2017年07月31日 (月)

【ゴジだっちゃ!】平成29年7月31日(月)

今日の「防災研究最前線」は

東北大学災害科学国際研究所 准教授の森口周二さん(写真)に

最近大雨のニュースなどでよく耳にする

「線状降水帯」についてお話をうかがいました

0731moriguti.JPG

線状降水帯とは大雨を降らせる積乱雲が次々に発生し

大雨が降り続く状態。土砂災害などの危険が高まります。

九州北部豪雨では線状降水帯が長時間とどまり、大災害になりました。

森口さんは避難の判断材料になる防災データを教えてくれました。

気象庁が公開している「土砂災害警戒判定メッシュ情報」です。

土砂災害のリスクが地図の上に5段階に表示され、

住んでいる地域の危険度が一目でわかります。

普段から開いてみて、慣れておくことが大切です。

「備え」ましょう!

 

【曲】 

風と共に/エレファントカシマシ

グッドデイ バッドデイ どんとこい/鶴

 

※明日のメッセージテーマは「夏の甲子園」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:26


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top