2019年02月18日 (月)

【ゴジだっちゃ!】平成31年2月18日(月)

月曜日担当の武田紗貴です。

今日もダウンコートを着てきましたが、そろそろ春の装いにしようかしら…という暖かさでしたね。

今宵は「魚の冷凍&解凍」についてお話しました。

オススメは下味をつけて冷凍すること!

味もしっかり染み込んで、余計な水分も抜けるのでおいしく調理に使えます。

2週間くらいで使い切ってくださいね。

春先にむけておいしくなるアサリやシジミなどの貝類は、

砂抜きしてしっかり洗ってからタッパーに入れ、

水をひたひたに入れて、ふたをしてそのまま冷凍。氷のブロックにしてしまうんです!

使うときはそのままお鍋に入れて、味付けをすれば汁物に。

市販の冷凍魚は、冷蔵庫に半日~1日入れてゆっくり解凍するか、

保存袋のまま流水解凍がオススメです。

とっても便利な冷凍魚介類、ぜひ上手に活用してください!

 

防災研究最前線は、東北大学災害科学国際研究所の

杉浦元亮(すぎうら・もとあき)教授に話を伺いました。

0218sugiura.JPG

テーマは「脳科学から見た防災~前頭前野をどう生かす?~」。

被災地で行った、1400人を対象にした調査を元に、

脳の働きや考え方が、避難行動にどのような影響を及ぼしたか?という研究です。

 

「自分はそんなにひどい状況にはならないだろう!」と思うことを「ポジティブ幻想」と呼びますが、

これは日常ではどちらかというと良い方向に働いて、心を守る働きもしています。

(その幻想を失うと真実を知ってショックを受けちゃうんですよね)

でも災害時ではポジティブ幻想がマイナスに働いて「どうせ津波は来ないだろう」と思ってしまう。

それを「正常性バイアス」と呼んで、これまでは「どうせ津波は来ない」→「だから避難しない」

というのが問題視されてきました。

でも調査の中では、「津波は来ないだろう」→「でも避難した」という人が2割いたそうです。

本来の避難って、そうあるべきなんですよね。

津波が来ると思ったかどうか、そこに理由を探すアプローチするのではなく、

とにかく警報が出たら避難する!というのが大切。

避難したくなるようにどう動機づけするか?がこの先もっと重要になるかもしれません。

 

脳の不思議を伺って、前頭前野がいっぱい働いた1時間でした…笑

 

※明日のメッセージテーマは「#このラジオがやばい」です

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:00


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top