2019年03月07日 (木)

【ゴジだっちゃ!】平成31年3月7日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

もうすぐ東日本大震災から8年。

今日の「防災研究最前線」では、

東北大学災害科学国際研究所の准教授・佐藤翔輔さんに

震災を後世に伝承する活動の今についてお話を伺いました。

 

佐藤さんはこの一年の特徴として、個々の場所や活動が

つながり「ネットワーク化」してきたことを挙げます。

東北各地の震災を伝承する施設をルートとしてつなげる

「3.11伝承ロード」の整備を国が進め始めたこと。

各地で個別に活動していた語り部同士の交流が進み、

一緒に効果的な伝え方を考える動きが生まれていること。

時間が経つにつれ、災害を伝えるという行為には

あらゆる意味での難しさがつきまとうものですが、

地域を越えて人や拠点がつながっていくことで、

活動を続ける後押しになる仕組みが整えばと思います。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の金淳之介さん。

0307kon.JPG

一人暮らしの災害の備え方について教えてくれました。

非常食や水、懐中電灯などを入れたリュックを準備すること。

家具の転倒や落下対策を考えて部屋をレイアウトすること。

あらかじめ避難経路や家族との連絡手段を考えておくこと。

必要な備えを、具体策を挙げながら話してくれました。

進学や就職で一人暮らしを始める方も多いこの季節、

「防災」を意識しながら、春を迎えたいですね。

 

【曲】

口笛/GOOD BYE APRIL

 

※明日のメッセージテーマは「東日本大震災から8年」です

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:45


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top