ダーウィンが来た!ブログ

2010年6月

2010年06月29日 (火)

海の中をのぞいてみよう~。

ちょっと待った~!

どうもヒゲじいです。


21.jpg

みなさん、突然ですがこちらの生きもの覚えていますか?

irasutotako1.jpg

そうです!2009年10月11日に放送された「タコ!マイホームを持ち歩く」の主役

メジロダコのつぼちゃんです!

今日はこのつぼちゃんのイラストをご紹介いたしますぞ~!
irasutotako2.png 
こちらのイラストを描いてくれたのは、千葉県にお住まいの佐藤匠悟(さとう しょうご)くん、小学1年生です。

22.jpg

見てください。マイホームのツボにすっぽり入って快適そうですな~。

このメジロダコはこんな風につぼや、ビンを住処にし、しかもそれを持ち歩く世界でもとっても珍しいタコなんでしたな~。

 

27.jpgおや???
周りをみてみると他にもたっくさんの生きものが・・・

irasutotako3.jpg 
魚や、クラゲ、イカやカニなんかもいますね~。カニはニコニコ笑っているようにも見えますぞ~!
何かうれしいことでもあったんですカニ??

イカはスミを噴射しています。この噴射ですごく遠くまで進んでしまうんでしたよね~。

海の生きものが大集合~!中の様子が手に取るようにわかりますな~!!!

28.jpg

しょうごくん、とても楽しいイラストありがとうございました!

みんなもイラストどしどし送ってくださいね~。

投稿はコチラから。

ちょっと待った~

どうもヒゲじいです!

 

20.jpg

みなさん今夜の放送見てくれましたかな?
「巨大コウモリ 真夏の試練」
コウモリって意外や意外、あんなに可愛い顔してたんですな~。
見逃してしまった人は再放送NODでチェックしてくださいね~。

きょうは、ダーウィンが来た!を観てくれているみなさんに

とっておきのお知らせですぞ~!
既にホームページなどを見て知っている方もいるかもしれませんが、
なんと、ダーウィンが来た!のキッズミーティングが開催されますぞ~!
数々の珍しい生きものや綺麗な風景を撮ってきた番組スタッフに直接話が聞けるんです!
16.jpgいや~気になりますな~!!!
でもいったいどうすれば参加できるんでしょうかね?

というわけで私、気になることはなんでも質問しちゃいます。もちろんきいてきましたぞ~。

23.jpg

今回の「ダーウィンが来た!キッズミーティング」というイベントは「NHKネット会員限定の夏休み親子イベント」の中で開催されます。
NHKネットクラブのプレミアム会員の方なら誰でも応募可能です。

kidsmeeting.jpg 
「ダーウィンが来た!」のホームページのトップ画面左下に応募ボタンがあります。(図の赤い丸で囲んだ部分)
ここをポチっと押して、必要事項を入力すればOK!
(注:応募多数の場合は、抽選となります。)

「ちょっと待った!我が家は会員になってない!」

という方も大丈夫です。

ネットクラブ会員へのご登録、ご利用は全て無料!!(ただし、登録の際にNHK受信契約に関していくつか確認事項がありますのでご了承ください。)


プレミアム会員登録はコチラ。

このミーティングでは、ダーウィンが来た!の特選VTRを観たりそれにまつわるおもしろいエピソードや撮影の話を聞けるんですって~。
そして、なんと私ヒゲじいとの記念撮影だって出来ちゃうんです!!

09.jpgどうですかな???キマッてる??

みなさんの普段観ている番組がいつ、どこで、どのように作られているのか・・直接話が聞けるこのチャンス!是非お見逃しなく~。

開催日時:7月19日(月)
場所:NHKみんなの広場 ふれあいホール
対象:小学校高学年のお子さんを含む親子(1組4人まで)

お子さんだけ、大人だけの応募は出来ませんぞ~!ご注意くださいね~。

応募の締め切りは、7月7日(水)ひる11時59分です!

28.jpg

まだまだ間に合いますので、みんな是非応募してね~。

 

ちょっと待った~!

どうも、ヒゲじいです。

 

16.jpg

お待ちかね!

次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのタドコロさん、おねがいしま~す。


はい、わかりましたっ!
次回の主役は、“巨大コウモリ”
「うわ~、そういうの苦手!」なんて思っている方いませんか?

まずはだまされたと思ってこの写真を見て下さい!
ookomori1.jpg 
これが今回の主役、ハイガシラオオコウモリです。
まるで、子犬のようなかわいい顔でしょ。
オーストラリアの森に住んでいます

ookomori2.jpg 
羽を広げた幅は1.3メートル!
世界最大級のコウモリ
なんですよ。

こちらはコウモリの住み家の木。
ookomori3.jpg 
あれ、何か変だと思いませんか?
そう、コウモリなのに洞くつじゃないんです。
実はこのハイガシラオオコウモリ、超音波が出せないんです。
真っ暗で目が使えない洞くつの中では壁や障害物の位置を確認できません。
木に住むことで、オオコウモリはある試練に見舞われてしまいます。

見て下さい!この顔。
ookomori4.jpg 
暑くてハァハァ息をしています。
左の翼もうちわのように動かしています。辛そうですね~。
実は、木の上は、直射日光をもろに受けるのでとても暑いんです。
時には熱中症で、一度に沢山のコウモリが命を落とすこともあるんです。

でもそんな時、コウモリはあるとっておきの技で暑さを切り抜けます!
ookomori5.jpg 
ザブーン!

どんなすごい技なのか、詳しくは番組をご覧下さいね!

「巨大コウモリ 真夏の試練」
2010年07月4日(日)、よる7:30~、総合テレビ
での放送予定です。
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承下さい。)

詳しい次回予告・予告動画はコチラ。

コウモリが苦手だった方もきっとイメージが変わりますよ!!

2010年06月22日 (火)

大好物はサソリ!!!

ちょっと待った~!


どうもヒゲじいです。

20.jpg

今日もみなさんから届いたイラストを紹介しちゃいますぞ~。
aimimiacat1.jpg 
コチラのイラストを送ってくれたのは

東京都にお住まいの宮下詠美(みやした えいみ)ちゃん、5歳です。

たっくさんのミーアキャットを書いてくれましたぞ~!!
21.jpg

ミーアキャットといえば、家族一緒に協力して暮らしているんでしたな~。
えいみちゃんの書いてくれたのも14匹一緒に暮らしているんでしょうな~。

27.jpg

よく見ると、ほとんどのミーアキャットのすぐそばに赤い生きものが描いてありますね。
eimimiacat2.jpg 
これはサソリですね!
ミーアキャットの大好物です。

ミーアキャットは毒に対して免疫があるため、サソリを食べても大丈夫なんですよね。

ミーアキャットが暮らすこの乾燥地帯では、雨季の5ヶ月間を除いてほとんど乾燥しているんですな。そのため生きていくために、サソリを食べないといけないんでしたよね~。
上のミーアキャットにご注目!
サソリの尻尾をかんでいます
よ~。えいみちゃんよく描けていますな~。
ミーアキャットはサソリに刺されても、毒は大丈夫ですが、やっぱり痛い。だから尻尾から攻撃するんでしたよね~。
右側の小さなミーアキャットは赤ちゃんですかな??
そういえば親は子どもにも小さな時からサソリを食べられるように教育するんですよね。

こうして小さいときから教えられることで、

ミーアキャットはさそりを「み~んなキャッチ」出来るようになるんですな~!

 

22.jpg

え?私もダジャレを教わったほうがいい???

 

05.jpg失礼しました~。

28.jpg

えいみちゃん、とってもかわいいイラストありがとう。
みなさんも番組を見て気になった生きものがいたら是非描いて送ってね~。

郵送の方は、
〒150-8001 NHK「ダーウィンが来た!」係

投稿はコチラから。

ちょっと待った~!
どうもヒゲじいです。
 
今夜の放送見ていただけましたか?
『森を作る建築家 ビーバー』

まだの方は再放送NODを要チェック~!

 

さてみなさん、いつもこの番組で紹介されている、生きものの大迫力映像。
どうやって撮られているか、気になりませんか~?

そこで、スタッフに聞いてみることにしましたぞ~!
23.jpg

きょうご紹介するのは、
2009年9月20日放送「珍獣がベェ~!キンカジュー」の舞台裏
真夜中のジャングル、しかも地上20~30メートルの
高い木の上にしか姿を現さない珍獣の中の珍獣、
キンカジューに大接近できたヒミツを、教えて下さい~。
ディレクターの、アマノさんですぞ~!


こんにちは、ヒゲじい、そしてみなさん。
まず、こちらの写真、見てくださいよ~! その、キンカジューです。urakinkajyu1.jpg

ホント、カワイイんですよ~。

でもキンカジューなんて、見たことも聞いたこともない
って方がほとんどだったと思いますが、それも、そのハズ。
撮影したのは中米・パナマのジャングルだったのですが、
地元の人たちでさえ、見たことのある人はとても少なく、
名前さえ聞いたことがない、って人の方が多い
くらい、
よく知られていない動物だったんです。

理由は、ヒゲじいが書いてくれたとおり、とにかく出会えない!

取材の最初、この動物を研究している先生に
「どうやったら撮れますか?」って聞いたら、
「真夜中のジャングルで、高い木に登って撮影できる
 スキルと道具を持ってますか?」
って逆に聞かれてしまいました。
イメージは、こんな感じです…。 urakinkajyu2.png

 

「いやぁ…なかなか難しいかも知れません…」とお茶をにごしていると、
「ただひとつだけ、キンカジューに近づく別の方法があります。
  それはキンカジューがやって来る木の真横に、
  観察用のやぐらを建てることです。
 ただし、これまで世界中で誰もやったことがないコトですけどね」
と先生は言いました。
「撮れたら世界初、ってコトですか?」
と聞くと、
「はい。だからこれまで、野生のキンカジューを記録したいい映像は、
 世界のどこにもないんです」

私たちはいつも、世界中の「映像のフロンティア」を探して、
番組を作っています。
「世界初の挑戦」っていうコトバに、ひかれないワケがありません。
そうして色々と話し合った結果、
この試みを本当に実現することにしたんです。urakinkajyu3.png 

何が大変だったかというと、建てるまでです。
まずは本当にキンカジューが来そうな場所を、先生と探すところからでした。
研究によって、バルサという木が、撮影のためには良いことが分かったので、
何度も現場のジャングルを歩いて条件のいい木を探しました。
番組の中では詳しく触れませんでしたが、
私たちは結局、3本の木を見つけてその脇に、
それぞれやぐらを建てることにした
んですよ。urakinkajyu4.png 

次に、パナマ政府への申請です。
現場は国立公園のため、木の伐採などが厳しく制限されています。
私たちのやぐらが、樹木を一切傷めるような建て方をしないこと、
撮影を終えたら、すみやかに片付けて元に戻すことなどを、
何度も何度も説明しました。
でも当然ですが、これまでこんな申請をした人は誰もいません。
政府の担当者の方も慎重にならざるを得なかったのでしょうか、
いくら待っても、許可は下りませんでした。

十分に時間の余裕を持って申請をしていたつもりでしたが、
結局、申請が下りて撮影に出られたのが、当初の予定より2週間もあとでした。urakinkajyu5.png 

そうしてやっと、やぐらを建てる作業です。
作業は現地の専門の業者さんにお願いしました。
ところが、ジャングルの真ん中まで資材を運び込むのもひと苦労で、
天候が悪化したり、土日や祝日が入ったりして、
作業はなかなかはかどりません。
3つのやぐらが全部建ったのは、何と、撮影終了まであと2週間しかありませんでした。urakinkajyu6.png 

建てるまでにとても苦労しましたが、
毎晩、このやぐらから撮影をつづけることで、
キンカジューはカメラのすぐそばまで近づいてきてくれました。
そうして、これまで世界中の誰も見たことがなかった、
可愛らしいキンカジューの、様々な表情やシーンが撮れた
んですよ。urakinkajyu7.png 

番組の中では、あっという間にやぐらが建って、
撮影がスタートできたような感じに見えたかも知れませんが、
実際には、とても時間がかかってます。

番組の実現には、本当にたくさんの人たちの協力が不可欠です。
研究者など取材協力をしていただいている方たち。
政府関係の皆さんや、やぐらを建てた業者の皆さん。
そして実際の交渉を現地でとりおこなうコーディネーターさんなどなど…。
スクープ映像のウラには、
いつも本当にたくさんの人たちの、汗と涙が隠されているんです。

urakinkajyu8.png 


27.jpgなるほど~。
やぐらを建てたり、政府に申請したり・・・・想像以上に時間と労力がかかっているんですな~。

 

しかし、その苦労の後にキンカジューという幻の珍獣に出会えた喜びはひとしおでしょうな~。

16.jpg

私たちがいろんな生きものを見られる裏側には、なかなか知らないことばっかりです。

いかがでしたかな?
番組の裏日記を少し詳しくご紹介いたしましたぞ。
第2弾をお楽しみに~!


キンカジューのページはコチラ。

ちょっと待った~!


どうも、ヒゲじいです。


06.jpg

今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、
ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのイイリさん、おねがいしま~す。


はい、わかりました~。
次回の番組を担当している、ディレクターのイイリです。
ヒゲじい、みなさん、いよいよワールドカップはじまりましたね。
「ダーウィンが来た!」も忘れないでくださいね!

次回の「ダーウィンが来た!」では、

森の建築家、ビーバーに迫ります

まずは、こちらをご覧ください。
biba1.jpg 
これが、ビーバー。
想像してたのよりもちょっと太め??

実はビーバー、陸の上が苦手
この体型だと、動くのはなかなか・・・
でも、すごいのは・・・
biba2.jpg 
水中を自由自在。
泳いでやることはといえば・・
そう、ダム作り
biba3.jpg 

このダム、水辺の木を次々に切り倒して作っちゃうんです。
木をかじるのはものすごいスピードなんですが、、、

そのワザは、番組を見てのお楽しみ!

とっておき映像満載でお送りする
「森の建築家 ビーバー」
2010年06月20日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

予告の詳しい内容・動画はコチラ。

2010年06月15日 (火)

夏を先取り、海へ行こう~!

ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。

 

20.jpg

このブログを始めてついに2ヶ月が経ちました~!!
皆さんが見てくださるおかげで、ホームページリニューアル後、前よりもアクセス数が2倍に増えましたぞ~!!

15.jpgありがとうございます。

 

これからも皆さんにたくさん見に来てもらえるように、私のブログはもちろんのこと、ホームページ内も楽しくしていきますので、

是非是非遊びに来てくださいね~!

 

それでは本日も皆さんから送られてきたイラストご紹介しちゃいます!
 irasutohiroki.jpg
送ってくれたのは、東京都にお住まいの西田展輝(にしだ ひろき)君5歳です。

 

 

これは海の生きもののようですが、クジラですかな??
「ダーウィンの放送を毎週楽しみにしてくれている」というひろき君は、このイラストもダーウィンの放送を見て描いてくれたそうです!

 

23.jpg

海の生きものだけでなく、青い空に青い海、それにやしの木までとっても上手に描いてくれています。
これから暑い季節になるので、みなさんもこんな海に行くことが多くなるかもしれませんな!

私はこの絵を見ているだけで、一足お先に海に行ったような気分になりましたぞ~

22.jpg

ひろき君、夏にぴったりのイラストありがとう~。
また是非描いてね。待ってますぞ~!

 

 

みなさんも番組で見た生きもの旅行に行って見た生きもの近所で見かけた生きものなどなど、イラストや写真どんどん送ってくださいね~。

 

イラスト・写真投稿はコチラ。

 

ちょっと待った~!


どうもヒゲじいです。

28.jpg

みなさん、今夜の放送『シリーズ南アフリカの海2 町をペタペタ!子育てペンギン』見ていただけましたか??


kppengin3.pngのサムネール画像

民家の庭先を住家として、町をうろうろするペンギン、とってもかわいかったですな~。
見逃してしまったという方は、是非再放送NODをチェックしてみてくださいね~。

 

さて、毎回こうした生きものの決定的瞬間やみなさんに楽しんでいただける映像を撮影するために、番組のスタッフはとってもいろんな場所に行っています。
猛暑の中や、極寒の中虫の大群に遭遇したり大雨にさらされたり・・・

みなさんも行ったことのないような、想像を絶する地域なんかも行ってるんですぞ~!
そんなスタッフが「過去に撮影に行った、とっておきの地域」をご紹介いたしましょう~。


第一弾の今日はユウレイガニの撮影が行われた中東・オマーン
幽霊ガニは砂浜に砂山を作って、メスにアピールするんでしたな~。大きい砂山の下に、住みやすい巣穴あり!ということで、幽霊ガニの撮影の秘話を紹介している番組の裏日記を見てみましょう~。

「2009年の4月末。そこはまさに砂漠の国。気温は47度!信じられない暑さです。」

「日中は50度近くの猛暑撮影は過酷です。砂浜に張り付いての撮影、隠れる場所はありません。

しかも幽霊ガニ、幽霊というだけあって、なかなか姿を現しません。ひたすら我慢の待ち時間が続きました。

必需品はクーラーボックス。水分だけは切らすわけにはいきません。」

 yureiizu2.JPG

05.jpgひえ~。
なんという暑さ!!!47度なんて気温、私は体験したことないですぞ~!!!

50度近い暑さっていうのはどんな気分になるんでしょうな~??

担当ディレクターのイズさ~ん、猛暑での撮影を振り返ってどうでしたか~??

「毎日、ヒリヒリと焦げるような暑さ。
アラブの人たちが全身をいつも白い布で覆っているキモチ、
身に染みてよーくわかりました。
だって本当に肌がヤケドしていくんです。
1年以上たった今でも、そのとき焦げた腕時計の日焼け跡が、
肌にくっきり刻み込まれています。」
 

yureiizu1.JPG

写真を見てもまったく日陰がありませんな~・・・

あんな美しい海や、幽霊ガニの恋物語の裏にこんな苦労があったとは。

それにしても日焼けの跡が一年以上も残っているなんてすごいですな~是非見てみたいですぞ!
しかしこの気温のおかげで幽霊ガニも熱~~~い恋が出来るのかもしれませんな~。
16.jpgほっほっほ。

詳しい撮影秘話は、裏日記へ。

 

イズさんありがとうございました。

それではみなさん、第2弾をお楽しみに~!!

ちょっと待った~!
 
どうも、ヒゲじいです。

28.jpg
今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、
ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのハラダさん、おねがいしま~す。


はい、わかりました~。
みなさん、こんにちは。
いつも「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」をご覧いただき、
ありがとうございます。

次回の「ダーウィンが来た!」では、
町の中で子育てするペンギンの物語です。
これが、そのペンギンで~す! kppengin1.png

どうです!? かわいいでしょう? 
今回はあるペンギン夫婦に密着。
上の写真が旦那さんのホープ君


kppengin2.png

そして、こちらが奥さんのケープちゃん。
2羽の名前は、近くにある喜望峰 Cape of Good Hopeから名付けました


kppengin3.png

ホープ君とケープちゃんの巣は海へと続く坂道の途中。
大きな植え込みの中です。ここで2羽のヒナを育てています
通りすがりのランナーのおじさんにも、ご挨拶。

kppengin4.png

でも、町ならではの危険や苦労は尽きません
いつもペタペタマイペースな親たちも
巣で待つヒナのためには、一致団結!
立ちはだかる壁を次々に乗り越えます!

愛嬌たっぷりケープペンギンの子育て、ぜひご覧下さい!

シリーズ南アフリカの海2「町をペタペタ!子育てペンギン」
2010年06月13日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定
です。

なお放送予定は、変更になることがありますので、どうぞご了承下さい。

次回の予告動画はコチラ
次回予告はコチラ

2010年06月08日 (火)

草原の犬?!

ちょっと待った~!

どうも、ヒゲじいです。

 

06.jpg

みなさんお待たせしました~。

今日もヒゲじいのブログへウェルカム~~~。
私もこうして皆さんと会える機会が増えてとってもハッピーですぞ~~~

っと、どうです?
たまには英語もいいんぐりっしゅ?

15.jpg

さて、今日もイラスト紹介しちゃいますぞ!
Let’s GO!!

pure1.jpg 
16.jpgほっほっほ。かわいいですな~!

こちらは千葉県にお住まいの佐藤茉央(さとう・まひろ)ちゃん8歳が描いてくれました~。
プレーリードッグ体長30センチほど、リスの仲間。しかしアメリカのプレーリーという大草原に暮らしていて、鳴き声が子犬に似ていることから「草原の犬」と呼ばれるんでしたな~。

 

pure2.jpg

上手に前脚を使って土を集めていますな~。
まひろちゃんのイラストからもとっても楽しそうにしているのがわかりますぞ。

プレーリードッグはこうやって草原を切り開いて、巣穴を堀り、土を集めて盛り土を作るんでしたな~。

こんなに元気に見えても、気温は45度にもなります。
あっつ~い。

私ならヒゲのおかげで50度くらいに感じちゃいそうです!!!

29.jpg

 

しかし約2~3メートルほどの巣穴の中は16度ほど!!!
とっても快適なマイホームなんでしたよね~。そうやってこの草原の中にたっくさんのプレーリードッグが暮らし、町を作っているっていうから、私もびっくりしましたな~。

きっと周りにもたっくさんの仲間がいるんでしょうな。
夏には私もアメリカに行って、町の仲間に入れてもらいたいですぞ~!

まひろちゃん、可愛いイラストありがと~。

みなさんもご意見・ご感想・イラスト・リクエストどんどん送ってくださいね~。

それでは今日はこの辺で、シーユーアゲイン!!!

28.jpgまったね~。

2010年06月06日 (日)

ダジャレ反省会5月編

ちょっと待った~!


どうも、ヒゲじいです。

 

09.jpg

今夜の放送「シリーズ南アフリカの海(1) 1000キロの大追跡 イワシVS海のハンター」いかがでしたか??小さな魚も群れを成せば大きな力を発揮するんですな~!
見逃してしまった方は再放送NODでチェックしてみてね!

 

さてさて梅雨の季節がやってきましたな~!みなさん雨は好きですか??

私は雨、苦手です・・・雨のせいで普段は100点の私のヒゲも見事にレイン点!!

え??ダジャレも0点??!


29.jpg

厳しいですな~。そんな厳しい皆さんに今日も見ていただきますぞ~!
それでは、ダジャレジェットコースター、しゅっぱぁ~つ。


5月2日放送「フクロウ一家 びっくり地下生活」より

anahorihukurou2.jpgのサムネール画像

アナホリフクロウが居住地として使う巣穴はプレーリードッグの掘ったもの。

はるばる千キロも飛んできてまでこのアナを使うにはさまざまな秘密があることを受けて一言。
「穴だけに、なかなか、あなどれない。なんちゃって~」

 

アナホリフクロウは巣穴に動物の糞を入れます。

その理由は2つ。糞が発酵するとき出る熱を使って寒い巣穴を温めるため。そして、糞の匂いで自分たちの匂いを消し、敵から身を守るためです。そんな知恵のあるアナホリフクロウならではの理由を聞いて一言。
「フ~ン。フクロウって、フンと頭がいいんですなぁ。」


5月9日「恋してピョン!ピョン!サバンナの鳥」より

 

odorihouou6.pngのサムネール画像 
オドリホウオウは恋の成就のために、メスにアピールしようと必死にオスがジャンプします。

とっても目立つ行動で、敵にもすぐ見つかってしまう行動ですが、実はこうして同じ場所で何羽ものオスがジャンプすることで、いち早く敵を発見したものがみんなに知らせるという対策がありました。さらにジャンプする場所のすぐ近くは避難場所がちゃんとあるのです。その様子を受けて一言。
「あの華麗なジャンプをする前に用意周到な安全対策があったんですな。みんな協力すれば、安全対策も強力!!」

 


5月16日「百獣の王ライオン 最強の秘密」より


raion.png 
今回の主役、ライオンの狩りの秘密を探っていたところ、

鋭い2本の牙と手の爪が決め手になっていることがわかりました。そこで一言。
「なるほど。ライオンの狩り、しっかりわかりましたぞ。」

 

ライオンは、狩りをほとんどメスが行いますが、そんなメスの獲物を横取りに来たハイエナには怖気づいてしまします。
そこでオスは本領発揮、ハイエナから獲物を守り、子どもたちに食べさせるのです。
それを見て一言。
「ほぉ。偉いオン。」

 

そんなオス、それよりも大事な仕事がありました。

それは群れをねらって襲ってくる若いオスとの闘い。群れを乗っ取られれば、自分の子どもたちは皆殺しにされてしまします。狩りもせず楽な生活だと思っていたオスですが、実はこんなにも命がけの仕事があったのを聞いて一言。
「なるほど。オスが一番楽そうにみえてましたが、命がけだったんですなあ。オスはつらいオン!あんさんらもつらいオスなあ。なんちゃって!」


5月23日放送「滑るように飛べ!ボルネオの森」より

 

 

paratobihebi01.jpg 

 

 

 


ボルネオの森には数々の滑空生物が生活しています。ヒヨケザルにツノトビトカゲなど・・・。

その中で、細い体でありながら見事に飛ぶ生きものがいます。その名も「パラダイスとびヘビ』です。

トビヘビは体を平べったくさせて面積を広げ、さらにジャンプしたときに体をS字に変形させて、翼を作ります。それを聞いて、まず一言。
「いやぁ、トビヘビ君は体が重いのにたいしたもんですなぁ。」

しかしそんなことないと思う、と中條アナウンサーに返されてさらに一言。
「ヘビだけに滑空のヘビー級チャンピオンでしょ。目指せへビンピック!」

 

なぜこのボルネオにはこんなに多くの滑空生物が存在するのか?
その秘密は、ボルネオの森が1億年以上も前から続く、世界でも最も古い熱帯雨林とゆわれていることにあります。高さ50メートルを越す木々に囲まれた森では、地面を移動するよりも木々を飛び移ったほうが有効だからなのだということをうけて、一言。
「なるほど、長~い時間の積み重ねで、進化が真価を発揮したってところですね!」


5月30日放送「跳べ!小さな大ジャンパー」より


shougarago6.pngのサムネール画像

 
別名『ブッシュベイビー』と呼ばれるショウガラゴという生きもの。
小さな体でスーパージャンプを繰り出します。しかし、すばしっこいだけでなく、手先も器用。葉っぱや木々を上手に使って巣をつくりその中で敵や気温の暑さから赤ちゃんを守りながら育てています。

そこでわざわざ巣を自分で作っているショウガラゴに感化されてか、ヒゲじいも手の込んだ一言。
「まぁ60枚もあれば大丈夫でしょう。だって葉っぱ64。なんちゃって!」


 

みなさんの記憶に残るダジャレはありましたかな??


16.jpg

番組もダジャレもますます磨きをかけて頑張りますぞ~!
またね~。

ちょっと待った~!


どうも、ヒゲじいです。

 

20.jpg

今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころをご紹介しちゃいます。
担当のディレクターのイチノセさん、おねがいしま~す。


はい、わかりました~。
ディレクターのイチノセです。
もうすぐ、サッカーのワールドカップが南アフリカで始まりますよね。
「ダーウィンが来た!」では、これから2週に渡って南アフリカの海の自然を特集します。
大西洋インド洋2つの海に面した南アフリカは、海の生きものが豊かな場所なんです。

iwashi1.jpg 
南アフリカでは、毎年5月を過ぎたころ、びっくりすることが起こります

これ、何だかわかりますか?
iwashi2.jpgのサムネール画像

iwashi3.jpgのサムネール画像 
実はイワシの群れ何億匹ものイワシが帯のようになって、大回遊をするんです。
移動距離は1000キロ。イワシは、海のハンターたちにとってご馳走です。
イルカやサメ、オットセイなどが追跡を始めます。
iwashi4.jpg 

追いついたハンターたちは、イワシの群れに襲い掛かります。
iwashi5.jpg 

iwashi6.jpg 

イワシだって、だまって食べられるわけじゃありませんよ。
こんな渦になって、抵抗します。
iwashi7.jpg

iwashi8.jpg   
巨大な生きものにも見えるので、さすがのハンターも、簡単には攻撃しにくいんですね。
さて、ハンターたちは、どんな手を使うんでしょうか?

続きは、番組でご覧くださいね。サッカーで盛り上がる南アフリカ。

その海で繰り広げられる熱~いバトルをお楽しみに。


「シリーズ南アフリカの海①

                      1000キロの大追跡 イワシVS海のハンター」
2010年06月06日(日)、よる7:30~、総合テレビ
での放送予定です。
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承下さい。)

次回の予告動画はコチラ
次回予告はコチラ

 

2010年06月01日 (火)

投稿!カイツブリの子育て

ちょっと待った~!

どうも、ヒゲじいです。

09.jpg

今日は、このブログに投稿していただいた、「決定的瞬間」の写真をご紹介しますぞ~。
投稿ありがとうございます!!!

 

東京都の「みの」さんからいただきました。kaitsuburi1.jpg

 タイトルは「カイツブリの子育て」です。

「練馬区の石神井公園(しゃくじい・こうえん)で、カイツブリがいま子育て中です。

親が捕ってきたエビをヒナにあげようとしているところです。

親2羽と、ヒナ3羽がいました」

と書いていただいています。

kaitsuburi2.jpg 
うん、確かに、右側の親鳥の口もとには、これからヒナにあげるエサが...。

 

kaitsuburi3.jpg

 3羽のヒナが、それぞれにエサや親鳥の方を見ている姿も、とても印象的。
22.jpg親鳥に乗っかるヒナの姿は、やっぱりカワイイですな~。

 

写真を送ってくれた、みのさんによると、撮影日は5月20日。
巣からカメラの距離は、たった3メートルだったそうです。
とくべつ専門的なカメラでなくても、これだけの表情が撮れた、とのこと。

「人間に近づいて繁殖するようになったカイツブリ。
ひょっとしたら天敵から身を守るために、こうして見物に来る、私た
ち人間を利用しているかも知れませんね」

と、お話しくださいました。

そして5月26日に、みのさんがもう1度同じ巣を撮影されたのがコチラ。


kaitsuburi4.jpg

 ヒナが少し大きくなってますぞ~。
たった1週間ですが、日ごとに大きくなっているようです。
みのさんによると、ほかの2羽のヒナは巣の近くを自分で泳いでいたんだそう。

16.jpg巣立ちが楽しみですな~。

 

みのさん、どうもありがとうございました~!

みなさんも、身のまわりの自然や動物の写真を撮ったら、
こちらから投稿してみて下さいね。
お待ちしていますぞ~!