2011年08月11日 (木)カラフル!スペシャルのお知らせです


uru2.jpg

みなさん、こんにちは。
厳しい暑さが続いていますが、
夏バテしていませんか?
ご好評をいただいた馬シリーズのスペシャル版が
できあがりました。
当初8月10日の放送を予定していましたが
国会中継で番組編成が変わり
8月15日(月)の放送となりました。
担当ディレクターの うるしやま からの
メッセージです。



uruso1.jpg

みなさん、こんにちは。
ディレクターのうるしやまです。

「カラフル!」の夏休みスペシャルとして、
これまで「ずっと馬とくらしたい」
「わたしの馬はうるさい馬」
「思いっきり走らせたい」で紹介した
北海道の馬だいすき少女・千尋さんの1年を
45分のスペシャル版で放送します。

cavallo815.jpg去年の8月から始まった千尋さんの取材は、
つい先月の今年7月までひそかに続いていたのでした!
番組では、
これまでの番組でも紹介した懐かしの?名場面あり、
未公開シーンあり、
千尋さんと愛馬・オーロラプリンスの"その後"あり
...と内容盛りだくさんでお送りします。
これまで千尋さんの番組を見てくださった人も、
初めて見るという人も、
ぜひご覧になっていただきたいと思います。

番組を編集して強く思ったのは、
千尋さんが1年間でものすごく成長したなあ、ということ。
実は身長や体重は1年前とほとんど変わっていないのですが、
番組の最初と最後を比べると、
顔つきがぐっと大人っぽくなっているんです。
子どもって、たった1年でこんなにも変わるんだ、
と驚かされました。

そして私たちスタッフは、
千尋さんや家族、
帯広競馬場の方々に教わることの多い1年でした。
競走馬という
"商売道具"でもある馬たちと一緒に暮らすことの喜びや葛藤、
ばんえい競馬という北海道の文化への誇り、
そして家族の絆
...競馬場の方々は子どもも大人も優しくてシャイな人が多く、
長々と語ったりはしないのですが、
ちょっとぶっきらぼうにも思える言葉や態度の
端々からいろいろなことを感じたり、
考えさせられたりしました。
撮影に行くたび「また来たのかぁ?」と言いつつ、
いつも私たちをあたたかく迎えてくださり、
とてもありがたかったです。
1年前は、ばん馬の大きさに圧倒され、
業界用語が飛び交う会話がよく理解できず、
驚いたり戸惑ったりしてばかりでしたが、
今ではサラブレッドを見ると「小さいなあ」と感じるようになり、
競馬場の方々の会話にもだいぶついていけるようになりました。
取材が終わってしまうのはものすごくさびしいのですが、
これからは、ばんえい競馬のいちファンとして
皆さんのことを応援していきたいと思います。

uru3.jpgまた今回のスペシャルをもって、
うるしやまは「カラフル!」の制作から離れることになりました。
子どもたちと一緒に思いっきり笑ったり、
時にはちょっと叱ってしまったり...
千尋さんをはじめとした
カラフルな個性を持った子どもたちと過ごした2年間は
私の宝物です。

uru4.jpg子どもってすごい!そう思うことの連続でした。
取材させてくれたみんな、本当にありがとう。
これからうるしやまは別の番組で子どもたちを応援していきます。

それでは、また会う日まで!

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:14:13

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

千尋さんの力強いまなざし、言葉よりも力強い行動によるメッセージ、凛とした眼差し。本当に感動しました。

可能ならば、もう一度みたいです。またこのような惹きつけられる番組を作ってください!

投稿日時:2011年08月15日 10:41 | yuta

8/15 の放送を途中から見ました。すばらしかった。
ぜひ、再放送をしてください。よろしくお願いします。

投稿日時:2011年08月17日 12:41 | 田中益男

何気なくつけたテレビで千尋さんの生き生きした表情に見入ってしまいました。最初から見たいのでぜひ再放送をお願いします!

投稿日時:2011年08月18日 11:24 | ぶえな

コメントの投稿

ページの一番上へ▲