「君に見せたい東北がある」おいで、東北

[福島・会津若松編]
川井 辰也さん(Kawai Tatsuya)美容師
おいで福島男子
川井 辰也さん(Kawai Tatsuya)
美容師
会津若松市生まれ、お酒大好きの会津男子。美容専門学校を卒業後、美容師の道へ。
趣味のカメラと美容師の腕を活かして、美容師仲間と雑誌を発行するなど、福島に住む人の魅力を全国にPRしています。
おいしい空気、米、水、酒がそろっている会津、ぜひいらんしょ!

川井さんの「大好き♡会津若松」ムービー
♪BGM♪ 「19 in 99」 Nick Carter


SPOT.01酒蔵探検と日本酒のキラキラスイーツ♪

酒造りがさかんな会津のおすすめスポットとして川井さんが紹介してくれたのは、およそ170年もの歴史がある酒蔵
この酒蔵ではなんと、予約不要・入場料無料で蔵人の方が解説をしながら見学案内をしてくれます。
タイミングが合えば、秋~冬の時期は、酒造りの工程を見ることも出来るそう。 そして酒蔵に併設されているのがオシャレなカフェ♪お酒を使ったスイーツはもちろん、仕込み水を使ったコーヒーも味わうことができます。
酒蔵探検と日本酒のキラキラスイーツ♪
酒蔵探検と日本酒のキラキラスイーツ♪
●今回ご紹介したのは…
「末廣酒造 嘉永蔵」すえひろしゅぞう かえいくら
「蔵喫茶 杏」くらきっさ きょう
福島県会津若松市日新町12-38 TEL:0242-27-0002
12月31日・1月1日 定休 ※蔵喫茶は水曜定休
※見学は入場無料・予約不要(団体は要予約) 午前9時から30分毎に案内
酒蔵探検と日本酒のキラキラスイーツ♪

SPOT.02伝統も新デザインも! 愛情たっぷりの会津の手仕事♪

会津若松駅のお隣「七日町駅」からすぐにある「七日町通り」は、城下町の歴史を感じさせる建物が多く残る、散策にぴったりなスポット。 おしゃれなカフェや雑貨店などが軒を連ねる街並みではついつい写真を撮りたくなっちゃうほど雰囲気が○。
また、「会津漆器」「会津木綿」、「絵ろうそく」といった、昔から会津に伝わる手仕事にも触れることができます。
伝統の技に感動したり、新しいデザインとの融合に心躍らせたりと、雑貨好きなら訪れてみたい場所♪
川井さんが紹介してくれたおちょこは、「かわいい」をコンセプトに、木材ではなくガラスに漆を塗った新しい漆器。 漆器の概念を覆すようなカラフルなデザインに目を奪われます。「マイおちょこ」で飲むお酒は格別な味がしそう♪
伝統も新デザインも! 愛情たっぷりの会津の手仕事♪
伝統も新デザインも! 愛情たっぷりの会津の手仕事♪
●今回ご紹介したのは…
「工房 鈴蘭」(漆のおちょこ)こうぼう すずらん
福島県会津若松市七日町3-29
TEL 0242-85-6654 月曜定休(祝日は翌日定休)

「もめん糸」 (会津木綿専門店)もめんいと
福島県会津若松市七日町3-31
TEL 0242-27-8663 木曜定休

「関漆器店」 (会津漆器販売店)せきしっきてん
福島県会津若松市七日町3-36
TEL 0242-85-7211 不定休

「ほしばん絵ろうそく店」ほしばんえろうそくてん
福島県会津若松市七日町3-33
TEL 0242-27-1873 無休

SPOT.03日本酒で一杯!にピッタリな郷土料理

やっぱり旅といったら地元のグルメ!会津には日本酒にピッタリな郷土料理がたくさん!
なかでも川井さんのお気に入りは「馬刺し」
馬刺しというと、ニンニクやショウガを連想しますが、会津では「辛みそ」で食べるのが定番で、これが絶品なんだそう!
また、馬刺しは部位によっても味わいが違うのが魅力だそうで、赤身やタテガミといった定番以外にも、「ホーデン」「ユビヌキ」「フタエゴ」なんて変わった名前のお肉も…! 日本酒とともに会津の夜を満喫してみては?
日本酒で一杯!にピッタリな郷土料理
日本酒で一杯!にピッタリな郷土料理
●今回ご紹介したのは…
「料理旅館 田事」(会津の郷土料理)りょうりりょかん たごと
住所 福島県会津若松市城北町5-15
TEL:0242-24-7500 不定休

「鶴我 會津本店」(馬刺し専門店)つるが あいづほんてん
住所 福島県会津若松市東栄町4-21
TEL:0242-29-4829 不定休

おいで福島男子 川井さんのオフショット♪

視聴者のみなさまへ
番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
また、掲載されている情報は平成28年4月現在の情報です。ご了承ください。
行ってみたい!と思ったらシェアしてね♡

行ってみたい!と思ったらシェアしてね♡
お便り募集中!
詳しくはこちら♪

「君に見せたい東北がある」おいで、東北

「君に見せたい東北がある」
トップへ戻る