100倍楽しめるコズミックフロント☆NEXT

12月22日(木)の放送より 天文基礎デート講座 第24回「伊能忠敬」 (サイエンスライター 坂元志歩)

もうすぐクリスマス、その後は一気に年の瀬ですね。寒い日が続きますが、如何お過ごしですか? そこら中でイルミネーションが輝き、クリスマスツリーが街を彩る季節。あなたの恋も一気にヒートアップさせねばなりません! 今回のテーマはなんと「伊能忠敬」。伊能忠敬でどうやって恋を彩るつもりか、宇宙すら厳しいのではないかですって? そこはコズミックフロント☆NEXTの制作陣にお任せください。伊能忠敬は宇宙とつながり、あなたの恋も応援します。天文基礎デート講座はサイエンスライターの坂元志歩がお贈りします。

極意1:歩く歩幅が2人の距離の決めて

 伊能忠敬は、ひとしきり家業を成功させた晩年(といっても40代後半)に、小さい頃から興味のあった天文学を目指した。40代後半で晩年だったら、うちの親はすでに晩年かと唖然としたかもしれない。世界銀行の報告によると、今から約40年前の1960年ですら、世界の出生時平均余命は約52歳。それよりも200年以上も前の1745年に生まれた伊能忠敬が生きた時代、40代はもちろん晩年だったのである。
 と、簡単に伊能忠敬を紹介したところで、今回は伊能忠敬に敬意を表し、伊能忠敬に倣った測量デートにチャレンジしたい。今回はスマートフォンを駆使して、デートを遂行する。
 まず第一条件として、南北に走る直線距離が長めにも取れるデートコースを選び出して欲しい。スマートフォンの地図アプリなどを使うと便利だ。上を北にして上下に長く走っている通りを探すのである。
 寒い日の待ち合わせは、温かい飲み物が飲めるお店から出発だ。ここでまずは今回のデートの目的を発表するのである。
 「今日誘ったのには、大いなる目的があるからなんだ。今日は2人で地球のサイズを測ろうと思う」
 この申し出についてきてくれるとしたら、かなり君に気があるのか、好奇心旺盛な子か、ただの物好きである。いずれにせよ、朗報だ。もし嫌だと言いだしたら…。次の策に打って出よう。
「これから地球のサイズをなるべく正確に測るゲームをしよう。負けた方がお茶をおごるというのはどう?」
 デートにゲーム性を持ち込むのは一つの正攻法である。負けても彼女と食事ができるのだから君にとっては一石二鳥。これでも嫌だと言いだしたら、ゴールに評判の美味しいお店がある設定とする。なぜそこまでして、地球のサイズを測らねばならないか?という疑問は置いておこう。転ばぬ先の杖、先々に異なる種類のお楽しみが待っているよう設定を抜かりなく。常に自分の置かれた立場を考えて行動してほしい。
 さて、肝心の測量方法、ルールの説明である。測量を行うためにはスタート地点の緯度Aとゴール地点の緯度B、そしてスタート地点とゴール地点の距離のなるべく正確な値が必要となる。
 君の携帯が、もしiOS10.1.1以上であれば、標準マップを開き、自分が居る場所である青い点をクリックするだけで、現在地の情報が下に出てくる。iOSではないのなら、他の地図アプリなどを使ってい緯度経度情報を入手しよう。たとえば、G●●glemapなら、青い点があるところを押すとピンが立つ。指定した場所というのが下のところに出てくるので、これを引き出していくと、最下部にPlus codeという項目がある。これをコピーして、ブラウザーでペーストして検索すると、G●●glemapがいちばん上に表示される。それをクリックしてやると、そのまま緯度経度が表示される。これで緯度を確認できる。
 つぎに自分たちの歩幅が、いったい何センチくらいかを把握してほしい。メジャーで1歩を測るのが簡単だ。だがもしなければ、たとえばA4サイズは縦が29.7センチ。歩幅が紙何枚分かを測ることで、だいたいの歩幅を知ることができる。この歩幅を使って距離を測定する。
 さぁ、ここまで準備してついにスタートだ。スタート地点の緯度を確認したら、歩きながら歩数をカウントしよう。計算が面倒なので南北に走る道にしてほしい。肝心の道選びは慎重に。2人の関係がすでにとてもイイ感じなら、人気の少ない道を寄り添い歩くのも良いだろう。しかし、そのことに呆けて、歩数をカウントすることを忘れてはいけない。まだまだ他人行儀なら、ウィンドウショッピングでもしながら、歩ける道が良いだろう。どうしても彼女に気を取られて歩数をカウントできないなら、そんなときもスマートフォンが助けてくれる。歩数をカウントするアプリを使って、スタート地点とゴール地点の歩数を比較すれば良い。しかしゲーム性が失われるので、ここはきちんと自分でカウントした方がより楽しい。
 南北になるべく長い距離を歩こうと言いたいところだが、まずは彼女の足下を見よう。彼女が履いてきた靴を見て、どのくらい歩くかを判断すべし。歩きにくそうな靴ならば、短い距離を。歩きやすそうな靴ならば、楽しみながら長距離に挑戦するのも良いだろう。君のためにおしゃれしようと、歩きにくい靴を選んだ彼女を責めるようなことは決してしてはいけない。南北にある程度歩いたら、距離の測定である。
(歩いた歩数)×(歩幅)=(スタート地点からゴール地点までの距離)
「江戸時代の商人で測量士でもあった伊能忠敬も、自分で歩いて、日本ではじめて地球の大きさを計測した人物なんだ」
と、ウンチクを挟んでおこう。

極意2:恋の子午線4万キロの奇跡を狙え!

 2人の距離があまりに違うようであれば、念のため地図アプリを使い、スタート地点の緯度経度にピンを立てれば、ゴール地点、つまり現在地からの距離を教えてくれる。
 ここまでの情報を手に入れたら、いよいよ地球の大きさを測る。計算式はこうだ。
(スタート地点からゴール地点までの距離)×360÷(|緯度Aと緯度Bの差|)
 この計算式で、南極と北極を通る地球の円周(子午線)の長さが求められる。
 子午線の長さは4万キロメートル。2人のうち、どちらが正解に近かっただろうか?
  地図を作ったことで有名な伊能忠敬は、もちろんアプリなど使わず、限られた技術を使って地球の大きさを測定した。当時、緯度を測る技術は日本にはなく、伊能忠敬はなるべく離れた土地で南中した星の高さを測定することで緯度を計算し、歩いた距離と緯度から地球の大きさを求めたのだ。
 伊能忠敬に習い、4万キロに近い値がでるまで、チャレンジデートを繰り返すのも良いだろう。もし、すぐにでも4万キロに近い値が出たら、彼女とハイタッチ! いや、幸村に習いハグからの口吸い??? いずれも自分の位置をしっかりと把握して、測量に準ずることが肝要である。是非ともデートを成功させ、良い年を迎えくださりますよう。