2020年05月19日 (火)

5月19日(火)放送「短歌の時間」

入選歌

父よりも長くは生きているものの五月の空に越されぬ背中(仙台市太白区 畠山正博さん)

春なのに行くな来るなのコロナ禍よ手作りマスクに腕をあげしか(仙台市太白区 千葉洋子さん)

一錠の薬も生きる糧として三密守るタケノコぐらし(岩沼市 西尾律子さん)

理屈では分っていても女房に言われ腹立つ己が小ささ(東京都北区 破れ蓮さん)

休校が僕を悩ます初めての公民だけが解けない課題(仙台市青葉区 横溝惺哉さん)

 

添削歌

【原作】窓開けて日なたぼっこをしているとすずめ寄って来て話し掛けおり

【添削】窓開けて日なたぼっこに寄り来たるすずめは声を掛ければ応う

~添削ポイント~

短歌表現は日常を加工することです。

観察したことをドラマチックに表現できないかいろいろ試しましょう。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:51


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top