12月22日の放送
地球という星をつかめ 伊能忠敬

江戸時代に精密な日本地図を作ったとして有名な伊能忠敬(いのう・ただたか)。実は忠敬にとって地図作りよりも大事な目的が存在した。それは、天文学として地球の大きさを正確に測る事だったという。
伊能忠敬(1745-1818)は千葉県佐原で造り酒屋を営んでいたが、子どもの頃からの夢は天文学者になる事だった。50歳で隠居してから本格的に天文学に打ち込むようになると数々の天体観測機器を自費で購入。その実物や観測記録が、佐原の伊能忠敬記念館には今も残されている。分析から忠敬の観測が現代の天文学にも引けを取らない精度を誇り、その天文知識が無ければ精密な日本地図は作れなかったことが分かってきた。
番組は、それらを仔細に見ていきながら再現ドラマを加えて、伊能忠敬の天文学者としての姿に迫る。まもなく没後200年。江戸時代という限られた知識と技術の中で、人がいかに「自分がいる地球や宇宙について知りたい」ということに情熱を傾けてきたか。伊能が作った日本地図を広げ、4K高精細映像で描き出す。

  • 放送日時
  • 12月22日(木)午後10時00分~
  • 1月5日(木)午前0時00分~(再)

もっと知りたい!
Q & A

伊能忠敬の天体観測

大正6年に出版された大谷亮吉著「伊能忠敬」に詳しく記載されています。大谷亮吉は東京帝国大学教授で、当時残っていた伊能忠敬の記録を詳細に調べました。この本は、国立国会図書館デジタルコレクションにてインターネットで閲覧できます。

伊能忠敬の私設天文台について

江戸・深川の伊能忠敬の自宅に私設天文台があったとわかっていますが、どのような姿だったのかという記録は残っていません。記録があるのは伊能忠敬が所有していた観測装置の種類とその寸法だけです。それらの装置で天体観測するには、もっともコンパクトな形でも、このくらいの敷地面積は必要、このように並んでいたと考えられるという研究者が推測した結果を番組ではCGでご紹介しました。

伊能忠敬は地球が回転楕円体だと知っていたか?

研究者によると、伊能忠敬は3回目の測量後にラランデ歴書を見て、地球が球形ではなく、赤道が膨らんだ回転楕円体だと知ったと推測しています。伊能忠敬の地図には、緯度によって1度の距離を変化させた形跡は残っていません。しかし九州の北緯31度と北海道の北緯43度の、緯度1度の距離の変化は200mほどなので地図を作る上では問題なかったと考えられます。