「君に見せたい東北がある」おいで、東北

[青森・下北半島編]
美濃英武さん(Mino Hidetake)むつ市役所職員
下北半島にうめぇもん食いに来さまい~
おいで青森男子
美濃 英武さん(Mino Hidetake)
むつ市役所職員

下北半島のむつ市で生まれ育った美濃さん。海が見える風景が大好きで、休みの日は海辺をドライブしたり、釣りをしたりして楽しんでいるそう。そんな美濃さんと下北ならではの素敵な風景と海の幸を楽しみながら、本州最北端を目指してレッツゴー!
(掲載している情報は平成29年8月現在の情報です)

美濃さんの「大好き♡青森」ムービー♪BGM♪ 「What makes you beautiful」/演奏:One Direction

「おいで青森」1分バージョン
「おいで青森」2分バージョン

SPOT.01ご当地グルメ!「海自カレー」

海自カレー
「今、一番アツイ!」と美濃さんが最初におすすめしてくれたのは、ご当地グルメの「海自カレー」。むつ市にある海上自衛隊大湊基地の艦艇などで出されているカレーを忠実に再現したものだそう。食べると、りんごの甘み広がるまろやかなビーフカレーでした!市内の10店舗で、違う味のカレーがいただけるそう。
大湊基地大湊基地
むつ市は、明治時代に軍港が置かれ、現在は海上自衛隊の基地の町として知られています。「海自カレー」は、基地に所属する10の部隊に協力してもらって作り上げたご当地グルメ。今年春からの取り組みで、各部隊イチオシの秘伝のレシピを伝授してもらったそれぞれの店舗が、個性的なカレーを提供しています。食べ比べるのも楽しそう♪
大湊基地護衛艦
護衛艦が停泊している風景も圧巻!「観光客もいっぺぇ見に来んだよ!」と美濃さん。
●今回ご紹介したのは…

海自カレー

(お問い合わせ)
カフェテリア 憩-ikoi- TEL:0175-29-3103
青森県むつ市桜木町3-1
営業時間 11:00~20:00(ラストオーダー 19:20)
※「海自カレー」について
海自カレー普及会(むつ市観光戦略課 内) TEL:0175-22-1111

SPOT.02本州・最北東端の岬 尻屋崎の寒立馬(かんだちめ)

尻屋崎の寒立馬01尻屋崎の寒立馬02
大湊基地から車で50分ほど走って本州最北東端の尻屋崎へ。白い灯台が建つ草原で馬がのんびりと草を食んでいました。青い空、青い海、その間にそびえる白亜の灯台、そして緑の草原でくつろぐ馬たち。心和む風景が広がります。
ここでは一年を通して馬が自然放牧されているそう。吹雪にも耐えるたくましい馬たちは、古くから「寒立馬(かんだちめ)」と呼ばれ親しまれているんだそう。
尻屋崎の寒立馬03尻屋崎の寒立馬04
「あ!見っけたど~」と、美濃さん。よく見ると、馬のほっぺにハートの模様!?
30頭以上いる馬の中で1頭だけほっぺに白いハートの馬がいるんだそう♪
尻屋崎の寒立馬05
白い灯台は、明治9年に建てられたもので、レンガ造りの灯台としては日本一の高さです。昨年、”恋する灯台”にも認定され、恋人たちの人気スポットになっているんだそう。
●今回ご紹介したのは…

尻屋崎
青森県下北郡東通村尻屋
開場:
4月1日~ 4月30日 8:00 ~ 15:45
5月1日~11月30日 7:00 ~ 16:45
※冬期閉鎖
(お問い合わせ)
東通村役場 TEL:0175-27-2111

SPOT.03ユニーク!「烏賊(イカ)様レース」

烏賊様レース01烏賊様レース02
尻屋崎から海沿いに西へドライブすること50分。「ちょっと遊ぼう!」と立ち寄ったのは、イカ漁が盛んな風間浦村です。ここではユニークなイベント、イカの泳ぐスピードを競う「烏賊(イカ)様レース」なるものが楽しめます!
1周20mのコースにイカを放ち、6人でタイムを競います。イカを買ってオーナーとして参戦するもよし、どのイカが勝つかレースを予想し、投票参加するもよし!
美濃さんは子どもたちに混じってオーナーとしてレースに参戦!さて結果は!?
烏賊様レース03烏賊様レース04
パンパカパーン! 2位☆銀メダル(?)をいただきました!
オーナーには順位ごとに、金・銀・銅の「スルメダル」が贈呈されます。
烏賊様レース05
出走したイカは、 その場で地元のかっちゃたちが裁いてくれて刺身で食べることもできます。近くの下風呂温泉に宿泊する方は、宿泊施設で調理も可能だそう。
烏賊様レース06
「イカのふと食うとまんずぅめよ~。け!(食べて!)」
●今回ご紹介したのは…

烏賊(イカ)様レース
(お問い合わせ)
活イカ備蓄センター TEL:0175-36-2112
青森県下北郡風間浦村下風呂下風呂127
予約方法:当日16:00までに電話にて申し込み
開催期間:7月中旬~10月14日 16:30集合、17:00出走
※上記以外の時間でも予約すれば実施可能

SPOT.04大間マグロを味わい尽くす

大間マグロを味わい尽くす
さらに北上すること20分。大間に到着!
今や、「マグロといえば大間!」と言われるほど、ブランド化した大間のマグロ。水揚げされたマグロのほとんどが東京の築地へと運ばれますが、漁師自らがマグロを提供しているお店もあります。美濃さんが案内してくれたお店でいただいたのは、大トロ・中トロ・赤身がのった3色マグロ丼!
大間マグロを味わい尽くす大間マグロを味わい尽くす大間マグロを味わい尽くす
マグロだけでなく、大間で水揚げされた鮮度抜群の海の幸が味わえます。
「うますぎて言葉になんね」。美濃さんの顔もほころびます♪
大間マグロを味わい尽くす大間マグロを味わい尽くす
このお店では、週に1~4回ほどマグロの解体ショーもしているそうで、この日も、迫力の大間マグロを体感できました!
●今回ご紹介したのは…

大間マグロ
(お問い合わせ)
魚喰いの大間んぞく TEL:0175-37-5633
青森県下北郡大間町大間字大間平17-377
営業時間 8:00~18:00
不定休
※解体ショーは、マグロ漁期間内の7月~年内いっぱいで、不定期開催。

SPOT.05本州最北端!大間崎から望む津軽海峡と夕日

本州最北端の大間崎01本州最北端の大間崎02
ついに、旅のゴール、本州最北端の大間崎へ到着!
美濃さんが「ぜひ見てほしい」と言う景色が、津軽海峡に沈む夕日です。
夕日の時刻まで、記念碑やオブジェと記念撮影しながら時間を過ごします。近くのお土産屋さんや大間町観光協会では最北端到達証明書も配布しているので、立ち寄るのもおすすめです。
本州最北端の大間崎03
旅の締めくくりは水平線に沈む夕日にうっとり。
本州最北端の大間崎04
●今回ご紹介したのは…

大間崎
青森県下北郡大間町大間字大間平17-1
※最北端到達証明書は、大間崎レストハウスで 9:00~17:00 受付
(お問い合わせ)
大間町役場 産業振興課 TEL:0175-37-2233

下北でしか味わえねぇことがいっぺぇ待ってる。
下北でしか味わえねぇことがいっぺぇ待ってる。
視聴者のみなさまへ
番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
また、掲載されている情報は平成29年8月現在の情報です。ご了承ください。
行ってみたい!と思ったらシェアしてね♡