2021年04月05日 (月)

だっちゃ通信<4月5日(月)>~岩手県一関市から~

だっちゃ通信は、岩手県一関市の佐藤晄僖さんでした。

今日は一関市内を流れる磐井川堤防の桜並木について教えてもらいました。

古くから水害常襲地帯だった北上川下流域は、昭和22年のカスリン台風

翌23年のアイオン台風で壊滅的な被害を受け、市民が一丸となって復興に取り組みました。

その時、復興の願いを込めて約200本の桜を植えたのが最初です。

それから約60年が経ち、堤防改修工事に伴い、桜を伐採しましたが、

遺伝子を継ぐ桜を再生させようと、接ぎ木による苗木の育成を行ったそうです。

その桜は平成26・30・31年に市民によって植えられ、現在高さ3m、幹の太さ10cmに。

思いをつなぐ、桜並木なんですね。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:55


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top