「君に見せたい東北がある」おいで、東北

[福島・裏磐梯編]
渡邊 亮さん(Ryo Watanabe)
おいで福島男子
渡邊 亮さん(Ryo Watanabe)
山岳ガイド
裏磐梯と同じ会津地方の会津坂下町出身の渡邊さん。幼い頃から地元の野山を駆け回って遊んでいたそうです。
一度一般企業へ就職したものの、「地元・会津の自然の中で暮らし、自然の楽しさを伝える仕事がしたい!」と一念発起、スノーボードをしによく訪れていた裏磐梯で山岳ガイドになるため福島にUターンしてきました。
四季によって違う楽しみがある、という裏磐梯の「遊び方」を自らも楽しみながら伝えています。
今日は裏磐梯でいっぱい遊ぶべ!

渡邊さんの「大好き♡裏磐梯」ムービー
♪BGM♪ SPIRAL LIFE「ANOTHER DAY,ANOTHER NIGHT」


SPOT.01大自然の中でトレッキング&スノーボード!

大自然の中でトレッキング&スノーボード!
大自然の中でトレッキング&スノーボード!
冬山の遊びとして渡邊さんがおススメするのがスノーシューを履いての「トレッキング」
雪深い森の中、自然を愛でながらゆっくり歩きます。
水蒸気が木の枝に付着し、凍った「霧氷」や、その霧氷が木全体を覆う、「スノーモンスター」の異名を持つ「樹氷」など、裏磐梯の環境が作った「自然の造形美」はまさに圧巻。
フカフカの新雪の上に残るのは野生動物たちの足跡。運がよければウサギやリスに出会えることも。
スノーボードが趣味の方には、圧雪がされていないありのままの雪の上でのスノーボード「バックカントリースノーボード」も楽しめます。
●今回ご紹介したのは…
「自然の中でトレッキング・スノーボード」
裏磐梯猫魔スキー場付近
(問い合わせ)もくもく自然塾 福島県耶麻郡北塩原村桧原小野川原1092-38 
Tel: 0241-23-9018 ※渡邊さんがガイドを務める会社です。

※「バックカントリー」と呼ばれる、スキー場のコース外の圧雪されていない場所で滑りを楽しむスキーやスノーボード、トレッキング等は、冬山登山と同じ技術や知識のほか、入山届の提出、装備、プロのガイドの付き添いなど、十分な安全対策が必要です。


SPOT.02会津自慢の大迫力ソースカツ丼

大迫力のソースカツ丼
大迫力のソースカツ丼
裏磐梯が位置する会津地方に行ったら絶対に食べたいグルメが「ソースカツ丼」
地元の人にこよなく愛されるご当地グルメで、ご飯の上にキャベツと、存在感がハンパ無い甘辛いソースをからめたカツ!を乗せたボリューム満点の逸品。アクティブに自然の中で遊んだあとの、ペコペコなお腹にピッタリ!
お店によって味付けや盛り付けの個性が違うそうで食べ比べも楽しいかも!
●今回ご紹介したのは…
「裏磐梯 桧原湖 ワカサギ釣り こたかもり」のお食事処
福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字桧原山1096 Tel: 0241-32-2334

SPOT.03“こい”のパワースポット

“こい”のパワースポット
“こい”のパワースポット
裏磐梯には大小300を超える湖沼が点在しています。そのうちの一つ「毘沙門沼」は、近年、ある生き物にちなんだ「恋愛のパワースポット」として人気を集めています。
その生き物とは沼に住む魚の「コイ」。1匹だけ、くっきりとハートの模様のコイがいるんです。
そのコイと出会えた人には素敵な「恋」が訪れるとか…
とは言え、ハートのコイに出会うには天候や気象状況、何よりコイの気分と運が必要。ハートのコイと一緒にあなたの恋も一緒に探してみてください。
●今回ご紹介したのは…
「毘沙門沼」びしゃもんぬま
福島県耶麻郡北塩原村大字桧原
(問い合わせ)裏磐梯観光協会 Tel: 0241-32-2349
視聴者のみなさまへ
番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
また、掲載されている情報は平成28年1月現在の情報です。ご了承ください。
行ってみたい!と思ったらシェアしてね♡

行ってみたい!と思ったらシェアしてね♡

「おいで裏磐梯男子の渡邊さんに聞きました。」

都会のけん騒から離れて癒やされに来てほしい
深く積もった雪の中をスノーシューで歩きながら、目の前に広がる森を見て渡邊さんが話してくれました。
「森があって、湿原があって、渓谷があって、まるで天国のような場所ですよ」

小さい頃から野山を駆け回って遊んでいたという渡邊さん。大人になってからもアウトドアスポーツが趣味で、一般企業で働きながら、冬は福島の雪山に遊びに戻ってきていたと言います。
「ずっと親しんできた裏磐梯の自然の中で暮らしたい。山遊びが仕事にできたら…」という思いが強まり、脱サラして現在の山岳ガイドになりました。

雪深い森の中は本当に静かで、時折鳥の声も聞こえます。
「音の無い世界にいられることは、実はものすごい贅沢なことなんですよ。生活音がしない場所って山の中くらいしかないですからね。」
一歩間違えば、危険を伴う山遊び。ちょっと敷居が高いようにも思えますが、渡邊さんはまずは来てみてほしい、と話します。
「きちんとルールを守って、私たちのようなガイドをともなって頂ければ安全に楽しめます。ぜひ、都会のけん騒から離れて癒やされにきてほしいですね」

「君に見せたい東北がある」おいで、東北

「君に見せたい東北がある」
トップへ戻る