2011年07月22日 (金)崇くんの取材は続きます


みなさん、こんにちは。ふくしまです。
夏休みが始まりましたね。
今年は節電で早起きする人が多いのではないでしょうか。
ル!は、土曜日 あさ6時35分~6時50分 放送です。
早起きしたら ル!お忘れなきようお願いします!
宣伝はこれくらいにして・・・
ボクの"きょうだい"は24人」(2011年7月16日放送)に
たくさんの反響をいただき、ありがとうございました。

主人公 崇(たかし)くんは、
兵庫県の児童擁護施設 広畑学園に暮らしています。
集団生活の中で、「自分」を大切にしながら、
一緒に暮らすたくさんの仲間や職員の人たちと
いろんなことを分かちあい、学びあうのが広畑学園です。

  24人の小学生と一緒に住んでる
  "きょうだい"みたいやけど
  みんなお母さんは違うから"友だち"かな?


tejina.jpgsinpai.jpg


megumi.jpg ル!で崇くんの生活を紹介したところ

ひろじい さんから
「明るい楽しそうな子供たちの笑顔を見て安心しました。
それぞれの事情があって学園で生活していると思いますが
元気いっぱいの様子が伺えました。
大人はかわいそうとか気の毒とか思いがちですがその様な事はありませんね 
他人の気持ちのわかる人に成長してくれるでしょう。」
というメールを頂きました。

margot さんから
「16日朝の放送を観ました。
毎回ハッとさせられますが、
今回は『学ばせていだいた』としか言いようがありません。
主人公の男の子の大きな心は、
周りの大人たちが彼に真剣に向き合っているからこそ、
育まれたんだろうなというのが、様々なシーンで垣間見れました。
園長先生に『あゆみちゃんところに行ってくるね』『会って来たよ』。
転校生よりもそわそわして、話すことができないなら、
そばに寄り添い眠る。
どんな環境で生きようと、
気づかいあれば、前向きになれるということを、改めて感じました。」
というメールをいただきました。

最後に、広畑学園と関わりのある方からのメールをご紹介して
終わります。

「ボクの"きょうだい"は24人」拝見しました。        
広畑学園には、月に2度カラテ教室で指導しています。
崇君を始め学園の生徒たちはみんな元気で、
行くたびに元気をもらいます。
学園の生徒たちは、本当にみんなが兄弟のようで、
高学年が低学年の面倒を見て、
みんなが協力しているのが、よくわかります。
いろいろな事情があっての学園生活なのに、
本当にみんなが明るく元気いっぱいです。
先生方も、時には厳しく、そして温かく、
子供たちのために、というのが伝わってきます。
がんばろう みんな!!」


龍生塾姫路支部
千 健太郎
さんでした!

メッセージを下さったみなさん、ありがとうございました。
「ボクの"きょうだい"は24人」
8月26日(金)、9月2日(金)、10日(金)
いずれも あさ10時~10時15分
に再放送予定です。
 ル!では、
引き続き崇くんと広畑学園を取材していく予定でもいます。
これからも見守ってください。

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:14:17

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲