2018年07月26日 (木)

【ゴジだっちゃ!】平成30年7月26日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

今日は江戸時代に「東海道四谷怪談」が初演されたことから「幽霊の日」だそうで。

仙台の出版社「荒蝦夷」代表の土方正志さんが紹介する「注目!宮城本」も、

ちょっと涼しくなる?セレクトでした。

 0726books.JPG

1/土方正志『新編 日本のミイラ仏をたずねて』(下段左・発行:天夢人/発売:山と渓谷社)

2/黒木あるじ『黒木魔奇録』(下段右・竹書房文庫)

3/郷内心瞳『拝み屋怪談 鬼神の岩戸』(上段左・角川ホラー文庫)

4/郷内心瞳『拝み屋怪談 怪談始末』(上段右・角川ホラー文庫)

 

全国に18ある即身仏をすべて回った土方さんの新刊「日本のミイラ仏をたずねて」。

山形・出羽三山のイメージが強かった即身仏ですが、

実は全国各地に存在し、信仰や死生観も地域によりさまざまであること、

地域の方々や子孫が数百年間大切に守ってきたこと…など、

大変濃厚な「即身仏トーク」を楽しませていただきました。

山形在住の黒木あるじさん、宮城在住の郷内心瞳さんといった

東北の怪談作家の方々の作品も、この夏続々と映像化されるなど人気を呼んでおり、

「怪談」が育つ東北という土壌についても、改めて、非常に興味深く感じました。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の吉成仁紀さんでした。

災害が起きたときについ「自分は大丈夫」と思ってしまう

「正常性バイアス」の危険性について、伝えていただきました。

避難行動の遅れという事態を防ぐためには、

周囲にどんな災害リスクがあるのか、どんな避難行動を取るべきか、

という客観的な情報を、平常時から頭に入れておくこと。

そして緊急時には「正常性バイアス」という心の状態が自分にも起こりうる、

ということを「知っておくこと」が大事だとのお話でした。

 

【曲】

法事ブギ/嘉門タツオ

 

※明日のメッセージテーマは「夏の白」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:51


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top