2019年7月 4日

2019年07月04日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和元年7月4日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

今日は誰でも簡単に漫才が作れてしまう魔法のノート「お笑いノート」を開発した

『コトバマグネット』プロジェクト代表の中田敦夫さんにお越しいただきました。

 0704nakata.JPG

この「お笑いノート」、ノートの見開き1ページの空欄をステップ通りに

埋めていくと自然と漫才ができてしまう、画期的なノートなんです!

番組中にも杉尾さん、星川さんと一緒にやってみましたが、

発想力が鍛えられてとても楽しく、子供の教育にはもちろん、

大人の研修やビジネスにも活用できそうだと感じました。

 

子供は学校で「正解」を教えられるのに慣れており、

インターネットを検索すれば「正解」にもすぐに出会えますが、

中田さんは「この正解のない時代に、子供のころから自由な発想を認めて

創造性を伸ばし、自信を高める取り組みをしていきたい」といいます。

「お笑いノート」で子供たちが自分でも気づけなかった可能性に気づき、

さらに周りの友達や家族を笑わせることができて、自信につながる。

ノートを中心に幸せな世界が広がっていくのだろうな、と感じました。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の松浦亜実さんでした。

山形県鶴岡市出身で、先月の山形県沖を震源とした地震について、

ご実家の周辺の様子や、沿岸の避難行動についても話してくれました。

松浦さんは各地へ行くとき、全国の避難所がわかるスマホアプリで

災害時にどこへ避難すればいいのかを確認しているとのこと。

意識の上でも、平時の備えの重要さを教えてくれました。

 

【曲】

太陽がいっぱい/徳永英明

 

※明日のメッセージテーマは「AI(人工知能)」です

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:24 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2019年07月04日 (木)

だっちゃ通信<7月4日(木)>~首都圏から~

だっちゃ通信は、首都圏から田辺希さんでした。

被災地に音楽とお菓子を届ける活動をしている、「NPO法人あっちこっち」を紹介しました。

代表理事の厚地美香子さんは、音楽事務所に勤務した経験から、芸術分野での支援活動をしようと設立。

2011年の東日本大震災後、七ヶ浜町に入り、縁ができたことで、

同年9月から毎月、七ヶ浜でカフェ・コンサートを開きました。

4~5年は毎月通い、熊本地震の被災地にも支援をしているそうです。

現地に行くことができなくても、手作りのお菓子を贈ることで、心と心の交流を続けているとのこと。

今日もお菓子を届ける会が開かれ、アーモンドのクッキーを贈ったということでした。

 

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:50 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top