「君に見せたい東北がある」おいで、東北

[宮城・亘理 山元編]
田口 雄さん(Taguchi Yu)塾講師
おいで宮城男子
田口 雄さん(Taguchi Yu)
塾講師
山元町生まれの田口さん。
宮城の大学を卒業後に上京しましたが、東日本大震災の被害にあった地元に貢献しようと帰郷。 中学生を中心に子どもたちに数学を教える塾講師の仕事をするかたわら、仮設住宅に住む子どもたちにも無償で勉強を教えるボランティア活動も行っています。
地元の赤くてめんこいものを見に行くべ!

田口さんの「大好き♡亘理 山元」ムービー
♪BGM♪ 「19 in 99」 Nick Carter


SPOT.01進化した「いちご狩り」と「いちごグルメ」♪

田口さんがまっさきに紹介してくれたのが、東北1の生産量を誇る亘理・山元のいちご。 東日本大震災で津波の大きな被害を受けましたが、震災から5年、ほとんどの農家が復活!真っ赤ないちごはまさに復興の象徴となっています。 さらに、復活しただけでなく進化もしているんです!いちご農園では、チョコフォンデュを楽しんだり、いちごのかぶりもので記念撮影をしたり出来ます。 ユニークないちごのピザやカレーまで提供!ちょっと変わったいちごを楽しんでみませんか?
体験して!進化した「いちご狩り」と「いちごグルメ」♪
体験して!進化した「いちご狩り」と「いちごグルメ」♪
●今回ご紹介したのは…
いちご狩り「ICHIGO WORLD」いちごがり いちごわーるど
(問い合わせ)「株式会社GRA」宮城県亘理郡山元町山寺字桜堤47
TEL:0223-37-9634
木曜定休(金曜日は午後1時~)*いちごがなくなり次第終了
いちご狩りは3月中旬~5月31日まで営業予定
※いちごのチョコフォンデュは土日、祝日限定です。
※かぶりものでの記念撮影はいつでも楽しめます。

いちご農園のカフェ「Berry Very Labo」べりーべりーらぼ
(いちごピザ・いちごカレー)
宮城県亘理郡山元町山寺字稲実60
TEL:0223-37-4356 年中無休
進化した「いちご狩り」と「いちごグルメ」

SPOT.02真っ赤なカニが入った贅沢ラーメン!

田口さんのオススメグルメは、地元の新鮮な食材を使ったラーメン!
ステキな笑顔で迎えてくれる店主の山川さんは、亘理町の沿岸、荒浜で30年以上民宿を営んでいましたが、東日本大震災で民宿は全壊。 しかし地元の声におされて昨年6月、食事処として復活しました。
1日5食限定の赤ガニが丸ごと入ったラーメンはボリュームも地元愛もたっぷり!田口さんもリピーターで何度も訪れているそう♪
真っ赤なカニが入った贅沢ラーメン!
真っ赤なカニが入った贅沢ラーメン!
●今回ご紹介したのは…
「見晴」みはる
宮城県亘理郡亘理町東郷147-7
TEL 0223-36-9909 火曜定休 月1回月曜日休み

SPOT.03被災地で生まれた 真っ赤な「フグロ」がかわいい☆

かつて亘理町に暮らす人たちは、贈り物をする時に古い着物の残った布で仕立てておいた「袋」に入れて渡していたそうです。
震災後、地元の女性の手仕事として新たに復活した「フグロ(袋)」は、海外でも高い評価を得ていて、カードケースやヘアピン、シュシュなどさまざまな小物にも応用されています。
2月にオープンしたカフェスペースでは、気仙沼や仙台など県内各地から仕入れたお茶やお菓子を提供しているそうで、手芸体験も出来ます。田口さんのように、オリジナルの作品を作るのも楽しそう!
被災地で生まれた 真っ赤な「フグロ」がかわいい☆
被災地で生まれた 真っ赤な「フグロ」がかわいい☆
●今回ご紹介したのは…
「WATALIS(ワタリス)」「中町カフェ」わたりす なかまちかふぇ
宮城県亘理郡亘理町字中町22 TEL 0223-23-1975
土・日・祝日 定休

「おいで、宮城男子 田口さんのオフショット♪」

山と海に囲まれた暮らしやすい環境に感謝しています
大学を卒業後、上京した田口さん。料理が得意で飲食店で店長を勤めるなど、いつかは地元で店を開きたいと考えていました。
そんな時、東日本大震災が発生。大きな被害を受けた地元に貢献したいと帰郷し、知人の紹介で仮設住宅に住む中学生に勉強を教えるボランティアを始めました。
勉強を教えていると、震災の影響で環境が変わってしまった子どもたちのとまどいに気付いたといいます。 そんな子どもたちの様子に、「勉強だけではなく、気持ちの面でも支えてあげたら…」と真剣な眼差しで話す田口さん。
将来の夢は、子どもたちの通う塾に飲食店を併設した施設を建てることなんだそう♪
趣味はバスケ!毎日のように仕事が終わると仲間で集まって体を動かします。塾に通う子どもたちと楽しむこともあるとか。
「帰郷して、まもなく2年が経ちます。改めて地元の人のあたたかさ、山と海に囲まれた暮らしやすい環境に感謝しています。
もっとたくさんの人に来て頂いて、地元のよさを知ってもらいたい、住んでほしい!くらいオススメします!」
視聴者のみなさまへ
番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
また、掲載されている情報は平成28年4月現在の情報です。ご了承ください。
行ってみたい!と思ったらシェアしてね♡

行ってみたい!と思ったらシェアしてね♡
お便り募集中!
詳しくはこちら♪

「君に見せたい東北がある」おいで、東北

「君に見せたい東北がある」
トップへ戻る