヒナをつれてやってきました。
中庭は周りを校舎に囲まれているため、ネコなどの地上の天敵からは狙われない絶好の子育てポイントみたいです。
去年、今年といつの間にか現れては、いつの間にか家族全員巣立っています。
可愛いのですが、そこが謎で、ここ最近この事ばかり考えています。』

karugamo.JPG

 

16.jpg

とっても可愛い写真ですね~!!!

S.K.さん、ダーウィンが来た!の大ファンだそうで、

以前、身近なスズメのエピソードの募集を見て、何か身近なものでスズメ以外に投稿できるものはないかと思って、このカルガモ親子の写真をおくってくれました!

 

21.jpg

S.Kさんによると、
5年位前からず~っとこの光景が目撃されているそうですぞ~。

毎年5月くらいに親鳥がやってきて6月くらいになると写真のように子どもがくっついているんですって!
ということは、ヒナはこの中庭で生まれているんですかな~??
ヒナたちは大きくなってくると、近づいてもおどろいたりせず、むしろ足元にくっついてくるんだとか・・・

 

22.jpg

きっと学校のみなさんの癒しのアイドルになっているんでしょうな~。

8月に入った今はまたいつの間にか旅立ち、来年このヒナたちが大きくなってまた帰ってくるんでしょうか?
楽しみですね~。

S.Kさん心温まる写真投稿ありがとうございました~!

みなさんも身近な生きものの写真、是非送ってくださいね~。
お待ちしております~。

ちょっと待った~!


どうもヒゲじいです。

20.jpg

今夜の放送見ていただけましたかな?
「ドングリ蔵を守れ!キツツキ親子」
木に埋め込まれた無数のドングリ。あんな小さな体で、あれだけの作業、驚きでしたね~。
まだの方は必見、再放送やNODで要チェックですぞ~

21.jpg

さてみなさん、突然ですが、先週の放送覚えていますかな?

 

そう、不思議な求愛方法の持ち主『巨大ライチョウ』でした!

ライチョウといえば、実はダーウィンが来た!では

以前日本のライチョウも放送しているんですぞ。

みなさん覚えてますかな?
2009年7月26日放送「わたしライチョウ 雪の鳥」

舞台は、1年のうち300日以上も雪が積もっている北アルプス、立山の山頂付近。
raicho-1.jpg

雪にすっぽり埋もれているライチョウの姿が印象的でしたよね~!raicho-2.jpg

 

でも、ちょっと待った!


05.jpg

たしかにライチョウは『雪が大好き、寒いの大好き~!』で全然へっちゃらでしたけど、

これを撮影したスタッフもいるんですよね~??!

というわけで、本日は『過去に行ったとっておきの地域、第3弾』をお届けします~!

23.jpg

 

早速、裏日記からこんな気になる文章を見つけました!

「立山にたどりついた初日から猛吹雪。気温は氷点下20度。日本海から吹き付ける強風のため、立っているだけで吹き飛ばされそうです。体感温度は氷点下40度まで下がります。」

「想像以上の寒さと風の強さに『いったいライチョウたちはこんな極寒の厳しい世界でどうして生きていられるのか?』と、謎はますます深まりました」

 

 

17.jpg!!!??
体感温度が氷点下40度??!

第1弾では、ユウレイガニの撮影で灼熱の47度でしたよね~?今度は極寒です!!!

それにしても氷点下40度っていったいどのくらいの寒さなんでしょうな??

冷蔵庫??冷凍庫???

 

21.jpg

実際撮影に行ったディレクターのワタナベさんに聞いてみましょう!
ワタナベさ~ん、冬の北アルプスでの撮影、どうでしたか~??

 

「寒いだけなら、防寒着を着込めばなんとかなるんですよ。

でもね、ライチョウを見つけるために、雪をかき分けあちこち探し回っているうちに、、、今度は汗だくになっちゃうんです!

していざ撮影となると、ライチョウを驚かさないよう、1時間も2時間も身動きせずにカメラを構えていなきゃいけません。

すると一気に汗が冷えて、全身を寒さが襲ってくるんです。

手足の末端が痺れ、徐々に身体の底まで寒気が染み込んでくる感覚というか、、、あ~思い出しただけで身震いしちゃいます!」

raicho-watanabe3.JPG

 

 

raicho-watanabe4.JPG

 

 

09.jpg

確かにライチョウのように雪にすっぽり隠れて待ってるだけでは、あんなすごい映像は撮れないですよね~。

 

29.jpg

極寒(ごっかん)で発汗(はっかん)

・・・考えただけでおなかの調子が悪くなりそうですぞ。

ワタナベさんありがとうございました!
詳しい撮影秘話は、裏日記へ。

それではみなさん、第3弾をお楽しみに~!!

 

ちょっと待った~!

こんにちは、ヒゲじいです。
28.jpg

今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見どころをご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのコバヤシさん、お願いしま~す。


は~い、わかりました!コバヤシです。
次回の番組はとっても奇妙なキツツキが主役です。

何が奇妙かというと・・・
こちらの写真をご覧下さい。

donguri1.jpg

キツツキがくちばしにくわえているもの、何だと思いますか?

みんなよく知っている秋の木の実と言えば・・・そう、ドングリです!

このキツツキ、アメリカに生息する「ドングリキツツキ」と言います。

その名の通りドングリと切っても切れない関係を結んだ鳥なんです。

どんな関係かって?では次にこちらの写真をご覧下さい。

 

donguri2-1.PNG

一部を拡大してみると・・・

 

donguri3.png

無数のドングリが木の幹に埋まっています。

これ全部ドングリキツツキがやったんです。すごいでしょう!?

イタズラではなくて、ドングリを「貯えて」いるんです。

何のためにこんな事をするのか?

どうやってこんなにたくさん貯えるのか?

番組ではその謎に迫ります。

「ドングリ蔵を守れ!キツツキ家族」。
2010年8月8日(日)よる7:30~
 総合テレビでの放送です。

お楽しみに!

詳しい予告内容・動画はコチラ。

ちょっと待った~


どうもヒゲじいです

28.jpg

きょうはまたまた可愛いイラストをご紹介しますぞ~。
じゃ~ん!
irastkoumori1.jpg
23.jpg

このイラストを送ってくれたのは、

渡部葵(わたなべ あおい)ちゃん、小学3年生です。

オオコウモリですな~。

まさに「タッチアンドゴー」の瞬間!
大きな水しぶきを立てて飛んでいますね~。

 

22.jpg

あおいちゃんはイラストにコメントも添えてくれました~

「オオコウモリがタッチアンドゴーをするのは

とてもびっくりしました。

メスのパンチは強れつで、

みんなで笑っちゃいました。」

 

09.jpg必殺!親指パンチ!

 

06.jpg

あれはすごかったですな~!

しかし子育て中のお母さん、子どものために必死だったんでしょうな!オスはタイミングが悪かったですね。


14.jpg irastkoumori2.jpg

オスのみなさん!子~守り中のコウモリ母は最強なのですよ~!な~んて。

あおいちゃん、リアルなイラストと素敵なコメントありがとうございました。

これからもダーウィンが来た!見てね~。

皆さんも、番組の好きなシーンや生きもののイラストを描いてどしどし送ってね~。

投稿はコチラから。

おハガキのあて先はこちら。

〒150-8001 NHK「ダーウィンが来た!」係

ちょっと待った~。

どうもヒゲじいです。

20.jpg

今夜の放送『巨大ライチョウ 荒野の決闘』見ていただけましたかな?

オスの不思議な胸からポンっと音を出してのプロポーズは、とってもおもしろかったですな~!

見逃してしまった方も、もう一度見たい方も、ぜひ再放送NODチェックしてくださいね~。

 

今夜は皆さんにご報告したいことがありますぞ~。

先日このブログでも紹介していた、

「ダーウィンが来た!キッズミーティング」

海の日の7月19日


東京・渋谷のNHKふれあいホールで開催されましたっ!

 

ダーウィンが来た!ファンの集いともいえる、このイベント。
komoda1.png
会場には、番組のナレーションを担当している中條誠子アナウンサーや、

番組担当ディレクター、それに私、ヒゲじいも参加して、皆さんとふれあって来ましたぞ!

komoda2.png

24.jpg

会場は250人を越える家族連れで満員御礼

しかも、生きものが大好きな人たちばかりとあって、中條アナウンサーと私の生きものクイズコーナーでは、

09.jpgみなさん真剣そのものでした。

さらに番組を担当しているディレクターの撮影秘話のコーナーでは、ちびっこたちが熱心に質問してて、

22.jpg感心しましたぞ!

一緒にクイズをやったり、写真を撮ったり、

15.jpg実は私が一番楽しんでたりして・・・。

生きもの大好きおじさんの私は、生きものが大好きな家族とこんなにたくさん出会えて、とってもうれしかったですぞ~!

来てくださった皆さま、暑い中ありがとうございました!