2011年02月23日 (水)明日の放送は馬だいすき少女、第三弾!


お待たせしました!
馬大好き少女の第三弾が、明日放送になります。
うるしやま ディレクターが、年末から年明けまで帯広に滞在し
その後の千尋ちゃんを取材してきました。
タイトルは「思いっきり走らせたい」。
それでは、うるしやま からのメッセージです。

 

 こんにちは。馬ディレクターのうるしやまです。

今回は、「ずっと馬とくらしたい」「わたしの馬はうるさい馬」に引き続き、
北海道の馬だいすき少女・千尋さんの冬休みの物語です。
北海道の冬休みはちょっと長めです。

(千尋さんの学校は1月18日まで冬休み)
のんびりできていいなぁ~と思うかもしれませんが、
千尋さんの家ではお正月は大忙し。
なぜなら千尋さんがくらす帯広競馬場では、
元日から「ばんえい競馬」のレースが始まるんです!
ですから千尋さんの家族も、働いている人たちも、
お正月から普段どおりに馬の世話・・・。
帯広の冬は朝の気温が-10℃を下回ることもしょっちゅうです。
それでも、早朝に起きて外で仕事をしている競馬場の方々は本当にすごい!

5mini.jpg7mini.jpg

 

        
      (元旦はあいにくの雪...)                          (千尋さんも元日からお手伝い)

しかも今年は元日から5日連続でレースがあったので、
いつも以上の忙しさです。
馬の世話が終わったと思ったら、
今度は競馬場を訪れたお客さんにお雑煮をふるまう準備。
千尋さんと姉の果歩さんも、貴重な働き手です。
用意されたお雑煮は、300人分!

2minih.jpg1minih.jpg

 



   
 
  (お雑煮を配るお手伝いをする千尋さんと、お餅を丸める姉の果歩さん)

ばんえい競馬では調教師や騎手の方々、そのご家族は、
馬にかかわるお仕事だけではなく、
このようなイベントのお仕事も協力して行っています。
競馬場を盛り上げようとみなさんがんばっているんですね。

忙しさが一段落した後、千尋さんは馬に乗るのが上手になりたくて、
乗馬学校に行くことにしました。
しかも家族と離れて2泊3日の"プチ合宿"。
今回の番組は、その3日間の様子をご紹介します。
千尋さんが訪れた乗馬学校は、北海道の日高(ひだか)地方にあります。
中央競馬などでおなじみの「サラブレッド」は、
およそ8割がこの日高地方生まれ。
そのため日高地方は、"競走馬のふるさと"と言われています。
日高に行くと、右も左もサラブレッドの放牧地。
真冬だというのに、馬たちは雪の中、一生懸命に草を探して食べています。
"毛皮"を着ているとはいえ、寒くないのかなあ・・・
と思わず心配になってしまいます。
(後で聞いたのですが、さすがに夕方には馬小屋に帰るようです)

3minih.jpg4minih.jpg

 
     (さくの中はすべて放牧地です) (寒い中 体を寄せ合って草を食べていました)

千尋さんが日高を訪れたのは、
ちょうど日本列島を大寒波が襲っていた時期で
日中でも気温は-10℃、
さらには冷たい風も吹いてきて体感温度は-20℃?というような
東北地方生まれのわたしでも経験のしたことのない寒さ。
ダウンジャケットを2枚重ねてきても寒くて寒くてじっとしていられません・・・。
そんななか、寒さにめげず乗馬の練習にはげんだ千尋さん。
その成果は、ぜひ番組で見てください!

6.jpg
   
   (乗馬学校のサラブレッド・ワン介と)

blogcavallo3.jpg

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:10:58

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

先日、たまたま見た「カラフル」。雪の中の乗馬は気持ちよさそうだなあ~なんて思いましたが、めちゃくちゃ寒かったのですね。
千尋ちゃんには夢に向かってがんばってほしいです。
第1弾、第2弾の再放送があったら見たいと思います。

投稿日時:2011年03月02日 22:22 | まるちゃん

■■■カラフル!スタッフです■■■

まるちゃんさん、コメントありがとうございます。
春のテレビクラブ(教育テレビ 午前10時30分~10時45分)で、千尋さんと馬のシリーズが再放送されます。
3月22日(火)「ずっと馬とくらしたい」
3月23日(水)「わたしの馬はうるさい馬」
3月24日(木)「思いっきり走らせたい」
と、毎日ご覧いただけます。どうぞお楽しみに!!!

投稿日時:2011年03月04日 14:33 | カラフル!スタッフ

9月18日の再放送で千尋ちゃんの姿をTELで見ました。もう
この上なく感激で胸がいっぱいになりました。こんな小さな子供が
家族の限りない愛情の元ですくすくと育ち、それが馬への愛情に
繋がっているんだと思うと、今の子供達に見せてあげたいです。
まだまだ日本は捨てたものじゃないと、改めて認識しました。
千尋ちゃんに教えてもらった事がたくさんあります。千尋ちゃんの
騎手への夢、絶対かなえて欲しいと思います。頑張れ千尋ちゃん。
一度、会いに行きたいです。「その後の千尋ちゃん」で放送される
事を節に願ってます。

投稿日時:2011年09月19日 08:38 | 嶋田春代

コメントの投稿

ページの一番上へ▲