2021年2月18日

2021年02月18日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和3年2月18日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

雪や寒さは続きますが、少しずつ日が長くなってきてうれしいこのごろです。

 

今日は「防災研究最前線」。

東北大学災害科学国際研究所の寺田賢二郎教授に、

開発中の「X-GIS」についてお話を伺いました。

 0218terada.JPG

「X-GIS」は地図上にさまざまなデータを入力することで、

建物の倒壊リスクや災害の危険性を可視化できるシステム。

津波や地震、浸水など災害の危険性をシミュレーションで示せるほか、

避難所の場所を決めたり、防潮堤に必要な高さを算出したりと、

災害に強いまちを設計するために活用することもできます。

 

「防災教育や、防災が学べるまちづくりゲームなどにも使っていきたい」

と、防災に関するさまざまな活用方法を構想している寺田教授。

現在開発中とのことですが、実用化され、

多様な分野で目にするようになるのを心待ちにしています。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の石崎崇人さんでした。

先日の地震を受け、「旅先で地震にあったときの備え」を伝えてくれました。

地図や現金、保険証、常備薬、マスクなどを携帯しておくこと。

外にいるときに地震が起きたら、近くの一時滞在所や避難所、

災害時帰宅支援ステーションを調べて活用することなど

普段から心がけたほうがいいことを教えてくれました。

 

【曲】

 samidare/崎山蒼志

雪解けへ/Coupie

 

※明日のメッセージテーマは「災害医療」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:32 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年02月18日 (木)

だっちゃ通信<2月18日(木)>~蔵王町から~

だっちゃ通信は、蔵王町の佐々木文彦さんでした。

伝統こけし「遠刈田系」の発祥地・蔵王町にある「みやぎ蔵王こけし館」では、

3月21日(日)まで「こけしびなまつり」を開催しています。

東北各地のこけし工人が作った「こけし雛」約100体を展示・販売します。

同時開催の「変わり雛展」も注目です。

山形県米沢市の木彫玩具「お鷹ぽっぽ」の職人が作る一刀彫のこけし雛などを展示しています。

詳しくは、みやぎ蔵王こけし館(TEL0224-34-2385)へ。

そして、蔵王町を訪れた際には、町内産いちごを使ったスイーツをどうぞ。

洋菓子店を営む佐々木さんも「蔵王産いちごのシュークリーム」を販売しているそうです。

 

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:23 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top