2021年2月 8日

2021年02月08日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和3年2月8日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

ぽかぽかの春の日差しが待ち遠しいですね。

鍋でも食べて温まりつつ、体調管理しっかりしなければ。気を引き締めてまいります!

 

今日の話題は震災伝承と、舞台。

岩手県大船渡市を拠点に震災を伝承するミュージカルの制作をする

合同会社「みんなのしるし」代表の前川十之朗さんに、電話でお話を伺いました。

0208maegawa.jpg

震災発生当時、前川さんは舞台の演出の仕事でドイツに滞在中でした。

その後、防災科学技術研究所の委託取材員として大船渡へ。

舞台製作者としての、土地の歴史や風土から作品を創るフィールドワークの方法が、

被災地での口伝を収集する仕事に活かされたのだそうです。

震災の経験を話してくれた方に対し、

「必ず未来の子どもたちに伝えるから、と話してきた」という言葉が印象的でした。

その膨大な証言のアーカイブを、防災の研究だけでなく、

子供たちに広く伝えていこうと始まったのが、震災伝承のミュージカルの制作。

中でも今年1月制作された、証言をオムニバスの物語にした舞台『いのちのかたりつぎ』は、

仙台と鎌倉の2都市で上演されました。

和合亮一さんの詩から構成された演目の中で歌われた合唱『朧月夜』、

舞台のエンディングで歌い踊られた、岩手の郷土芸能「剣舞」をもとにした楽曲『こっちゃこ』は、

生で舞台を拝見した時もそうでしたが、音源を聴いても、胸が震えました。

魂が揺さぶられるってこういうことか…と、聴き入ってしまいました。

郷土芸能、カッコいい。私もやってみたくなります。

演劇や、俳優の役割は、まだまだあるな。と、私自身が勇気を貰いました。

舞台というフィクションの力を借りて、震災のこと、三陸の郷土芸能の魅力、

多くの方に広く伝わってほしいなと、強く思いました。

 

「佳南の夕暮れ劇場」は、大河原町にある、えずこホールの児童劇団

AZ9(アズナイン)ジュニア・アクターズの公演

『しばた観音サミット~地球温暖化対策会議~』のご紹介でした♪

柴田町にあつまって開催されたサミット。果たして、観音様による究極のクリーンエネルギーとは!?

子供たちがのびやかに演じる、大勢の観音様たちのフレッシュなパワーを、

えずこホール(大ホール)にて、感じてください♪

 

 【曲】

六兆年と一夜物語/和楽器バンド

 

※明日のメッセージテーマは「『麒麟が来る』の感想」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:01 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年02月08日 (月)

だっちゃ通信<2月8日(月)>~富谷市から~

だっちゃ通信は富谷市の佐藤紀雄さんでした。

3月28日(日)、富谷宿観光交流ステーション 愛称「とみやど」がプレオープンします。

宿場町の面影が残る「しんまち地区」の旧内ケ崎醤油店の跡地に整備された施設で、

茶屋やジェラート店、ラーメン店、富谷はちみつ販売、陶芸教室などがあります。

マルシェ広場やイベントステージもあり、季節ごとにイベントも開催される予定です。

詳しくは、富谷市企画政策課(TEL022-358-0517)へ。

 

もう一つ、開催中の催しがあります。

2月14日(日)まで富谷市役所交流ホールで「年賀状(丑)と絵手紙展」を開催しています。

市内で活動している「富谷絵手紙を書く会」による、数百種類の絵手紙を展示しています。

詳しくは、富谷市生涯学習課(TEL022-358-5400)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top