2009年11月11日 (水)カラフル!にメッセージありがとうございます。


Blogを読んでくださっている皆さん、こんにちは。
今日は、番組に届いたメッセージの中からいくつかをご紹介していきます。



 わたしはこの前、空手ファミリーを見ました!
 アッシャーくんは、とても空手に夢中で、
 とても熱心で うらやましいとおもいました。
 今わたしは受験生です。勉強しなきゃって思っても、
 なかなか動けない自分にイライラしたりもします。
 アッシャーくんを見て、わたしもこんな風に夢中になって
 勉強ができたらいいのに・・・と思いました。
 でも、アッシャーくんは最初、大会に出るのは無理だ といわれて
 へこんでたけど、あきらめずに前だけを見て一生懸命努力をしていました。
 そして、願っていた大会に出ることができたのです。
 その姿をみて感じたことは、
 人はみんなだれでも、夢を見るだけではいけない。
 その夢を実現させるために行動し、努力をしないといけない。
 そこで初めて、夢を実現させるんだろうな、と思いました。
 今のわたしの近い夢は、まず高校に合格することです。
 そのためには、当然、努力が必要です。
 だからわたしもアッシャーくんのように 
 実現させて笑えるように頑張りたいとおもいます!

 カラフル!とても大好きです。
 これからも楽しくて、
 なにかを感じさせてくれる放送を楽しみにしています!
 【中学生 ベニーさん

ベニーさん、目指している高校に合格出来ますよう
班員一同応援しています!
勉強の合間にまた見てくださいね。



アイ・ラブおしゃれ」に、たくさんのメッセージありがとうございます。
その中にいくつか、“優里亜さんの連絡先を教えてください”とありました。
優里亜さんの住所は、お教え出来ないので

〒150-0081
東京都渋谷区神南2-2-1
NHK 青少年・教育番組
ル!班宛

に送ってください。
番組スタッフが責任を持って優里亜さんにお届けします!



家の手伝い してみたい」にコメントくださったしずかさん、
再放送は、4回あります。
11月18日(水) あさ9時30分~9時45分
11月20日(金) あさ9時45分~10時
11月25日(水) あさ9時30分~9時45分
11月27日(金) あさ9時45分~10時
どうぞお楽しみに。



いつもいろいろ考えさせられながら拝見しています。
さまざまなお友達にいつも かげながらエールを送っています。
ナレーションも子供の目線ですし、
押し付けがましくないので子供が素直に感じ、
自由に意見できるところがとても魅力的だと思います。
子供はまだ4歳ですが、
世界のお友達はだれでも自分と同じ状況ではないのだ
  と彼なりに一生懸命理解しようとしているみたいです。
カラフルは題字などもおしゃれで素敵だと思います。
とくにオープニングのかわいらしい曲が気になって気になって。。
これはCDでているのでしょうか。
お教えいただけると幸いです。
これからもがんばってください!
さをりさん】

さをりさん、4歳のお子さんと
見てくださっているんですか!
嬉しいです。
吹き替えにチャレンジしてくれている児童劇団の皆さんに
励みになるメッセージありがとうございます。
オープニング曲について、詳しくはコチラに記載しています。
これからも ル!がんばます。



最近この番組のことを知り、毎回観るようになりました。
世界の子どもたちが好なことに夢中になるエネルギー、
壁にぶつかった時のまっすぐなまなざし、
大人が 見ていても引き込まれてしまいます。
わがやの子どもたちもカラフル!が大好きです。
先日新聞に、
「最近のテレビは子供に媚びを売っている番組ばかりだ」
という主旨のコラムが載っていました。
私はその言葉に違和感を感じます。
民放の多くのバラエティは、
けっして子供の興味や感覚に添ったものではないと感じていたからです。
そんな中でカラフル!は、数少ない、子供向けの番組だと思います。
最近見始めたばかりで、逃してしまった番組がたくさんあります。
再放送で構いませんので、
ぜひこの枠が続き、
少しでも多くの子どもたちがカラフル!と出会えることを願っています。

まるちゃんママさん】

ル!、まるちゃんママさんのお目にとまって嬉しいです。
見逃してしまった番組のいくつかは
学校放送ページからご覧頂けます。
また、冬のテレビクラブなどでル!を再放送する予定です。
詳しいことが決まりましたら、HPやこのブログでお知らせします。
今しばらくお待ちください。



ひとりひとり違った輝きを放つル!な子どもたち、
これからも続々登場します。
どうぞお楽しみに!

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:11:30

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲