「君に見せたい東北がある」おいで、東北

[福島・土湯温泉編]
渡邉 樹璃案さん(Watanabe Jurian)旅館 若旦那
おいで福島男子
渡邉 樹璃案さん(Watanabe Jurian)
旅館 若旦那
土湯温泉の旅館に生まれ育った渡邉さん。福島第一原発事故の影響で苦境に陥った故郷を盛り上げようと奮闘しています。「イケメン若旦那に会える温泉街」をコンセプトに、仲間の若旦那5人で、それぞれのキラリと光る個性を活かして温泉街をアピール中!
おれの自慢の土湯温泉を案内するよ。

渡邉さんの「大好き♡福島市」ムービー


SPOT.01温泉街をぶらり♪歩いて発見!

福島市の中心街から車で30分。吾妻連峰と安達太良山の山間にある土湯温泉。渓流沿いに大小17軒の宿が点在します。
「土湯を楽しむには、温泉街をのんびり散歩するのが一番!」と渡邉さん。さて、何が見つかるかな?
温泉街をぶらり♪歩いて発見!
温泉街をぶらり♪歩いて発見!
●今回ご紹介したのは…
土湯温泉・足湯・サイダーつちゆおんせん (お問い合わせ)
土湯温泉観光案内所 TEL :024-595-2217
福島市土湯温泉町字上ノ町1
営業時間 8:30~17:30

ちぎりこんにゃく
(お問い合わせ)
こんにゃく工房金蒟館きんこんかん TEL :024-595-2044
福島市土湯温泉町字上ノ町11
営業時間 9:00~17:30 定休日 水曜日

温泉卵
(お問い合わせ)
福島名産品本舗 おんせんたまごの森山 TEL :0120-25-0583
福島市土湯温泉町字下の町18
営業時間 8:30~19:00
酒蔵探検と日本酒のキラキラスイーツ♪

SPOT.02伝統の土湯こけし 絵付けに挑戦!

江戸時代末から東北の温泉土産として愛されてきたこけし。土湯こけしは、小さめの頭とほっそりした胴で、女性的なシルエットが特徴。 頭はろくろを回しながら描く、黒一色の「蛇の目」模様で、ほほ笑みかけているような表情がなんとも魅力的。 160年の歴史があり、工人さんたちが伝統を守りながら次々と新しいこけしを生み出しています。
そんなこけしの里・土湯で、「絶対に体験すべき!」と渡邉さんがすすめてくれたのが、こけしの絵付け。 完成したこけしは自分に似るんだとか。工人さんに教わりながら、世界にただ一つのオリジナルこけしを作ってみては?
伝統の土湯こけし 絵付けに挑戦!
伝統の土湯こけし 絵付けに挑戦!
●今回ご紹介したのは…
土湯こけし 絵付け体験つちゆこけし えつけたいけん
(お問い合わせ)
土湯温泉 まつや物産  TEL :024-595-2156
福島市土湯温泉町下ノ町25
営業時間 8:00~17:30 (10人以上の場合は要予約)

SPOT.03温泉街のニュースポット! 若旦那に会えるBAR

土湯を魅力あふれる温泉地にしようと奮闘している渡邉さん。そんな渡邉さんの心強い仲間が温泉宿の若き経営者たちです。
仲間たちと新たにプロデュースしたのが、夜の土湯をもっと楽しめるスポット!若旦那自らお客をおもてなしするBARです。 内装も外装も手作りで、メニューも自分たちで考案。土湯愛あふれる新名所“若旦那BAR” に行ってみては♪
温泉街のニュースポット! 若旦那に会えるBAR
温泉街のニュースポット! 若旦那に会えるBAR
●今回ご紹介したのは…
若旦那に会えるBAR
(お問い合わせ)
旅館山水荘 渡邉利生(わたなべりお) TEL :024-595-2141
福島市土湯温泉町下ノ町13
営業時間 21:00~ (不定休)

おいで福島男子 渡邉 樹璃案さんのオフショット♪

大学卒業後、イベント会社で企画運営や会場設営の仕事をしていた渡邉さん。その経験が若旦那として活躍する今も役立っているそう。 活動を共にする若旦那たちも、建築デザインや設計、料理人、経理のエキスパートなどそれぞれに得意分野があり、一人一人の知恵を結集して新しい挑戦を続けています。
余談ですが、若旦那5人で一緒に温泉に入ったのは今回が初めてだったそう。「よい機会をもらって、新鮮で楽しかった」と話してくれました。 裸のつき合いを経て、若旦那たちの仲もますます深まったかも…?!
視聴者のみなさまへ
番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
また、掲載されている情報は平成28年10月現在の情報です。ご了承ください。
行ってみたい!と思ったらシェアしてね♡

行ってみたい!と思ったらシェアしてね♡

「君に見せたい東北がある」おいで、東北

「君に見せたい東北がある」
トップへ戻る