ダーウィンが来た!ブログ

番組の見どころ

jikai.jpg
ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。
01.jpg
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、
ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのスズキさん、おねがいしま~す。


 

は~い!こんにちは!次回の主人公は、
アフリカ南部・ザンビアの森に大集結する、
ある動物です。分かりますか?

 


2016090801.jpg
森の上空を埋め尽くす無数の生きもの

 


12.jpg
うわっ、空が黒く覆われちゃっていますぞ。
鳥・・・ですかね?

 


いいえ、これはオオコウモリ
年に一度、1000万匹が集まるんです。

 


2016090802.jpg
主人公・ストローオオコウモリ

 


総重量は何と3000トン。
その重さで大木まで倒してしまうんですよ。

 


05.jpg
ひえ~、それはすごいですな。

 


でしょ。巨大なワシたちも集まって、
壮絶な攻防も繰り広げられます。

 


2016090803.jpg
天敵のワシが襲来!

 


03.jpg
ほ~、
でも何でコウモリは大集結するんですか?

 


不思議に思いますよね。今回、コウモリの行動を追跡して
明らかになってきたんですが・・・。
秘密は番組でご紹介しますね。

 


11.jpg
え~、はやく知りたい~。

 


「1000万匹!巨大コウモリ 世界一の大集結」
9月11日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)


jikai.jpg
ちょっと待った~!
01.jpg
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのヨコスカさん、おねがいしま~す。


 

はーい、よろしくお願いします!
次回は、北アメリカの中央に広がる、
カナダのマニトバ州の雪原が舞台。
主人公はこちら、カラフトフクロウです。

 


2016090101.jpg
世界最大級!カラフトフクロウ

 


01.jpg
ふーん。
普通のフクロウと、どこが違うんですか?

 


まずは、大きいこと。
大きなものでは全長80センチ以上!
フクロウの中では世界最大級です。

 


2016090102.jpg
フクロウ界ナンバー1の大きな顔

 


そして、体の中でもとりわけ顔が大きいんです。
フクロウの中でもナンバー1の大きな顔と言われています。

 


03.jpg
へ~。でも、顔が大きいことで
何かいいことあるんですか?

 


はい。実は、この大きな顔を使って驚きの狩りをするんです。
こちらをご覧ください!
カラフトフクロウがネズミを捕る瞬間です。

 


2016090103.jpg
狩りの瞬間!でも、獲物はどこに?

 


02.jpg
ネズミなんて、どこにもいないじゃないですか?

 


はい。実は、足元の雪の下にネズミが隠れているんです。

 


2016090104.jpg
獲物は雪の下で暮らすネズミ

 


カラフトフクロウは、大きな顔を使って
その居場所を正確に突き止めることができるんです。

 


14.jpg
えっ、どういうこと!?
顔をどう使うんですか?

 


タネあかしは、番組でちゃんとご紹介します!

 


「大きな顔が命!巨大フクロウ 謎の狩り」
9月4日(日) 総合テレビ よる7:30~ の放送です。
お楽しみに~!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

jikai.jpg
ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。
01.jpg
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのハシバさん、おねがいしま~す。


 

は~い!よろしくお願いします。
次回はタンザニアのルアハ国立公園が舞台。
動物と植物の「持ちつ持たれつ」の不思議な関係をご紹介しますよ。

 


2016082501.jpg
雨季のルアハ国立公園

 


2016082502.jpg
草を食べる雨季のアフリカゾウ

 


01.jpg
ほう、緑が豊かでいいところですなあ。

 


でしょう。
ルアハ国立公園には70種類もの哺乳類が暮らしていて、
アフリカでも有数の野生動物の楽園なんです。
特にゾウは1万頭を超えると言われていて、
ルアハ国立公園を代表する生きものです。
でもね、乾季になると、緑豊かなこの様子は一変するんです。

 


01.jpg
え?
そうなの?

 


ほら、あたり一面茶色の世界でしょ。

 


2016082503.jpg
乾季のルアハ国立公園

 


01.jpg
あー本当だ。
植物は枯れちゃうんですなあ。

 


草や木だけじゃないんですよ。
雨季には豊かな水量を誇っていた川だって、
干上がってしまうんです。

 


2016082504.jpg
豊かな水量の雨季の川

 


2016082505.jpg
干上がった乾季の川

 


04.jpg
あらら。
これじゃあ動物たちは暮らせませんなあ。

 


いいえ、ご心配なく。
動物たちはここに留まり続けるんです。

 


03.jpg
え?
水がないのに?

 


ルアハでは、ある動物が驚きの知恵を使って、
水を「生み出す」んです。
ヒントはこちら。

 


2016082506.jpg
謎の行動をするインパラ

 


2016082507.jpg
穴の中をのぞき込むヒヒ

 


03.jpg
何をしているんですか?
全然分りませんよ!

 


それは番組でくわしくご紹介しますよ。

 


11.jpg
早く知りた~い!

 


水だけじゃないんですよ。
乾季になると食べ物もないように思うかもしれませんが、
そんなことはないんです。
ルアハには、あえて乾季に花を咲かせ、
実をつける2種類の木があるんです。
動物たちは、乾季でも花や実を食べられるので
移動する必要がないんです。

 


2016082508.jpg
栄養たっぷり!アップルリングソーンの実

 

 

2016082509.jpg
蜜を含んだトゥースブラッシュツリーの花

 


01.jpg
ほう。
でもなんで水のない乾季にわざわざ
花を咲かせ実をつけるんですか?

 


実は、そこにこそ、
動物と植物の「持ちつ持たれつ」の絶妙な関係があるんです。
番組で詳しくご紹介しますから、ぜひご覧下さい!

「乾季のサバンナ 謎の楽園」
8月28日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

jikai.jpg
ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。
01.jpg
今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのスミタさん、おねがいしま~す。


 

はい!了解です!
今回の主人公は、南国フィリピンの海に暮らすネッタイミノカサゴです。
カラフルなしま模様に、たくさんの飾り。とっても優雅な姿でしょう?

 


2016072101.jpg
美しい姿のネッタイミノカサゴ

 


01.jpg
おおー。
なんとも派手で、美しいですな。

 


はい。その見た目の美しさから、ミノカサゴの仲間は、
「海の貴婦人」とも呼ばれているんですよ。

 


01.jpg
貴婦人!
これなら納得です。
でも、体からたくさん伸びている細長いものは
一体何なんですか?

 


はい。それは、ずばりヒレです。

 


2016072102.jpg
体中からたくさん伸びるヒレ

 


05.jpg
え?
ヒレ、ですか?

 


はい、このヒレ、ネッタイミノカサゴが自分の身を守るために
欠かせないものなんです。
実はヒレの中に、敵から身を守るための驚きのヒミツがあるんです。

 


03.jpg
え、ヒミツって、どんな?

 


2016072103.jpg
超キケンな背ビレ

 


実は、背ビレなどに猛毒の毒液が入っているんです!
人が刺されると猛烈な痛みに襲われ、ときには、
おう吐や呼吸困難などを引き起こすこともあるんですよ。

 


18.jpg
ひえー!
恐ろしい!

 


でも、まだまだ驚いちゃダメですよ。
なんと、恋の季節、オス同士はこの猛毒があるヒレを相手に
突き立てて、激しく争うんです!

 


2016072104.jpg
オス同士が猛毒の背ビレで大ゲンカ

 


17.jpg
えー、大丈夫なんですか!?

 


さあ、どうなるかは番組をお楽しみに!
さらに、このネッタイミノカサゴのもう1つの見どころが、狩りです。
獲物を逃すことなく驚異的なスピードで飲み込むんです!
そして、魚らしからぬ驚きの狩りの技も披露しますよ!

 


2016072105.jpg
一瞬で獲物を丸飲み!

 


01.jpg
ええ!
それは、とっても気になりますな!

 


詳しくは番組をご覧ください。
「美魚ミノカサゴ 超キケンな素顔」
7月24日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。
お楽しみに!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

jikai.jpg
ちょっと待った~!
01.jpg
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのオオクボさん、おねがいしま~す。


 

はい、よろしくお願いします!
今回は、ヒゲじいもよくご存じの生きものが
主人公です。分かりますか?

 

 

03.jpg
えっ、何でしょう・・・?

 


正解は、アホウドリです!
2008年に始まった、アホウドリ移住プロジェクト。
絶滅危惧種アホウドリを小笠原諸島の聟島(むこじま)に
移住させ、新しい繁殖地を作る前代未聞の試みです。
これまで、「ダーウィンが来た!」で4回に渡って
ご紹介してきました。

 


2016071401.jpg
2008年から始まったアホウドリ移住計画

 


01.jpg
はいはい。
覚えておりますぞ~。

 


ことし、その移住プロジェクトに大きな動きがありました。
ヒナのころから番組でずっと見守ってきたオス・イチローに
初めてのヒナが生まれたんです。

 


2016071402.jpg
今回の主人公・イチロー

 


22.jpg
それはめでたい!

 


2016071403.jpg
待望のヒナとイチロー

 


無事に巣立てば、悲願である新たな繁殖地の誕生となります。
9年におよぶプロジェクトの歴史的瞬間!
お見逃しなく!

 


2016071404.png
巣立ちの準備をするヒナ

 


20.jpg
それは楽しみ~!

 


ダーウィンが来た!「悲願達成!?アホウドリ移住計画」
2016年7月17日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。
どうぞお楽しみに!!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

jikai.jpg
ちょっと待った~!
01.jpg
どうも、ヒゲじいです。
次回の「ダーウィンが来た!」、見どころをご紹介しちゃいますぞ!
担当ディレクターのクロダさん、おねがいしま~す。



は~い、みなさんこんにちは、クロダです!
今回の主人公は、ニホンイシガメ
昔は日本各地で、普通に見られたカメなんですが、
数が激減してしまい、絶滅が心配されるようになって
いるんです。

 


2016063001.png
主人公「ニホンイシガメ」

 


01.jpg
それは大変ですなあ。

 


そこで去年、保護に役立てようと、カメに超小型電波発信機をつけ、
半年にわたって、行動を大追跡する調査が行われました。
すると、イシガメの意外な暮らしぶりが分かってきたんです。

 


2016063002.png
半年にわたる大追跡!

 


01.jpg
ほうほう!

 


ところでヒゲじい、
そもそもカメって、どこで暮らしていると思いますか?

 


03.jpg
えっ? 
そりゃ当然、川とか池でしょ。

 


そう思いますよね。
もちろん、そうした場所も生活の場ではあるんですが、
川や池を離れ、田んぼや畑、雑木林などを積極的に
歩き回っていたんです。

 


2016063003.png
里山を縦横無尽に歩きまわる

 


01.jpg
へぇ、それはまた意外ですな!
でも、なんでそんなに歩き回るんですか?

 


それは番組を見てのお楽しみです!

 


雑木林ではあんなこと。

 

2016063004.png
雑木林で○○三昧!

 


畑ではこんなこと。

 

2016063005.png
畑で○○○に夢中!

 


さらには、農業用のハウスの中に忍び込んで、
あることをしていたんです!


2016063006.png
農業用のハウスの中で○○!

 


11.jpg
ええっ、ナニナニ?
早く見た~い!!

 


フッフッフッ
かわいらしい、生まれたての赤ちゃんも必見ですよ!

 


2016063007.png
赤ちゃんの大冒険!

 


「里山フル活用!生き残れイシガメ」
7月3日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)


jikai.jpg
ちょっと待った~!
01.jpg
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、
ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのタカハシさん、おねがいしま~す。


 

は~い!こんにちは!次回の主人公は、
マレーシア・ボルネオ島に暮らすボルネオゾウです。
世界で最も小型のゾウなんですよ。

 


2016062301.jpg
主人公・ボルネオゾウ

 

2016062302.jpg
ボルネオゾウに大接近!

 


05.jpg
うわっ近い!人と比べると、
大きさがよく分かりますなあ!

 


ボルネオゾウは、深い密林に住んでいて、
滅多に見られない“幻のゾウ”と言われているんです。

 


01.jpg
ほお。
野生のゾウによく近づけましたな!

 

 

そう思いますよね?ここまで接近出来たのは、

ある強力な助っ人のおかげ。
この人、何をしていると思います?

 


2016062303.jpg
素手でゾウを止める!?

 


03.jpg
う~ん、ゾウに近付いて・・・?
何かの手品ですか?

 


実はこれ、ゾウの突進を、素手で止めた瞬間なんです。

 


01.jpg
えっ、どういうこと!?

 


はい。私たちもこれを見たときはびっくりしました。
この人は、地元で有名な
「ゾウを知り尽くす専門家」なんです。

 


2016062304.jpg
ゾウを知り尽くす男 バートさん

 


01.jpg
すごい!
どうして素手だけでとまるの?

 


凄いでしょう?技の裏には、深?いワケがあるんです。
それは、番組でちゃんとご紹介しますよ。

 


11.jpg
え~、はやく知りたい~

 


今回、この専門家のおかげで、貴重な生態が撮影できました。
30頭を超えるゾウたちが、謎の大集会を開いていたんです。

 


2016062305.jpg
大集結するゾウ

 


05.jpg
おお!草原にゾウがいっぱい。
迫力ありますなあ。

 


さらに!ゾウたちは大集団で、
危険なワニのすむ大河を渡り始めたんです。

 


2016062306.jpg
命がけの川渡り

 


24.jpg
ええ!?
一体、どうして!?

 


気になりますよね?
番組では、驚きの素顔が見えてきますよ。

ダーウィンが来た!
「世界最小!幻のゾウを密林に追え!」
6月26日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

jikai.jpg

ちょっと待った~!
01.jpg
どうも、ヒゲじいです。
さてさて、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのハマザキさん、おねがいしま~す。



はい、よろしくお願いします。

次回の主人公は、チゴガニ。
日本各地の干潟で暮らしているカニです。

 

 

2016061601.jpg
主人公 チゴガニ

 

2016061602.jpg
あめ色の体をしているチゴガニ

 


01.jpg
きれいなカニですな。
そしてこれまた大きくて立派なハサミ!

 


写真では大きなカニに見えるかもしれませんけど
実は、甲羅の大きさが7ミリほどしかない、
とっても小さなカニなんです。

 


05.jpg
えっ、そんなに小さいんですか!

 


はい。突然ですが、ここでヒゲじいにクイズです。
チゴガニのオスは、恋のシーズンになると、
結婚相手を見つけるためにあることをするんです。
そのあることとは、以下のうちのどれでしょうか。

①メスにダンスを踊る
②恋敵とケンカをする
③恋敵に嫌がらせをする

 


01.jpg
これは分かりますぞ。
① ダンスを踊るでしょ!

 


2016061603.jpg
求愛ダンスをするオスのチゴガニ

 


ピンポーン。
でも、一部、正解です。
実は、チゴガニは上の3つの全てをするんです。

 

 

2016061604.jpg
オス同士の激しいバトル

 


03.jpg
え?
「けんかをする」は分からなくもないですが
「嫌がらせをする」ってどういうこと?

 


気になるでしょう? 
それだけではありません。
チゴガニのオスはなんと、
メスを「だます」こともあるんです。

 


29.jpg
カニがカニをだます? 
どういうことなのかますます分かりませんぞ!

 


取材班も、小さなカニがそんな高度なことができるとは
にわかには信じがたかったんですが、本当なんです。
バッチリ撮影してきましたので、
ぜひ番組で確かめてください。

 


11.jpg
く~。
またお預けですか!

 


あ、そうそう。
今回は、ヒゲじいもよ?くご存知のスペシャルゲストが
初登場される予定ですよ。
そちらもどうぞお楽しみに…。

 

 

2016061605.jpg

驚くのスペシャルゲストが!!

 


01.jpg
誰ですか?
どこかで見たことがあるような・・・・

 

まあまあ、それも番組を見てのお楽しみ。
カニとは思えない驚きの恋愛テクニックに迫る

「東京湾 小さなカニの婚活大作戦!」
6月19日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。
どうぞお楽しみに!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承下さい。)

jikai.jpg
ちょっと待った~!
01.jpg
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのスズキさん、おねがいしま~す。



は~い!よろしくお願いします。
次回の主人公は、東アフリカ・ケニアに暮らすライオンです。

 


01.jpg
ほう、ライオンですか。

 


でもね、ヒゲじい、ただのライオンじゃないんですよ。
なんと、オスなのにタテガミがないんです!

 


05.jpg
えぇっ!
タテガミってオスのシンボルじゃないですか!
本当にそんなライオンがいるんですか?

 


そう思いますよね!では、こちらをご覧ください!

 

 

2016060901.png
丸坊主のオスライオン

 


29.jpg
えーっ、
これはちょっと頭がカワイソウなことに…。
丸坊主だ!

 


はい。
ツァボ国立公園に住んでいるオスは
みーんなタテガミが短いものばかり。
私たちがイメージする長いタテガミを
持ったオスはいないんですよ。
ほら、こちらも。

 


2016060902.png
こちらのライオンも。


2016060903.png
ツァボのオスにはほとんどタテガミがない

 


01.jpg
本当だ!
でも不思議ですなあ。
どうしてタテガミがないんですか?

 


それは番組を見てのお楽しみですが、
ヒントはツァボの気候。
実は、ツァボはライオンが暮らす場所の中で、
もっとも暑い場所の一つなんです。

 


2016060904.jpg
陽炎の立つ風景

 


暑い~いツァボ。
ライオンたちは、日中はこんな姿で寝て過ごします。

 


2016060905.png
お腹を出して眠るライオン

 


おなかの皮膚は薄いので、
ここを冷やすと全身が冷えやすいんですって。

 


01.jpg
あらら、なんだかしまりがないですなあ。
でも、暑いこととタテガミがないことと何の関係があるの?

 


ここから先は、番組を見て下さいね。

 


11.jpg
えー!!
気になる気になる!

 


タテガミが無いっていうだけでも十分ヘンですが、
ツァボのライオンは、狩りの仕方や食事のマナー、
果ては群れのオキテまで何から何まで普通のライオンとは
全く違った生き方をしているんです。
どれほど常識はずれの生き方をしているか、ぜひご覧ください!

「常識はずれ!タテガミを捨てたライオン」
6月12日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。
どうぞお楽しみに!!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

jikai.jpg
ちょっと待った~!
01.jpg
どうも、ヒゲじいです。
今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見どころについて
お伝えしますぞ!
担当ディレクターのコバヤシさん、おねがいしま~す。



は~い皆さんこんにちは!
今回の主人公は、アフリカ・ケニアのサバンナに暮らす生きもの。

 


03.jpg
ほ~、ゾウですか?
ライオンですか?
それともキリン?

 


いえいえ、知る人ぞ知る小さな珍獣です。
こちら!

 


2016060201.jpg
主人公・ハネジネズミ

 


ハネジネズミ」といいます。
大きさは、果物のキウイフルーツくらいの
手のひらサイズなんですよ。

 


01.jpg
へ~、目がくりくりしてかわいいですなぁ。

 


2016060202.jpg
つぶらな瞳が超キュート!

 


はい。でもかわいいだけじゃありません。
ハネジネズミはこんな小さな体で、
巨大な道路網を作るんです。

 


05.jpg
道路網!?
獣道(けものみち)ってやつですか?

 


いえいえ。ハネジネズミが作るのは
人間顔負けの立派な道路です。
直線道路やカーブ、T字路、
そして複雑な形の交差点まであるんですよ。

 


2016060203.jpg
直線道路

 

2016060204.jpg
急カーブ


2016060205.jpg
T字路


2016060206.jpg
交差点

 


こうした道が、縄張りの中に張り巡らされ、
総延長は100メートル以上にもなるんです!

 


2016060207.jpg
複雑!ハネジネズミの道路網 

 


05.jpg
こりゃ驚いた!
たしかに人間顔負けですなぁ。
でもなんでわざわざこんなことを?

 


ズバリ、天敵から身を守るためです。
天敵が現れるとこの道路を走って逃げるんです・・・
おっと、これ以上は話せません。番組をご覧くださいね。

 


2016060208.jpg
天敵襲来!

 

2016060209.jpg
走って逃げろ!

 


07.jpg
う~ん、気になりますなぁ。

 


さらに今回、生まれたての赤ちゃんも見つけたんですよ!

 


2016060210.jpg
発見!愛くるしい赤ちゃん

 


16.jpg
おぉ、これはおとな以上にかわいいですな!

 


でしょう?
こんな子どもが立派に独り立ちする
感動のドラマもお見逃しなく!

 

「走れ!走れ!“道路”に生きる珍獣」
6月5日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)