2021年04月16日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月16日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

あたたかかったりひんやりしたりで、何を着て外に出ようか迷いますね。

吉田晴香さんの「晴香の方言天気」だったら、どうアドバイスしてくれるかな

と、ときどき想像します。

 

<だっちゃ通信>は宮城県大崎市から、宮城の気候に合わせて作られた

宮城県オリジナル酒造好適米「吟のいろは」の話題。

世界農業遺産・大崎耕土で育てられた「吟のいろは」の特等米だけを使った

お酒「吟のいろは」は、ホヤの刺身によく合うそう。

聞いているだけでマスクの中でよだれが…。

 

<音の日記帳>は、仙台市地下鉄東西線 荒井駅周辺の音。

開発が進む地域ではありますが、駅のすぐそばには田んぼが広がります。

せんだい3.11メモリアル交流館とこども園が併設されていて

展示を見ているときにも、こどもたちの元気な声が聞こえてくることもあります。

最後のほうの子どもたちの話し声に、にこにこしちゃいました。

菅原さんのふさふさの猫みたいなマイクに集まってきたのかな。うふふ。

沿岸部への入り口、いままで・いま・これからが交差する

私も好きな音の風景です。

 

今日から始まった新コーナー<天文・ギモン・ほんまもん>

国立天文台水沢VLBI観測所所長・教授の本間希樹さんをお招きして

ブラックホール研究のその後について、お話していただきました。

0416honma.JPG

先日発表されたばかりのブラックホールのジェット撮影についても

教えていただき、「おとな科学電話相談」気分であれこれ質問しちゃいました。

(「子ども科学電話相談」の大ファンでして、大変うれしいです…!)

世界中のたくさんのひとが「ブラックホールを見たい、知りたい」という

同じ思いのもとで、それぞれの場所で、自分の利益を求めることなく

力を合わせて研究に励んで成果を出している、というお話が心に残っています。

政治や経済、環境の問題もそんなふうに解決していけたらいいのに…

と思っちゃいます。ほんとうに。

観測所の住所が「星ガ丘町」なのもすてきです。

HPを見ると、住所と並んで緯度と経度が書いてあるのも好きです。

コロナが収まったら見学に行ってみたいなぁ。

 

コーナーが始まる前の「天文・ギモン・ほんまもん」の音声の最後

「ほんまもん」は本間先生の声です。

次回はぜひタイトルから耳をそばだててみてくださいね。

 

しばらくはあいにくのお天気が続きそうですが

来週後半には、また星空が見えるでしょうか。

あたたかくして星を見上げて、夜も春を楽しみたいですね。

よい週末を。また来週!

 

【曲】

飛行艇/King Gnu

 

※19日(月)のメッセージテーマは「餅は餅屋」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:54


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top