ダーウィンが来た!ブログ

番組の見どころ

jikai.jpg 
どうも、ヒゲじいです。

01.jpg
 
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのハシバさん、おねがいしま~す。



はーい、わかりました!
主人公は、アフリカに住むツルの仲間、ホオジロカンムリヅルです。

 

 

 2015072301.jpg
ホオジロカンムリヅル

 


 24.jpg
美しい鳥ですね~。

 

はい。背丈も120㌢ほどあって遠くからでもよく目立ちます。
白い頬と金色の冠羽が特徴。
だから ホオジロ カンムリ ヅル なんです。

 


 2015072302.png
白い頬と金色の冠羽

 


 22.jpg

とってもオシャレじゃないですか。

 

でも、ヒゲじい、この鳥は美しいだけじゃなくて、
ものすごく強いんですよ。

 


 03.jpg
え、どういうこと?

 


 2015072303.jpg
子育て中の夫婦

 

こちらを見てください。
二羽は夫婦なんです。
手前の一羽は巣に座って卵を抱いています。

 

 

24.jpg

水場の中に巣を作るんですな。

 

そうなんです。巣は水に囲まれて島のようになっています。
肉食獣の接近を防ぐには都合がいいんですよ。
お城のお堀のようなもんですね。

 


 27.jpg

巣は自然の要塞ってわけですな。

 

でも、厄介なお客もいます。

 


 2015072304.jpg
シマウマが巣に接近

 

大型の草食動物たちは水を飲むために水場の中に
入ってくることがあるんです。
卵を踏みつぶされたら、大変です。
そこで、親鳥は卵を守るために、すごい強さを発揮するんです。

 


 03.jpg

でも、相手は、ツルの何倍も大きいじゃありませんか。
いったいどうやって守るんです?

 

 

2015072305.png
 
シマウマに翼攻撃!

 

幅2mにもなる翼を広げて追い払うんです。
名付けて「翼攻撃」!
ほら、シマウマが巣から離れていきます。

 


 05.jpg
あ、ホントだ!

 


 2015072306.png
ゾウにも翼攻撃!!

 

地上最大の動物、ゾウにだって翼攻撃!
追い払っちゃうんです。

 

 

03.jpg

でも、どうして翼を広げるだけで、シマウマや巨大なゾウを
追い払うことができるんですか?

 

 

2015072307.png
翼攻撃の秘密に迫る

 

そのヒミツは、番組でたっぷりとご紹介します!
きっと、ヒゲじいもビックリしますよ。
ホオジロカンムリヅルの強さの秘密に迫る。

 

「ゾウより強い!翼で戦うツル」
7月26日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

どうぞお楽しみに!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 jikai.jpg
ちょっと待った~!

01.jpg
 
どうも、ヒゲじいです。

お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのコデラさん、おねがいしま~す。


はーい、よろしくお願いします!
次回は、身近な海水浴場で暮らす生きものたちが主役です。
静岡県の大瀬(おせ)海水浴場で取材しました!

 

 

2015071601.png

夏の海水浴場が今回の舞台!

 


 03.jpg

え!?
海水浴場に生きものなんているんですか??

 

もちろんです!
まずは、こちら!子どもたちのすぐ足下!
ソラスズメダイの群れが泳いでいます。

 


 2015071602.png
子どもたちの足下にいるソラスズメダイの群れ

 


 16.jpg
ほう~。可愛いですな?!

 

小さい魚だけじゃありませんよ。
砂浜近くの岩場では・・・

 


 2015071603.png
岩場を泳ぐ体長80cmのスズキ

 


 14.jpg
わ~!
こんなに大きな魚もいるんですな!

 

そうなんです。
大きなスズキがゆったりと泳いでいるんです
まだまだいますよ。
ヒゲじい、この魚は見たことがありますか?

 


2015071604.png 
水深100~300mに住むマトウダイ

 


 03.jpg
う~ん??
初めて見る魚ですな?

 

この魚はマトウダイ。
普段は深海に住んでいる「深海魚」なんですよ。

 


 05.jpg
深海から!? 
なぜ来るんですか?

 

詳しいことは番組をご覧下さい。
それはそうと・・・

 


 2015071605.jpg
大瀬海水浴場で出会える生きものは多彩!

 

熱帯魚や深海魚などなど、大瀬海水浴場では、
600種類以上の魚たちに出会えるんですよ。

 


 05.jpg
へ~!そんなに。
海水浴場って、ホント生きものの宝庫なんですなあ!!

 

はい。
身近な海で繰り広げられる命のドラマ。
たっぷりとご紹介しますよ!

 

「発見!海水浴場の大自然」
2015年7月19日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

どうぞお楽しみに!!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)


 

 jikai.jpg
ちょっと待った~!
どうも、おなじみのヒゲじいです。

01.jpg
 
今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、
ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのクボシマさん、おねがいしま~す。



はい!了解です!
今回の舞台はアフリカ・ウガンダにある、カリンズ森林保護区です。
ここ、絶滅が心配されているチンパンジーを始め、
6種類ものサルの仲間が暮らしているんです。まさに「サルの楽園」!

 

 

2015070901.jpg

チンパンジー 

 

2015070902.jpg

ロエストモンキー 

 

2015070903.jpg

アヌビスヒヒ

 


 01.jpg
いろんな姿のサルたちがいるんですなぁ。

 

そうなんですよ!
今回の主人公はこちらの2種です。
赤い尻尾がトレードマークのレッドテイルモンキー、
そして体の色が青みがかった灰色の、ブルーモンキー。

 


 2015070904.jpg
赤い尾と白い鼻 小柄なレッドテイルモンキー

 

2015070905.jpg

ひとまわり大きいブルーモンキー

 


 01.jpg
おっ、いわば赤いサルと青いサル、ですな。

 

この2種には、この森だけで見られるとっても不思議な関係があるんです。
こちら見て下さい。毛繕いしているんですが・・・・

 


 2015070906.jpg
2種サルが仲良く毛繕い!

 

ブルーモンキーがレッドテイルモンキーに毛繕いしているんです。

 


 05.jpg
ホントだ。確かに色が違いますなあ。

 

実はこの森では、この2種のサルたち、
ほとんど一日中一緒に過ごすんです。
これって、世界でもこの森だけで見られている
珍しい現象なんですよ!

 

 

2015070907.jpg

 

 2015070908.jpg
好物はどちらも木の実! 食事も一緒

 

でも、そんなのどかな時間ばかりではありません。
この森、実は同種のサル同士では、ケンカが多いんです。

 


 2015070909.jpg
同種同士は仲が悪い!ケンカ勃発!

 


 12.jpg
え~? 違う種とは仲が良いのに?

 

そうなんですよ。
さらに、空からサルたちを狙う猛禽
カンムリクマタカもやってきます!

 

 

2015070910.jpg
恐ろしい天敵襲来!

 


 17.jpg
ひゃ~!サルたち大丈夫!?

 

実は、こんなピンチをうま~く乗り切るために、
ブルーモンキーとレッドテイルモンキーは、
一緒に過ごしているらしいんです。

 


 03.jpg
え?どういうこと? 
だって、相手は違う種でしょ?
一緒にいていったいどんな得があるの??

 

その答えは番組でご覧下さい!

 

「頼るは“アカの他人”!? サルたちの不思議な関係」
7月12日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

お楽しみに!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 

 
jikai.jpg

ちょっと待った~!

01.jpg
 
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのカンノさん、おねがいしま~す。
 


はーい。
次回は冬の日本海、秋田県の沿岸が舞台です。
主人公は、秋田県の県魚にもなっている魚「ハタハタ」です。

 


 2015070201a.png
主人公ハタハタ 大きな胸ビレが特徴

 

大きな胸びれが特徴で、海の中をパタパタ泳いでいるんですよ。
普段は深場で暮らしていますが、12月になると秋田県の沿岸に
一斉にやってきます。

 

 

2015070202a.png

荒れる日本海

 

2015070203a.jpg
ハタハタの大群

 


 05.jpg
うわぁ~!すごい数ですな~!!
でも何でわざわざ、荒れた海に来るんですかね?

 

そう思いますよね。
実は、産卵のためなんです。

 


 2015070204a.png
メスが産んだ卵にオスが殺到!

 


 05.jpg
えー!産卵!?
なんでこんな荒れた海で!?

 

実は、あえて冬の荒波の時期を狙って
産卵にやってくるんですよ。
その秘密はこちら、卵にあります。

 


 2015070205a.jpg
ハタハタの卵塊

 

2015070206a.png
海藻とともに揺られる卵

 

こうして荒波に揺られることで、卵塊の内部まで
酸素が行き渡って、赤ちゃんの成長が促されるんですよ。

 


 24.jpg
なるほど。
荒波を上手に利用していたんですな~。

 

はい。さらに今回、巨大水槽を使って
ハタハタの産卵を詳しく観察したところ、
荒波の中では見ることのできなかった
“驚くべき行動”が撮影できたんです。

 


 2015070207a.png
研究者の協力で実現した巨大水槽での観察

 

2015070208a.png
ハタハタ700匹をじっくり観察

 

その行動とは、ハタハタのお母さんの
我が子に対する愛情がたっぷり・・・泣けました~。

 


 03.jpg
え?どんな行動だったんです?

 

それは・・・まだナイショです!
とっておきの映像は、ぜひ番組をご覧下さい。

 


 10.jpg
え~!意地悪~!

 

秋田県の「県魚」ハタハタの素顔に迫る
「厳冬の日本海 荒波と生きるハタハタ」
7月5日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 

jikai.jpg

ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。

01.jpg
 
今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのスミタさん、おねがいしま~す。


はい!了解です!
今回の主人公は、日本各地の里山でよく見られる昆虫、
ハンミョウです。

 


 2015062501.jpg
美しいハンミョウ      

 


 24.jpg
いや~、美しい模様ですなあ。
まるで宝石のようですな。

 

そうですよね。大きさは、わずか2センチ。
でも、ただ美しいだけではないんですよ。
顔をご覧ください。

 


 2015062502.png
キバのような大アゴ

 


 17.jpg
ひゃー、恐ろしい顔!

 

ですよね。この大アゴで獲物を捕らえるんです。
ハンミョウは英語で「タイガービートル」と呼ばれる、
どう猛なハンターなんですよ。

 


 01.jpg
へーそうなの。

 

はい。地面を素早く走り回って、獲物を追いかけます。
自分よりも大きな獲物に飛びかかることもあるんですよ。
今回の番組では、迫力満点のハンミョウの狩りに密着しました。

 

 

 2015062503.png
自分より大きな相手も獲物に

 


 01.jpg
ほう、それは早く見たいですな!!

 

でも、今回はそれだけじゃないんです。
さらに、ハンミョウの幼虫にも注目しますよ。
こちらが幼虫。

 


 2015062504.png
幼虫は地中生活

 

地面に穴を掘って、頭だけを出して暮らしています。

 


 01.jpg
へー。
でも、どうしてそんなことしているんですか?

 

実は、幼虫もハンターなんです。
獲物が近づいてくるのをじっと待ち構えているんですよ。
そして獲物が近づくと、飛びついて・・・・

 


 2015062505.png
幼虫も名ハンター 

 

あっと言うまに、巣穴の中に引きずり込むんです。

 


 01.jpg
“親子”そろっての名ハンターなんですな!

 

はい、番組では、それぞれの狩りのワザを徹底分析!
驚きの暮らしぶりをご紹介します。

 

「シリーズ里山の宝石 小さな“猛獣”ハンミョウ」
6月28日(日)、夜7:30~、総合テレビでの放送予定です。

お楽しみに!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)


 

jikai.jpg

ちょっと待った~!

01.jpg
 
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのヤマモトさん、おねがいしま~す。
 



はーい、よろしくお願いします!
次回の主人公はこちら。

 


 2015061801.png
かわいい!?幼虫

 


 16.jpg
かわいいですな~。
なんですか、この生き物?

 

オオムラサキというチョウの幼虫です。
成虫になると…

 


 2015061802.png
オスのオオムラサキ

 


 01.jpg
青い羽がきれいなチョウですね~。

 

ですよね。
その美しさから、日本の国(こく)蝶(ちょう)にも選ばれているんです。
でも、実は意外な素顔があるんですよ。
なんと、スズメバチやカブトムシ相手に激しい戦いを挑むんです。

 


 2015061803.png
オオムラサキVSスズメバチ


 2015061804.png
オオムラサキVSカブトムシ

 


 24.jpg
へぇ!この美しいチョウが戦うんですか?

 

はい。
オオムラサキは、美しい羽を武器に戦うんです。

 

 

 18.jpg

でも、相手は角や毒針を持ってますよ。
大丈夫なんですか?

 

さあどうでしょう。
戦いの結末は、ぜひ番組をご覧下さい。
さらに、今回、私たちは、
オオムラサキの“驚きの行動”も撮影しました。
なんと、天敵であるはずの鳥を追いかけるんです。

 


 2015061805.png
オオムラサキが鳥を追う!?

 


 03.jpg
えっ? 鳥を? 一体何のために~??

 

気になりますよね

 

オオムラサキの雄々しい一生を、スクープ映像とともにお届けする
「シリーズ 里山の宝石 美しきファイター!国蝶(こくちょう)オオムラサキ」
2015年6月21日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

どうぞお楽しみに!!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)


 

jikai.jpg

ちょっと待った~!
 21.jpg
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのコタニさん、おねがいしま~す。
 


 

は~い!
次回の主人公は、こちら。

 


 2015061101.jpg
ハイイロオオカミ (C)Landis Wildlife Films  Bob Landis

 

“伝説の女王”となったオオカミです。
名前は「グレイ」といいます。

 


 01.jpg
伝説の女王ですか?

 

はい。普通、オオカミの群れにはオスとメスのリーダーがいて、
2匹でまとめるんですが、グレイは、たった1匹で群れを率いたんです! 
メスが1匹でリーダーになるなんて、とっても珍しいことなんですよ。

 


 2015061102.jpg
グレイの群れ  (C)Landis Wildlife Films  Bob Landis

 


 01.jpg
それで、伝説の女王というわけですか。
でも、1匹で群れをまとめるのは大変そうですなあ。

 

はい。
オオカミは普通、群れで狩りをするんですが、
グレイは、たった1匹で獲物を追います。

 


 2015061103.jpg
ワピチを襲うグレイ  (C) Judy Wantlok

 


 03.jpg
ホントだ!でも、どうして、グレイは1匹だけで
頑張るんですかね??

 

それには、深~い理由があるんですが・・・・
その答えは、番組をご覧下さい!

 

グレイの壮絶な生涯を追った
「劇的!伝説の女王オオカミ」
6月14日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

どうぞお楽しみに!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 

 jikai.jpg
ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。
 01.jpg
今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのスミタさん、おねがいしま~す。
 



はい!了解です!
今回の主人公は、アフリカ各地の川や湖などで暮らす、
ナイルワニです。

 


 2015060401.jpg
水の王者ナイルワニ      

 


 2015060402.jpg
日光浴が大好き

 

 

 

 29.jpg
大きな口に、鋭い歯。
とっても怖そうですなあ。 

 

そうですよね。全長は最大で5メートル以上。
80年も生きるといいます。
アフリカの水辺で、最強のハンターなんです。
その狩りの様子がこちら。

 


 2015060403.jpg
ヌーを襲うナイルワニ    

 

 

2015060404.jpg
巨体と巨体のぶつかり合い

 


 05.jpg
ひゃー、スゴい迫力!

 

獲物が近づくのを水中で待ち伏せ、
一気に襲いかかるんです。
番組では、その驚きの身体能力をひもとき、
ナイルワニの狩りの秘密に迫ります!

 


 01.jpg
ほう、それは早く見たいですな!!

 

はい。
でもね、ヒゲじい。
水辺の王者のナイルワニですが、生まれて間もない子ワニは、
身を守るすべを持たないか弱い存在。
いつもたくさんの天敵に狙われているんです。

 


 2015060405.jpg
かわいい子ワニ

 


 01.jpg
へーそうなの。

 

はい。なかでも「宿敵」ともいえる存在が、
全長1mほどのナイルオオトカゲ。
水辺を歩き回り、何でも食べてしまう
恐ろしい相手なんです。

 


 2015060406.jpg
宿敵 ナイルオオトカゲ   

 


 2015060407.jpg
ナイルワニの卵を食べる

 


 05.jpg
うわー。
こんなのに狙われたら、大変ですなあ。

 

そのため、ナイルワニのお母さんは、
卵がふ化するまでの3か月間、産卵場所の近くに留まり、
近づく天敵を追い払い続けるんです。

 

 

 2015060408.jpg
卵に近づくナイルオオトカゲを撃退!  

 


 01.jpg
さすがお母さん。
頼もしいですな!

 

でも、それだけじゃないんですよ。
ふ化の直後、母ワニは、驚きの行動に出るんです。
土の中からわが子を掘り出して、パクリ!

 

 

2015060809.jpg
なぜ?わが子を口にくわえる

 

なんと、口の中に入れてしまうんです。

 


 03.jpg
え~! 一体どうしてですか!?
こんな恐ろしい口でくわえられたら、
子ワニはタダじゃ済まないんじゃないんですか?

 

実は、これこそ、子どもを守るための
ナイルワニの秘策なんですが・・・
詳しくは、番組をご覧下さい。

 


 11.jpg
ええ~!? 
そんな~・・・。

 

「狩る!守る!巨大ワニの素顔」
6月7日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

お楽しみに!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 

jikai.jpg

ちょっと待った~!

01.jpg
 
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのミズヌマさん、おねがいしま~す。
 


はーい、よろしくお願いします!
次回の舞台は、こちら、南米・アマゾンのジャングルです!

 

 

2015052801.jpg
南米・ペルー奥地 アマゾンのジャングル

 

そして、主人公はこちら!

 

 2015052802.jpg

1億5千万年前に生きていた鳥の祖先・始祖鳥(の化石)

 


 03.jpg
えっと、これは化石のようですが・・・???

 

あ、間違いました・・・ごめんなさい!
主人公は、この化石に残された鳥の祖先、
始祖鳥の生き残りと間違えられていた謎の鳥、ツメバケイです。

 


 2015052803.jpg

始祖鳥に間違えられた謎の鳥・ツメバケイ

 


 01.jpg
ほお、カッコいい鳥だとは思いますが、
何が謎なんですか?

 

がっしりとした体つきが始祖鳥によく似ていますが、
始祖鳥の生き残りと間違えられた最大の特徴があるのは、
ヒナなんです。こちらをご覧下さい!

 


2015052804.jpg

ヒナの翼にご注目!

 

 

2015052805.jpg

もっと近くで見てみると・・・!?

 

 

03.jpg
翼の先に何かとがったものが見えますなあ。
何ですか、これ?

 

これ、ツメなんです。
左右の翼に2本ずつ、鋭いツメが生えているんです!

 


 05.jpg
えー!鳥の翼にツメ!?

 

先ほどの始祖鳥は、恐竜から鳥に進化したばかりの原始的な姿をしていて、
翼に前足が変化した名残のツメを持っていました。
ツメバケイは、始祖鳥の生き残りではないんですが、
同じようなツメが、ツメバケイのヒナにもあるんです!

 


 25.jpg
へー、じゃあこのツメバケイのツメはなんのために
あるんですかね?

 

はい。実は、ヒナのピンチのとき、とっても役に立つんです。

 


 01.jpg
え?ヒナのピンチ!?

 

それはこちら!

 


 2015052806.jpg
ヒナが溺れちゃった!?

 


 10.jpg
わっ!ヒナが溺れちゃってる!!
こりゃ大変だ!

 

ご安心ください。ヒナは泳げるんです。
そしてこのあと、謎のツメが威力を発揮!
ヒナは生き延びることができたんです。

 


 05.jpg

えっ、ツメのおかげで助かったんですか?

 

はい。それは・・・番組をご覧下さい!

 


 11.jpg

えー、意地悪!
早く見たいですなあ。

 

「始祖鳥の生き残り!?翼にツメを持つ鳥」は、
31日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

ぜひご覧下さい!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)


 

jikai.jpg

ちょっと待った~!

01.jpg
 
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのタケガミさん、おねがいしま~す。
 


はーい、よろしくお願いします!
次回の舞台は、こちら!

 

2015050701.jpg

ヒマラヤ山脈の麓

 

そして、主人公はこちら!

 

 

2015050702.jpg

細長~い口のワニ

 

ヒマラヤ山脈のふもと、
ネパールの川にすむ絶滅危惧種のワニ
インドガビアルです!
口が細長~いのが特徴なんですよ!

 


 05.jpg
何ですか、このワニ。
口が細すぎやしませんか?
なんでこんな口してるんです?

 

この細長い口!
あることに大活躍するんです!
それは、こちら!

 


2015050703.jpg

狩りの様子1

 

2015050704.jpg 
狩りの様子2

 


 19.jpg
うわ!口で魚を取ってる!
なんか、お箸でつかんでいるみたい、器用ですな~。

 

でしょ!
この細長~い口は、水の抵抗が少ないので、素早く振り回せるんです!
だから魚の早い動きにもついていくことができるんですよ!

 

 

25.jpg
 
なるほど、この口、他のワニのような大きな口に比べると
弱々しい感じがしていましたが、
魚を取る時に大活躍するんですな!

 

そうなんです!
それにね、ヒゲじい、この細長い口、
もっともっとすごいことにも使うんですよ。

 

 

03.jpg

え?なになに?

 

なんと口から謎の爆音を出すんです。

 


 05.jpg

え?爆音?
なんですかそれ?

 

私も最初にこの情報を聞いた時には
にわかに信じられなかったんですけど…
出していたんです、ボン!という音を!

 


 12.jpg
わ!びっくりした!本当ですか?

 


2015050705.jpg 
謎の音の真相を解明!

 

はい!ぜひ番組で大迫力の音をお聞き下さい!
ちなみに、この謎の爆音、世界で初めて野生での撮影にも成功しました!
スクープ映像の数々、ぜひご覧下さい!

 


 01.jpg
おぉ、それはかなり気になりますな!
早く見たい!見たい!

 

「細長~い口で生き残れ!奇妙なワニ」は、
2015年5月24日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

ぜひご覧下さい!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)