ダーウィンが来た!ブログ

2012年04月19日 (木)

次回は「オランウータン」

jikai.jpg

ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。
今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の
見どころをご紹介しちゃいます。
担当のディレクター、キタさん、お願いしま~す。

23.jpg



はい、わかりました~。
次回の番組を担当しているディレクターのキタです。
次回の主役は、みなさんご存じのオランウータン。
東南アジアの熱帯雨林に生息していて、
一生のほとんどを木の上で過ごします。

 

 2012041201.jpg

大きなオスだと体重80キロにもなります。
樹上生活する動物のなかでは、世界で最も大きいんですよ。

 
実はこのオランウータンたち、
幼いころに母親を殺された孤児なんです。
人間に保護され、森で暮らすための訓練を受けたあとに
森に帰されました。
こちらは暮らしに欠かせない木登り能力を養うための訓練。

2012041202.jpg

えっ!オランウータンなのに木登りも出来ないの!?
って思う方もいるかもしれません。
母親にしがみついている時期に保護された子どもは、
木登りが出来ないのはもちろん、高い所が怖いんです。
少しずつ恐怖心を克服させて自信をつけさせます。

 

2012041203.jpg
野生ではお母さんが毛づくろいしてくれますが、
施設の子どもたちにはお母さんがいません。
寄生虫や感染症を防ぐため、
赤ちゃんのもく浴のようにお風呂にも入れます。

こうして数年間を施設で過ごし、
森に帰ったオランウータンたちは、
驚くほど立派に一人前になっていました。

 

2012041204.jpg
 
施設にいたころには与えられたことのないものを
食べているんです。

一体どうして、オランウータンたちは
森で暮らす術を知ったんでしょうか?
続きは、番組でご覧くださいね。


「“森の人” 森に帰る」、放送は4月22日 夜7時半です。

 21.jpg

お楽しみに~!!