2017年06月27日 (火)

6月27日(火)放送「短歌の時間」

入選

梅雨入りも雨を降らさぬ西の神何に忖度してのことやら(仙台市青葉区 末の松山さん)

玄関におばあちゃーんと高き声耳にためおき小出しに使う(仙台市太白区 斉藤栄子さん)

いづくにか必ず有りなん空見上げ夏の闇でも慈雨と呼ぶ人(千葉県木更津市 安田蝸牛さん)

辞書を手に残り火もやす天眼鏡未知なる世界へ一歩ふみ出す(仙台市青葉区 佐久間武さん)

よく見れば蛾も美しいはずなのになぜか嫌われ蚊帳の外なり(兵庫県明石市 小田慶喜さん)

 

添削コーナー

【原作】満開の花に浮かれた春遠く木陰が桜と気付かず通る

【添削】満開の花は過ぎたりたちまちに木陰が桜と気付かず通る

~添削ポイント~
桜に繋がる言葉(満開・花・浮かれ・春)が多く、焦点がぼやけています。
副詞「たちまち」を使うことで、理屈っぽさを低減しました。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:28


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top