ダーウィンが来た!ブログ

jikai.jpg

ちょっと待った~!どうも、ヒゲじいです。
今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころをご紹介しちゃいます。
 
23.jpg

では、次回の番組を担当しているディレクターのアマノさん、ヨロシクお願いします。


(アマノ)
ヒゲじい、みなさん、こんにちは。
今回の主役は、北海道のヒグマです。
まずはコチラの写真から。

2012092701.jpg
 
じゃれあうヒグマの赤ちゃん、ふたごです。
その愛くるしい姿はまさに「動くぬいぐるみ」、とってもカワイイんですよ~!

(ヒゲじい)
うん、確かに。

(アマノ)
今回ご紹介するのは、そんなヒグマの親子が大集結する「秘密の場所」です。
舞台は北海道、世界自然遺産の知床。


2012092702.jpg

 
05.jpg

(ヒゲじい)
うわぁ~! 雄大ですなぁ。

(アマノ)
えぇ。この海岸線に点在する、「番屋」にご注目。

 2012092703.jpg

(ヒゲじい)
えっ、番屋? 何ですか、それ?

(アマノ)
ハイ。漁の準備などをするため、漁師さんたちが寝泊まりする建物です。
漁具の修繕や保管などをしています。

 2012092704.jpg

(ヒゲじい)
へぇ~、ナルホドね。
おやっ? 漁師さんが作業されている斜面に、何かいますよ?

(アマノ)
そう、ヒグマです。
ほらっ、こんなふうに、下りてきましたよ。

 2012092705.jpg

(ヒゲじい)
うわ~!

(アマノ)
ここでは漁師さんとヒグマが、まさに隣りあわせの暮らしを送っています。

 2012092706.jpg

集まる親子は30頭以上にもなるというからオドロキ!
こんな光景、世界でもめったにありませんよ。

 2012092707.jpg

(ヒゲじい)
ひぃ~、クマがいっぱい! ・・・ヒグマだけに、ね。

(アマノ)
あららら。

(ヒゲじい)
でもなんで、人が暮らす番屋の周辺に親子グマたちが集まってくるんですかね?

(アマノ)
そこが今回の番組の「不思議」。
50年という長い年月をかけて番屋の漁師さんたちが育んできた、人とヒグマの共存の姿があるんです。ぜひ、番組でご確認ください!

 2010092708.jpg

私たちは特別な許可を得て、この番屋を拠点にして大集結する親子グマたちに密着取材。
すると、ヒグマの親子たちの決定的瞬間をつぎつぎと目撃しました。

まずは、母グマが海を何百mも泳いで引っ張り上げた、謎の獲物。

 2012092709.jpg
 24.jpg
 (ヒゲじい)
ぇ~? 何ですかこれ?

(アマノ)
それも、番組で!!


 29.jpg
(ヒゲじい)
あららら。

(アマノ)
そしてその獲物をめぐる母グマたちの闘いと、そこに現れる親子グマの意外な“天敵”。

 2012092710.jpg

さらに、涙なしでは見られない母と子のせつない「別れ」まで・・・。

 
2012092711.jpg 
26.jpg

 (ヒゲじい)
・・・ハンカチを用意しときますね。

(アマノ)
そうですね。
春から秋まで、長期間取材して撮ることのできた珠玉の映像ばかり。

 2012092712.jpg

「知床ヒグマ親子 番屋に大集合!」
総合テレビ 10月7日(日)19:30~

 28.jpg
カメラの「目の前」で繰り広げられた、ヒグマ親子の感動物語。
どうぞご期待ください!