ダーウィンが来た!ブログ

番組の見どころ

 koborebanashi.jpg

次回、9月9日(日)の「ダーウィンが来た!」は
「小笠原に大集合!超激レア生物」
その取材こぼれ話を、一足お先にお届けします!

 

難易度★★★★★! 超激レア生物撮影 
今回、取材班が小笠原で追い求めたのは、小さなものでは数ミリしかない
超ミクロな生きもの達。見つけるだけでも難しいのですが、撮影するとなると
超高難易度です。しかも動画をとるには、不規則に動く生きものとの距離を保って、
ピントを合わせ続けなければなりません。(フォーカスはマニュアルです。)
カメラのファインダーに意識を集中しても、生きものはあっという間に視界から
離れていきます。さらに波があれば、水中の同じ場所にとどまり続けるだけでも
至難の業。ベテラン水中カメラマンでさえ、最初は全く撮影が進みませんでした。

 

2018090601.jpg
美しい小笠原の海

 

T-2018090602.png
撮影するには近づきすぎても遠すぎてもダメ

 

2018090603.png
被写体は大きさ数㎝!ピントが超ムズカシイ!

 

2018090604.jpg
水中で止まってカメラを操作するのは激ムズ!

 


秘密兵器登場!? その名も「パルテノン」 
そこで考えたのが、生きものとレンズとの距離を一定に保つものさし。
使い方はというと、レンズ前に装着し、対象を目印の円柱の間に来るように
カメラを操作。カメラマンはファインダーではなく対象の生きものを
直接見続けながら、その位置関係を常に守って漂う!というものです。
(これでもかなり高度な技が要求されるのですが)
これでピント問題はかなり改善しました。
このものさし、並び立つ柱がギリシャの「パルテノン神殿」に見えることから、
いつしかスタッフから親しみを込めて「パルテノン」と呼ばれるようになり、
ロケ終了までロケ隊を力強くサポートしてくれたのでした。
うまくいったかどうかは、番組でご確認下さい!

 

2018090605.jpg
並び立つ柱から、ついた名前はパルテノン!

 

2018090606.jpg
柱を目印にピントを合わせる職人ワザ!

 

2018090607.jpg
撮影後のカメラマン 手応えあり!?

 

2018090608.jpg
頼れる相棒と、ミクロな世界に挑む!

 


ダーウィンが来た!生きもの新伝説
「小笠原に大集合!超激レア生物」
放送は、9月9日(日) 総合テレビ 夜7:30~
お楽しみに~!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)


               

突然ですが、「ダーウィンが来た!」ファンのみなさんは、この番組をご存じですか?

 Koncyu_main_logo.png

Eテレで不定期放送中の番組、「香川照之の昆虫すごいぜ!」。
昆虫大好きな俳優・香川照之さんが、カマキリ(メス!)に変身。体を張ってその魅力を伝え、大変な反響を呼んでいるんです。

Kamakiri20170606.jpg

5月に放送された回で、香川さんからある昆虫への熱すぎるラブコールが飛び出しました。
それは・・・

タガメ!

2017060603.png

 

知る人ぞ知る、日本最大・最強の水生昆虫
田んぼの生きものを次々と捕まえる豪快な狩りに、
子どもたちを献身的に守る超イクメンのお父さんなど、その魅力はつきません!
ところが絶滅危惧種に指定されるほど数が減っているため、めったにお目にかかれないんです。
実は、このタガメのすご~い映像を、私たち「ダーウィンが来た!」取材班が撮っちゃいました!

そこで、6月11日(日)夜7時半~の「ダーウィンが来た!」では、
「ダーウィンNEWS」のコーナーで、「香川照之の昆虫すごいぜ!」と初コラボ

「タガメちゃん! ホントに好きなの、タガメちゃん!」
と、タガメへの思いを語り始める香川さん。
お前を絶対捕まえてやる! もはや恋だか捜査だか分からない。

 容疑者を捜している捜査一課長ですよ」
なんて、最後には某ドラマさながらに(!)激アツ発言がさく裂します。

香川さんの熱すぎるタガメへのラブコールとともに、私たちが美しい日本の里山を舞台に粘りに粘って撮影に成功させた、スクープ映像をご覧に入れます。

6月11日(日)夜7時半~
「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」内

「ダーウィンNEWS」のコーナーで!

なお6月10日(土)には、Eテレで「香川照之の昆虫すごいぜ!」が2本まとめて再放送
Eテレ 午後4時~ 「1時間目 トノサマバッタ」
    午後4時半~「2時間目 モンシロチョウ」
こちらもチェック!

koborebanashi.jpg

 

次回、4月9日(日)の「ダーウィンが来た!」は
強いぞ!日本の国鳥キジ
その取材こぼれ話を、一足お先にお届けします!

 


「桃太郎」のお供。イヌ、サル、・・・キジ!?
日本の国鳥キジに徹底的に迫るのが今回の番組。
日本の国鳥は?
とたずねても答えられる人はごく少数。
でも、「桃太郎」に出てくる生きものは?
と聞くと、みなさん、ちゃ~んとキジを挙げてくれました。
キジが桃太郎のお供に選ばれた理由。
答えは「身近にいて、強い」。
キジの暮らしぶりをじっくり見た私(ディレクター)は、そう信じます!

 


2017040601.jpg
なぜ、キジなのか?

 

2017040602.jpg

キジの得意な相手は、赤鬼。かも?

 

 

 

まるでクジャク!?こんなにキレイなのに…
子どものころ、初めてキジのオスを見て「クジャク」
だと思っていたワタシ。
久しぶりに再会して、あらためてその美しさにホレボレ。
日ざしを浴びると羽の色が幾重にも輝くんです。
本当に美しい!
でも、そんなオスの求愛にもメスは「けんもほろろ」な態度。
人と同じく、キジの女心も難しいもんだなあ思いました・・・。

 


2017040603.jpg
日ざしを浴びると輝く美しい羽


2017040604.jpg
懸命なオスの求愛

 

 

 

本当に強い!激変するオス 
撮影前、正直、心配だったのがオスの戦闘力。
でも、さすが桃太郎のお供。
繁殖期になると、オスは猛烈に凶暴になるんです。
普段のおとなしい姿とは大違いの、激変・激強ぶりを
バッチリ撮影することに成功!
オス同士の大バトル、宿敵アオダイショウとの死闘などなど。
本当に強いキジの姿を大公開!

 


2017040605.jpg
大技の跳びげり!


2017040606.png
大胆にもヘビの頭を攻撃

 

 

 

国鳥キジを探してみないか 
今回の取材で分かったのは、キジが人間の身近な生きものだということ。
カッコよく、いじらしい、愛されキャラだということ。
田舎で開けた場所を散策する機会があれば、ちょっと探してみてください。
河川敷、畑、運動場などなど、意外な場所でひょっこりと姿を
見せてくれるはずです。

 


2017040607.jpg
白昼堂々、人を襲うキジ

 

2017040608.jpg
農家の畑で子育て 丸見えです

 

ダーウィンが来た!生きもの新伝説
強いぞ!日本の国鳥キジ
放送は、4月9日(日) 総合テレビ 夜7:30~
お楽しみに~!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

jikai.jpg
ちょっと待った~!
01.jpg
どうも、ヒゲじいです。
次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターの中嶋さん、おねがいしま~す。

 


 

はーい、分かりました!
次回の主人公は、東南アジアに暮らす「ミズオオトカゲ」です。
その名の通り、とにかくでっかいトカゲです。
その姿はまるで恐竜!


2017032301.jpg
まるで恐竜!? ミズオオトカゲ

 

 

29.jpg
本当だ!
大きいですね~
怖くないんですか?

 


それが意外にも、怖くないんです。
大人しい性格で人を襲ったりはしません。
でも近くで見ると、すっごい迫力です!

 


27.jpg
きっと、ものすごいジャングルの奧地に
暮らしているんでしょうね。

 


ヒゲじい、やっぱりそう思うでしょ~?
でもこのオオトカゲ、
暮らしているのはタイの首都バンコクの街の真ん中。
人のすぐ近くにだって、ほら、この通り!

 

 

2017032302.jpg
人の近くに巨大トカゲ!

 


05.jpg
ええ~!?

 


驚きますよね。
でもバンコクでは、ごくありふれた日常の風景なんだそうです。
歩道を歩く人の足元にも、ほらっ、この通り。

 


2017032303.jpg
人の行き交う歩道もかっ歩

 


03.jpg
え~? 
いったいどうなってるの~?

 


気になりますよね。
なぜ街の中に巨大なトカゲがたくさんいるのか?
そして、街の中で巨大トカゲはどのように暮らしているのか?
番組でたっぷりご紹介しますよ。

 


06.jpg
これはホットカゲないですな~!

 


あちゃ~・・・(汗)

 

「潜入! 大都会のトカゲ王国」
放送は、3月26日(日) 総合テレビ 夜7:30~
お楽しみに~!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 

番組公式ツイッター、発信中!
アカウントは・・・

@nhk_darwin

フォロー、よろしく~!

jikai.jpg

ちょっと待った~!
01.jpg
どうも、ヒゲじいです。
次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのハヤシさん、おねがいしま~す。


 

はーい、よろしくお願いします!
淡水魚が大好きな私が今回紹介するのは、みなさんおなじみ、
田んぼにすむ魚、ドジョウです。
ニョロニョロした細長い体で、口元に生えたヒゲが特徴です。

 


2017031601.jpg
田んぼの身近な魚、ドジョウ

 


01.jpg
ほほぉ、ドジョウですか!
それはまた地味…
いや、シブい魚を選びましたな~。

 


ヒゲじい!
確かに見た目はちょっと地味ですが、
実はスゴ技の持ち主なんです!
ヌルヌルの体で、天敵・タガメの攻撃も
ヌルっとかわしてしまうんですよ。

 


2017031602.jpg
最強の天敵 タガメの攻撃もかわす

 


12.jpg
タガメの攻撃をかわす!?
それはスゴいですな!

 


でも、そんなドジョウにもピンチが訪れます。
秋になると、田植えに備えて田んぼの水が
抜かれてしまうんです。

 


2017031603.jpg
乾いた地面を歩くドジョウ

 


09.jpg
ええっ!
それは大変!
大丈夫なんでしょうか?

 


そう思いますよね。
そこで今回番組では、地元の方々と協力して
ドジョウの秋の暮らしを徹底調査しました。

 


2017031604.jpg
ドジョウを大捜索!

 


乾いた田んぼの地面を掘っていくと、
土の中からドジョウがウジャウジャと出てきたんです!

 


2017031605.jpg
水のない土の中から、数十匹のドジョウの大群が出現!

 


14.jpg
うわ~!
すごい!
なんで土の中で生きられるの?

 


それは、他の魚にはないドジョウならではの
ある特別な能力のお陰なんですが・・・
詳しくは番組で!

 


11.jpg
えぇ~!
気になる~!!

 


身近な魚の知られざる姿を大公開!!

「田んぼが大好き!里山の珍魚ドジョウ」
3月19日(日)、夜7:30~、総合テレビでの放送予定です。
お楽しみに!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

jikai.jpg
ちょっと待った~!
01.jpg
次回の「ダーウィンが来た!」の見どころをご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのホシノさん、お願いしま~す。


 

はーい、よろしくお願いします!
次回の「ダーウィンが来た!」、舞台はスリランカです。
主人公はこちら、トクモンキー。
世界遺産の仏教遺跡に暮らします。

 

 

2017030901.jpg

世界遺産の仏教遺跡に暮らすトクモンキー

 

 

01.jpg
ほほぉ~。
世界遺産の遺跡に住んでいるんですか?

 


そうなんです。おもしろいでしょう。
しかもこのサル、若いオスたちが「就職活動」するんですよ!

 


03.jpg
就職活動!?
いったいどういうコト?

 


はい。
若いオスたちは6歳くらいになると、
生まれた群れを離れて別の群れに入らないといけないんです。
そのときするのが、いわば「就職活動」。
自分がいかに群れの役に立つか、
自己アピールをしないといけないんですよ。

 


2017030902.jpg
自己アピールで生き残れ!

 


05.jpg
自己アピール、ですか?

 


はい。
例えば、周りに敵がいないか見張りをしたり、
ほかの群れとの戦いが起こると、体を張って最前線に立ったりします。
時には、ベビーシッターまで引き受けるんですよ。

 


2017030903.jpg
体を張って最前線で敵と戦う若オスたち

 

2017030904.jpg
ベビーシッターをする若オス

 


02.jpg
若オスはどんな仕事でも引き受けないといけないんですなぁ。

 

 

はい、そのとおり。
群れには何頭もの若オスたちが志願していますが、
選ばれるのはせいぜい1頭という、「超狭き門」ですからね。

 


05.jpg
ひぇ~、若オスは大変だぁ。

 


えぇ。
今回、私たちは若オスたちの就職活動に密着。
すると、人間顔負けの「ドラマ」が見えてきたんです。
群れの有力者が見ているときにだけ「いい子ちゃん」ぶる、
やたら要領のいい若オスがいるかと思えば、
正直者だけど、やることなすこと裏目に出て得点を稼げない、
でも思わず応援したくなっちゃうような、要領の悪い者もいました。

 


01.jpg
へぇ~。
サルによって、個性が出るんですなぁ。

 


人間顔負けの自己アピールを繰り広げる若オスたち。
果たしてどんなサルが勝ち残るんでしょうか?

「スリランカのサル 若オス“就活”物語」。
3月12日(日)、夜7:30~、総合テレビでの放送予定です。
どうぞ、お楽しみに!
(放送予定は変更になることがあります。どうぞ、ご了承ください。)

jikai.jpg
ちょっと待った~!
01.jpg
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのハシバさん、おねがいしま~す。

 


 

は~い、よろしくお願いします!
次回はとってもユニークなフグの仲間、ハリセンボン
舞台は高知県の柏島の海です。
日本有数の豊かなこの海には、
たくさんのハリセンボンが暮らしているんです。

 


2017030201.jpg
高知県の柏島

 


でね、ヒゲじい。
これがハリセンボンの普段の姿。
いつもはトゲを寝かして泳いでいるんです。

 


2017030202.jpg
トゲを寝かせて泳ぐハリセンボン

 


12.jpg
へぇ~、意外ですなぁ。
いつもトゲをツンツンさせて泳いでいるんだ、
って思っていましたぞ。

 


確かに、ハリセンボンといえば、こんな姿を想像しますよね?

 

2017030203.jpg
トゲを立てたハリセンボン

 

 

01.jpg
ハイ、そうそう!

 

 

でもハリセンボンがこんな風にトゲを立てるのは、
敵に襲われた緊急事態だけ。
しかも並大抵のコトではこんな姿にはならないんです。
番組で、あの手この手を尽くして徹底分析しますよ~!

 

 

2017030204.jpg
トゲトゲ作戦を徹底分析!

 

 

01.jpg
そりゃ、楽しみだ!

 

 

さらに今回、番組にハリセンボンが大好きなこの方から、
挑戦状が届きました。

 


2017030205.jpg
この方から番組宛てに挑戦状!

 


05.jpg
あっ、さかなクン!
いったいどんな挑戦状ですか?

 


はい、さかなクンが描いた絵を
よ~く見てください・・・。

 


2017030206.jpg
さかなクンが描いた絵

 


07.jpg
ん? 
真ん中の大きなハリセンボンを
まわりのハリセンボンがかつぎ上げて
いるみたいですなぁ。

 


そうなんです。
これは「おみこし」と呼ばれるハリセンボンの産卵行動。
真ん中はメス、まわりはみんな、オスたち。
産卵のとき、ハリセンボンは
オスたちがメスを、まるでおみこしを担ぐように持ち上げる、
と言われているんですよ。

 


03.jpg
ほぉ、不思議ですなぁ。

 


でもこの行動、実は野外で撮影されたことはありません。
さかなクンの挑戦状とは、
この謎の「おみこし」を徹底解明して欲しい、というもの。

 


2017030207.jpg
謎の「おみこし」を徹底解明!

 


「おみこし」には、ハリセンボンが命をつなぐための
驚きの知恵が詰まっていました。
その様子を、ぜひ番組でご覧ください!

「おみこしワッショイ!ハリセンボン」
3月5日(日)、夜7:30~、総合テレビでの放送予定です。
どうぞお楽しみに!!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

jikai.jpg

ちょっと待った~!
01.jpg
次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、
ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのイノウエさん、おねがいしま~す。

 


 

は~い、こんにちは!よろしくお願いします!
さっそくですが、次回の主人公は、こちら!
カモメです。

 


2017022301.png
カモメ

 


24.jpg
え?
カモメですか。
何か今回は、大して珍しくない生きものですなあ。

 


ヒゲじい、そんなこと言わないで下さい!
そんじょそこらのカモメじゃないんですよ。
じゃーん!

 

 

2017022302.png
上空から見たローマのコロッセオ

 

古代の円形劇場コロッセオで知られる
イタリアの首都ローマ。
その街なかで暮らすカモメです。

 


01.jpg
ほう?
カモメは確か、海の鳥ですよね?
街の中でも暮らしているんですか。

 


はい。
ある事情で海から内陸のローマに引っ越して来たんですが、
今やその数1万5千羽!
これほど数が増えると、いろんなやっかいごとも起こります。

 


2017022303.png
人から食べ物を奪うカモメ

 


10.jpg
うわー、どうしちゃったの!?

 


人が持っている食べ物を盗み取る瞬間です。

 


18.jpg
ひぇ~、ずいぶん大胆ですなあ!

 


ですよね・・・。
子育ての時期、育ち盛りのヒナには、
肉や魚をたくさん与えなければなりません。
でも街の中で肉、魚を得るのは至難の業です。
上の写真でも、カモメはサンドイッチの中の
サラミだけを抜き取っているんですよ。

 


03.jpg
そんなもので、ヒナは無事育つんですか?

 


ご心配なく!
ローマのカモメたちは、
カモメとは思えない新たな狩りの技も身につけたんです。

 


05.jpg
新たな技!?

 


はい。見てください。ネズミをとりましたよ。
しかも夜中に、です!

 


2017022304.png
ネズミを狩るカモメ

 

こっちで捕まえたのはハト。

 

2017022305.png
ハトを狩るカモメ

 

 

12.jpg
うわあ!
飛びながら、クチバシでハトをキャッチしているの!?
すごい!

 


ある事情で海を離れたカモメたち。
新たな生活術を身につけて、都会でたくましく生きています!

 


09.jpg
ローマのカモメ、あっぱれ、ですなぁ!

 


はい、カモメたちの驚きの暮らしぶりももちろんですが、
番組のそこここに登場するローマの美しい景色も、
是非お楽しみ下さい。

 


2017022306.png
古代ローマの遺跡「フォロ・ロマーノ」

 


「ローマで急増!海を捨てたカモメ」
2月26日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。
どうぞお楽しみに!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

jikai.jpg
ちょっと待った~!
01.jpg
どうも、ヒゲじいです。
次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのオークボさん、おねがいしま~す。

 


 

はーい、よろしくお願いします!
次回の主人公は、南米・アマゾン川の源流域に住むツリスドリ
真っ黒な全身に映える黄色いストライプ、そして澄んだ青い眼が特徴の
とっても美しい鳥なんです。

 


2017021601.png
とっても美しい!ツリスドリ

 


22.jpg
ほほぉ、たしかにキレイな鳥ですな~!

 


えぇ。で、このツリスドリ、高い木の枝に巣を作るんですが、
1か所にまとまって作るため、まるで団地のようになるんですよ。

 


2017021602.png
ツリスドリの巣はまるで“団地”

 


14.jpg
うわっ!
こりゃ、すごいや。
いったいどうやって作るの?

 


はい。
ツリスドリは鋭いクチバシをまるで編み針のように使って、
巣材を丁寧に編み込んで作るんです。

 


2017021603.png
まるで編み物のように巣を作る!

 


01.jpg
へぇ~。
ずいぶん器用なんですなぁ。

 


えぇ。
巣材は木の葉っぱなど、およそ1万本。
これを1本1本、何度も何度も編み込んでいきます。
1つの巣を作り上げるのに、なんと20日間もかかるんですよ。

 


2017021604.png
20日がかりでようやく完成!

 


24.jpg
うぇ~。
気が遠くなるような繊細な手仕事、
いや、クチバシ仕事ですなぁ。

 


ですよね~。
でね、ヒゲじい。
この巣、とっても丈夫なんです。
男性2人が力を込めて引っ張りあっても破れないほど!!

 


2017021605.png
2人で引っぱっても破れない!

 


27.jpg
こりゃ、すごい! 
これなら敵が来ても巣の中は安全、ってワケか?

 


そうなんですが、
巣の周りには、卵やヒナを狙うサルやオオハシなど、
ツリスドリの天敵が少なくありません。

 


2017021606.png
卵が大好物のサル


2017021607.png
大きなクチバシが恐ろしい天敵・オオハシ

 


30.jpg
あちゃ~、これは手強そうだ。

 


そうなんです。
ツリスドリがスゴイのは、こうした天敵たちから巣を守るため、
二重三重のセキュリティ対策を施しているところ。

 


たとえばコチラ、撮影中のカメラマンの腕に止まったハチ。
これもツリスドリが守るための「秘策」なんですよ!

 


2017021608.png
ハチが守りの秘策!?

 


03.jpg
え~、いったいどういうこと?

 


詳しくは番組で!

「巣を守れ!アマゾン 鳥の大作戦」
2月19日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。
お楽しみに!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)


jikai.jpg
ちょっと待った~!
01.jpg
次回の「ダーウィンが来た!」の見どころをご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのカワテさん、お願いしま~す。


 

はーい、よろしくお願いします!

次回の「ダーウィンが来た!」、舞台は沖縄です!
主人公はこちら、ヤシガニ
長ーい脚に巨大なハサミを持った
一見不気味な見た目の、変わったヤツです。

 

 

2017020901.png

沖縄で密着!ヤシガニ

 


09.jpg
むむ。
確かに、なかなかのコワモテですな~。

 


でしょう?
このヤシガニ、スゴいんですよ。
まず大きい!
体重は6キロ、脚を広げた長さは1メートルにもなるんです。

 

 

05.jpg

えっ? 1メートルも!?

 

 

はい。
そして、強い!
陸の上に住む甲殻類の中で、世界最大、最強なんです!!

 


01.jpg
おお、そりゃ、スゴそうですな。

 


果たしてどのくらい強いのか?
番組ではヤシガニたちに協力してもらって、色んな実験をしてみました。
小手調べに金属製のパイプを挟んでみると…

 

 

2017020902.png

 金属製のパイプを差し出すと…

 

2017020903.png

 グニャリ!つぶれてしまいました

 


12.jpg
おお、曲がってる!
こりゃ、スゴ~い力だ!!

 


でしょ?
さらに「人類代表」の怪力自慢と、握力勝負!

 

 

2017020904.png

腕相撲の元世界チャンピオンと対決!

 


24.jpg
ヤシガニ VS 人類、怪力勝負の結果はいカニ!?
気になりますなぁ・・・

 


それは番組を見てのお楽しみ!
ヤシガニはどうして大きくて強いのか?
その秘密に、徹底的に迫ります!

「南の島のモンスター!ヤシガニ」。
放送は12日(日)よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。
どうぞ、お楽しみに!
(放送予定は変更になることがあります。どうぞ、ご了承ください。)