2011年03月02日 (水)明日のカラフル!はギリシャから


primavera.jpg

 

 

 

NHKの近くに、早咲きの桜があって、
そこにミツバチがとまっていました。
柔らかい光さす日と
雨の日を繰り返しながら
季節は春へ向かっています!

 

 


先日、番組宛にメールをいただきました。
大学生のマーヤさんからです。

何気なく見た、「カラフル!」の
『聞こえない歌』に、
とても感動しました。
この番組を見たとき、私は家を離れていたため、
寂しさとその時の状況の辛さで挫けそうな時でした。
家を離れてみて、両親や友達の言葉や存在を
こんなに恋しく思うものなのだと改めて感じていました。
しかしこの番組のアビブ君はどんなに辛く悲しい時も、楽しい時も、
両親の声は聞けず、両親もまたアビブ君の声を聴くことができません。
そして手話ができなければ会話もできません。
けれどもアビブ君は両親のために強くたくましく生きていました。
そして、歌の発表の時、しっかりと手話をやってのけた弟君。
この二人の姿を見て、両親はどれだけ喜んだことでしょうか。
私は、この2人の姿を見て、自分がどれだけ両親に甘えて育っていたのか、
どれだけ両親に頼って生きてきたのか、と考えました。
アビブ君の生き方に、とても感動し、一人テレビの前で泣いていました。
親の優しさや言葉は誰しも求めていても、得ることができるのは本当にわずかで、
本当に幸せなことだと思います。
親から離れてみて、周りの人の優しさを更に強く、敏感に、
そしてありがたく感じるようになりました。
私も、誰かが辛い時や悲しい時、言葉をかけてあげたり、
少しでも心癒される存在でありたいと思いました。
アビブ君の強さと両親への思いやり、
そして最後に歌ったマイケル・ジャクソンの歌「Heal the world]で、
「青空にするのは 自分次第 けっしてあきらめない」という歌詞が、
「一人ぼっち」だった私を救ってくれました。
この番組を見ることができて、本当に良かったです。
私のこれまでの生き方を改めさせてくれた、アビブ君。
辛い時に勇気づけてくれた「Heal the world」、
そして、この番組を作ってくださった皆様、本当にありがとうございました。
たった数十分の番組に、こんなに感銘を受けたのは初めてでした。
これからも、素晴らしい子どもたちの生き方を私たちに伝えてください。

マーヤさん、メッセージをありがとうございました。
「春」は卒業や新生活スタートの時期。
自分自身を見つめ直す時間を持てる時かもしれません。
そこに、ル!があったとしたら、とても嬉しいです。

明日のル!は、ギリシャから。tmp567-8257.jpg
全力で挑戦してみる」です。

 家のまわりはごみごみしててサイアク
 だから私の家をキレイにしたい
 家族みんなでリフォームするよ!

grecia.jpg

お楽しみに!

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:14:25

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲