ダーウィンが来た!ブログ

jikai.jpg

 ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。

21.jpg
 
今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころをご紹介しちゃいます。
担当のディレクター、マツバヤシさん、お願いしま~す。
 



はい、わかりました~。
次回の番組を担当しているディレクターのマツバヤシです。

次回の主役は、「ツパイ」。
体長は20㌢ほど、東南アジアにすむ小型のほ乳類です。

2013022101.jpg

(次回の主人公、ツパイ)

 

24.jpg

これってリスですか?
それともネズミの仲間ですか?

一見、リスに似ていますが、全く別の種です。
最近までは、原始的なサルの仲間
と考えられてきたんですよ。

2013022102.jpg

(同じ森に住む原始的なサル スローロリス)


最近は独立した種というのが定説になっていますが、
いずれにせよサルの仲間に近いことは間違いありません。

実はこのツパイ、いまから4年前の2008年、
ドイツの研究グループによって衝撃的な事実が報告されました。
それは「人間ならアルコール中毒になるほど多量のお酒を毎日飲む」
というものです。

 

05.jpg

なんと!うらやましい限りですな・・・
でもツパイのいるところに
酒場なんてあるんですかね?

実は、あるヤシの木がツパイの酒場になっています。
そのヤシとは、現地の言葉で「ブルタム」と呼ばれる木。
ブルタムヤシは花のつぼみの中に
アルコールを含むミツをたっぷりためているんです。
アルコール度数は軽めのビール並、
自然界では最も強いものの一つなんですよ。

2013022103.jpg

(ブルタムヤシのつぼみ)

 

01.jpg
 
へー、ここからお酒が出てくるなんて、ふしぎですな。

なぜヤシのつぼみの中にお酒があるのでしょう?
その秘密は、つぼみの中にある酵母菌の働きにあります。
こちらは、その酵母菌の写真。

2013022104.jpg
 
(ブルタムヤシのつぼみの中にすむ酵母菌)

この酵母菌があるおかげでミツが発酵し、
アルコールになるんです。
泡を含んだ液体が流れ出ていますよね、
これがアルコールを含んだミツです。

2013022105.jpg
 
(ブルタムヤシのつぼみからしみ出したミツ)

 

06.jpg

うーん、私もなめてみたいですぞ

ツパイは一日に何度も訪れ、
アルコールを含んだミツを大量になめます。
ツパイがブルタムヤシのミツを舐めているところが
これほどはっきり捉えられたのは、おそらく初めてのことです。

2013022106.jpg

(アルコールが含まれたミツを舐めるツパイ)

 

22.jpg
 
お、それはスゴイですな!

ブルタムヤシがお酒をつくってツパイを呼ぶ裏には、
ヤシの巧妙な戦略が隠されていました。
太古の昔から続くというヤシとツパイのふしぎな関係、
そのすべてを明らかにします!

28.jpg
 
「ヤシの酒場に通いづめ!酒豪ツパイ」
2月24日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

お楽しみに~!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)