2020年05月14日 (木)

だっちゃ通信<5月14日(木)>~利府町から~

だっちゃ通信は、利府町の櫻井勝男さんでした。

梨で有名な利府町に、136年生き続ける梨の木があります。

梨栽培の始まりは、1884(明治17)年。150本の苗木を植えました。

その中の1本が、今も十符の里プラザ(利府町公民館)の向かいにあります。

品種は真鍮梨(しんちゅうなし)。いまも実をつけていますが、完熟する前に落ちてしまうので、

残るのはゴルフボールほどの大きさの約300個だとか。

利府では「自分で作ったものは自分で売る」という販売方法をとっていて、

町内50軒ほどの直売所で買うことができます。

利府のおいしい梨を、ぜひ利府で食べてみてください。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:18


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top