ダーウィンが来た!ブログ

jikai.jpg

ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。

01.jpg
 
今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを
ご紹介しますぞ~。
担当ディレクターのホシさん、おねがいしま~す。
 


は~い、よろしくお願いします!
次回の6月15日は「父の日」。
そこで、家族のためにがんばる動物の「お父さんたちの物語」をお届けします!

トップバッターは、コウテイペンギンのお父さん。
まず驚きなのが、子育てをする場所です。
氷点下50度にもなっちゃう真冬の南極大陸で子どもを育てるんです!

 

 2014061201.jpg
繁殖地に集まるコウテイペンギンたち

 

 

17.jpg
 ひゃー、どうしてこんな場所で子育てを!?

 

ここなら卵やヒナを襲う敵がいないため、安全に子育てができるんですよ。
とはいっても、ここは極寒の地。子育てはまさに命がけ。
メスは卵を産むと、オスに預けて海へと戻ります。やがて産まれるヒナのために、
食べ物をとりに行くんです。
卵を温めるのはお父さんの役目。メスが帰ってくるまでのおよそ2か月、
オスは飲まず食わずで子育てを行います。寒さや飢えで、命を落とすものも
少なくありません。
そのため「世界一過酷な子育て」とも言われているんですよ。

 

 2014061202.jpg

子育てするコウテイペンギンのお父さん

 

 

29.jpg
飲まず食わずですか!
たしかに「世界一過酷」ですなあ・・・

 

さて、続いて登場するのは、南アフリカにすむアフリカウシガエルのお父さんです。
大きさは、なんと25センチ! 体重は1キロもあります。

 

 2014061203.jpg
巨大なアフリカウシガエルのお父さん

 

 

05.jpg
 ひゃー、迫力満点!

 

ウシガエルのお父さんはとっても子ぼんのうなんですよ。
オタマジャクシたちがカエルになるまでの1か月、ずっとそばに寄り添い守ります。
もし子どもたちを狙うものが現れれば、たとえ怖いヘビが相手でも、命がけで立ち向かいます。さらには、水を飲みに近づいてきたウシにも果敢にアタック!
とっても頼りになるお父さんなんです。

 

 2014061204.jpg
ウシに体当たりするアフリカウシガエルのお父さん

 

 

12.jpg
 まさに、ど根性ガエル!!

 

驚くのは、まだこれからですよ!。
あるとき、おたまじゃくしが小さな水たまりに取り残されてしまったんです。
暑さのため、水はどんどん蒸発し、水たまりが干上がるのも時間の問題。
このとき、お父さんが驚きの方法で、子どもたちを救出したんです!

 

 

03.jpg
 ええ?、一体どうやって助けたの??

 

それは放送をお楽しみに?!
さて続いては、ゴリラのお父さんの物語です。
アフリカのガボン共和国の熱帯雨林に暮らすニシローランドゴリラ。
体重は200キロほど。
見た目はちょっと怖そうですが、とっても家族想いの心優しいお父さんなんですよ。

 

2014061205.jpg
 家族想いのゴリラのお父さん

 

 

24.jpg
 強そうなお父さんですな

 

お父さんが率いるのは、23頭の大家族。
その中に、右腕の肘から先のない子どもがいます。
名前は「ドド」。6歳の男の子です。
3年前に、よそ者のゴリラに襲われて、大けがを負ったんです。


 2014061206.jpg
大ケガで右腕を失ったドド

 

かわいそうに・・・。

研究者は、ドドが野生の中で生きていくのは難しいと考えました。
というのもニシローランドゴリラは、歩くときや木に登るときに、
両腕を使うからです。右腕を失ったドドは、どうしても群れの行動に
ついて行けなくなってしまうんです。ところが、お父さんは、
そんなドドに寄り添い、支えていきます。
お父さんは、ドドのペースにあわせて歩き、ドドが群れからはぐれないように
気を配ってくれました。やがて、お父さんのドドへの「思いやり」の行動が、
家族の他のメンバーにも広がっていきます。
そのおかげで、ドドはケガに負けることなく、スクスクと成長していったんです。

 


16.jpg
 なんとも心温まるお話ですなー

 

命をかけて子どもを守り育てるお父さんたち。
三者三様のお父さんの物語に、感動すること間違いなしですよ!!

あっ、ところで、ヒゲじい。
番組のナレーション担当の首藤奈知子アナウンサーから伝言です。
「15日に公園に来てください」って。

 

 

05.jpg
 
あら、いったい何でしょ?
うーん、15日が待ち遠しいですぞ!


「がんばれ!強くてやさしいお父さん」
6月15日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

どうぞお楽しみに!!!

(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)