2009年06月18日 (木)今夜の放送、お見逃しなく!


みなさん、こんにちは!
今夜放送の「」担当ディレクターのさくらだです。

diariocie.jpg千恵のまいにち日っき」の主人公は
小学5年生の千恵さん。
よく笑い、よく怒る。
ときどき落ちこみ、
楽しいときは体全体で
その気持ちをあらわす…。
千恵さんは私たちのカメラの前で、
じつにのびのびとしていました。
撮影している私たちが
ビックリするほどです。


千恵さんはダウン症。
家族や周りの人々が温かく見守るなかで、
愛情たっぷりに育ってきたことを感じます。
小学3年生の夏休みから毎日、
千恵さんは日記をつけ続けています。
日記帳は6月のはじめに13冊目に突入しました。
その日の出来事を思い出して文字にすることは、
私たちの想像以上に千恵さんには大変なことです。
しかし今、自分の感情を文字で表現することに
千恵さんは喜びを見いだしています。

素直に好きと言える。素直にごめんねと言える。すぐに許せる。
番組を作り終わった私はそんな、素直な心の大切さを千恵さんから学びました。
みなさんはどんなふうにご覧になるでしょうか。
ご感想をこのブログで教えてください。お待ちしております!

                               担当ディレクター さくらだ

diariocieblog.jpg

投稿者: | 投稿時間:10:23

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

息子がダウン症です。

お兄ちゃんがカメラに向かって挨拶しないことを「すみません!」って云ったり、靴が濡れてしまったことが、どうしてもイヤで泣いてしまうところも、娘たちとニコニコしながら、じっと見入ってしまいました。

こんな風に、ダウン症の子を可愛らしく撮ってくださって
ありがとうございます。

投稿日時:2009年06月18日 20:59 | コタママ

初めて番組を拝見しました。
知恵ちゃんとお母さん、お兄さんの関係がすてきだなと思いました。
そして、番組を拝見しているうちに、明るくて、元気な知恵ちゃんが大好きになりました。
だから、靴がぬれて落ち込む場面では、「早く元気になって。」と願っていました。
これからも、知恵ちゃんの感じたことを日記に残していってほしいです。

投稿日時:2009年06月18日 21:55 | よっしー

知恵ちゃんを見て 学童で6年間お預かりした 同じダウン症の子供さんとの思い出が 蘇り 知恵ちゃんと よく似ていたなあって 思いました。知恵ちゃんも 温かい家族や 優しい仲間 先生に囲まれて こんなに 輝いて 毎日を過ごして いけるのでしょうね~♪当時 私は 彼女を支えているつもりが いつの間にか 支えられていたことを 彼女が中学に行って 学童から 卒業してしまった後に 気がついたんです。ぽっかり穴が空いたようで 天真爛漫な笑顔が見れなくなった寂しさで しばらく 思い出しては泣いていました。知恵ちゃんも 周囲の人達にとって かけがえのない存在だと 思います。知恵ちゃんの日記に 楽しいこと いっぱいに なってほしいです
^^

投稿日時:2009年06月19日 06:15 | おけいこぶり

見ました。ちえチャン。
我が家の娘 おとめ は気管切開の人工呼吸器っ子(2歳10ヶ月)です。福岡、鹿児島、神戸での長い入院生活から脱出して今は故郷の奄美大島で生活してます。寝たきりではないので、毎日散歩にも連れて行き、NHKの朝の幼児番組は大好きでいつもノリノリで見ています。。。おとめには2人のお兄ちゃんがいて、学校で参観日や行事のある時は、おとめも連れて行くのですが、子供達がみんな優しくていつも感動させられます。おとめのお兄ちゃん達がおとめのことをどう思っているのか?学校のお友達にどういう風に話しているのか、いつも気になっていたけど、ちえチャンのお兄ちゃんのコメントを聞いて、うちのお兄ちゃんたちもこんな気持ちでいるのかしら?とチョット嬉しくなりました。ちえチャンのママも先生も上手にちえチャンに向き合っていて勉強になりました。

投稿日時:2009年06月19日 09:05 | おとめ母さん

5歳のダウン症の娘がいます。
いつも他のお子さんは、どのような環境でどんな風に育っているのだろう?関わり方はこれでいいのだろうか??しつけは?と不安になります。ナレーションの極端に少ない映像に、その場の空気が感じられ千恵ちゃんが落ち込んで涙を流してしまった時は、私も泣いてました。そして、そんな時でも変わらないお母さんの優しい口調にも。千恵ちゃんのあの笑顔はとっても素敵で周りを幸せにします。)(先々、日記は見習いたいと思います)娘もいつかは「カラフル!」に出られるといいな

投稿日時:2009年06月19日 14:59 | おてんばゆいのママ

4歳のダウン症の息子がいます
お姉ちゃん・お兄ちゃんに支えてもらいながら、がんばっています。
千恵ちゃんの姿を大きくなった時の息子とかさねながら、拝見いたしました。なんともいえない笑顔、靴を濡らしなんともいえない背中が画面をとおして伝わってきました。
これかも千恵ちゃんの成長を拝見できれば、すごく嬉しいですし
もともとダウン症のことを広げてほしいです。

投稿日時:2009年07月18日 23:18 | 3児の母

コメントの投稿

ページの一番上へ▲