2015原爆意識調査

被爆から70年がたち、若い世代や全国の人に原爆に関する基礎的な知識や原爆被害の悲惨さをどのように伝えていくかが問われています。NHKでは1970年代から広島市や長崎市などで原爆に関する意識調査を続けており、ことしも広島市と長崎市、それに全国で世論調査を行いました。過去の調査もあわせて結果を紹介します。

「広島に」いつ原爆が落とされたかを知っていますか?

(実際の調査で用いた質問文) あなたは、いつ、広島に原爆が落とされたかを知っていますか。「何年何月何日」というようにおっしゃってください。

※広島に原爆が投下された日は8月6日です。「年」は「昭和20年」でも「1945年」でも「終戦の年」でも正答として扱っています。

※この調査は1975年から、広島では5年ごとに行っていますが、前回の2010年から調査方法がそれまでの「面接法」から「RDD」という電話調査法に変わりました。調査方法が異なるデータは単純比較できないため、2005年以前の結果は区別して掲載しています。また、同じ設問の調査がなかった場合、グラフでは空白にしています。

「長崎に」原爆が落とされたのはいつかを知っていますか?

(実際の調査で用いた質問文) それでは、いつ、長崎に原爆が落とされたかを知っていますか。「何年何月何日」というようにおっしゃってください。

※長崎に原爆が投下された日は8月9日です。「年」は「昭和20年」でも「1945年」でも「終戦の年」でも正答として扱っています

アメリカが原爆を投下したことをどう考えていますか?

(実際の調査で用いた質問文) あなたは、アメリカが広島と長崎に原爆を落としたことについて、現在どのようにお考えですか。次に読み上げる2つの中から1つ選んでお答えください。

1)「今でも許せない」 2)「やむを得なかった」

近い将来、核戦争が起きる危険はあると思いますか?

(実際の調査で用いた質問文) 将来の核兵器使用の可能性についてお尋ねします。あなたは、近い将来、世界のどこかで核戦争が起きる危険があると思いますか。次に読み上げる4つの中から1つ選んでお答えください

1)かなりある 2)少しある 3)あまりない 4)まったくない 5)わからない、無回答 ※グラフで「ある」は、設問の1)と2)を足した数値、「ない」は3)と4)を足した数値です。

原爆のことを話題にしますか?

(実際の調査で用いた質問文) あなたはふだん家庭や職場、近所の人や友人と原爆の問題について話し合うことがどの程度ありますか。次に読み上げる4つの中から1つ選んでお答えください

1)よくある 2)ときどきある 3)あまりない 4)まったくない 5)わからない、無回答 ※グラフで「ある」は、設問の1)と2)を足した数値、「ない」は3)と4)を足した数値です。

2015年調査の単純集計結果はNHK放送文化研究所の資料をご覧ください

NHKのサイトを離れます。