2018年5月10日

2018年05月10日 (木)

【ゴジだっちゃ!】平成30年5月10日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

今日は東北大学災害科学国際研究所の平野勝也准教授(写真)をお迎えして

「防災研究最前線」をお届けしました。

0510hirano.JPG

人口減少時代にどんな街づくりをしていくべきなのか?という問いは、

被災地が特別なのではなく、全国のあらゆる地域が抱えている課題です。

高度経済成長の中で確立された、

全国どこでも画一的なモノを効率的に建設する技術が、

街の個性や独自性が求められる現代には、そぐわなくなっているというお話。

「街の個性や人々の生き方の自由」と「国による安全面での居住規制」を

どのようなバランスで実現すべきなのか?という、思想としてのお話。

どれも学びが多く、過去に取材した被災地のさまざまな風景が目に浮かんできました。

 

被災した地域では「震災前」から存在していた過疎などの課題が、

震災によって加速した・顕在化したケースが多いと感じています。

これからもあらゆる土地に行き、地域が抱える課題を

人に会ったり、肌で感じたりしながら、

今日の平野さんのお話を、私なりに考え続けていきたいと思いました。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の吉成仁紀さんでした。

今日は「火山」の防災について伝えてもらいました。

活火山周辺では自治体が「ハザードマップ」を公開しているというお話。

自分の街や、観光に行く場所のハザードマップを確認して、

災害時の予測や避難所の確認に役立てたいですね。

 

【曲】

強く/熊谷育美

月下の踊り/taca-WIND OF LEGEND

 

☆明日のメッセージテーマは「昭和なお菓子」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:59 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2018年05月10日 (木)

だっちゃ通信<5月10日(木)>~首都圏から~

だっちゃ通信は、首都圏から田辺希さんでした。

神奈川県の三浦市農業協同組合は、東日本大震災の年から、

毎年旬の野菜を南三陸町に届けています。

三浦市に南三陸町出身の方がいたことがきっかけで始まった活動。

2014年からは独自に行っていた、JAよこすかと葉山と合同で行っています。

いつもは3月ですが、今年は天候などの影響で成長が遅れ、4月に送ったとか。

670箱の春キャベツと大根が届けられました。

 

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top