2021年03月01日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和3年3月1日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

あたたかな一日、10年目の3月が巡ってきましたね。

今日の放送は、私としては永久保存すべき回でした…!!!

心がジェットコースターのようでした。

 

まず、草彅剛さんが「ゴジだっちゃ!」と言ってくれた~!!!

 

『佳南の夕暮れ劇場』で、宮城発地域ドラマ『ペペロンチーノ』の放送を前に、

主演の草彅剛さんが番組にメッセージを下さいました…!!

実は私も、ドラマのワンシーンで共演させていただきました。

撮影現場では…メッセージにもあった通り、

楽屋で“菊池さんの歌”を作詞作曲ワンマンライブしていただいたり(!!)、

本当に優しくあたたかく、現場を盛り上げてくださいました。

「いつかまた共演するためにも、また宮城に来たい」との言葉、一生の宝物です。

本当に、感謝しかありません。草彅さん、ありがとうございます…!!!

スタジオにはドラマの制作統括チーフプロデューサーの青木一徳さんも。

撮影最終日のあいさつでは、吉田羊さん、草彅さんの目から涙がこぼれたのだそうです。

それほど、キャスト・スタッフが全員チームで真心を込めて作り上げました。

3月6日(土)夜10時30分から、BSP・BS4Kで放送です。是非、ご覧ください!

 

そして後半は「鎮魂と祈りを書く」ライターとして活躍する

須藤文音さんをゲストにお迎えしました。

0301suto.JPG

気仙沼出身で、高校生の頃から文章を書くことが大好きだった文音さん。

震災後、ご自身の経験をもとに書かれたみちのく怪談「白い花弁」は、

さまざまなメディアにも取り上げられました。

文章を書くことで、鎮魂と慰霊になれば。。。

そんな思いで、震災、そしてお父さんの死と向き合いながら書かれた、みちのく怪談。

その中から一作品「父とケサランパサラン」を、杉尾さんと朗読させていただきました。

文音さんの文章から立ち現れる白いフワフワとした感触は

きっと、お父さんとの思い出であり、かすかな希望のイメージなのでしょう。

空へ祈りが届けばいいなと思いながら、朗読しました。

また、文音さんがみちのく怪談と並行して、

1年ほど取材を重ね執筆した『地震のはなしを聞きに行く 父はなぜ死んだのか』(偕成社 刊)は、

2013年に出版された児童書です。

地震のしくみや防災について、親しみやすく、とても分かり易く書かれています。

震災から10年の月日に思いを馳せながら、子供にも大人にも、手に取っていただきたい一冊です。

 

あと10日で、10年目。祈りを込めて、あの日を振り返りたいと思います。

 

【曲】

ケ・セラ・セラ/ドリス・デイ

 

※明日のメッセージテーマは「トレードマーク」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:42


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top