2009年06月03日 (水)主人公は、"山村留学"に挑む少女


 皆さん、こんにちは。
 前回お話した“引越し”続いております。
 部屋を広くするためにパーティションを外し
 今、班の目の前は
 こんな感じになっています。

heya.jpg 引越しをしていても、番組は出ます。
 それでは、明日放送の
 担当した はやしディレクター に
 バトンタッチします。

 はやしです。
 突然ですが、これまでとはまったく異なる環境に
 飛び込んだ経験、みなさんには、ありますか?

kaoru0298257.jpg 次回は、親元を離れ、1年間、
 山の学校に通うことにした           
 小学5年生の薫さんが主人公。
 「これまでの友だちと
 離れるのは寂しいけど、
 新しい友だちを作りたい!」
と、
 山村留学することを決意しました。

 そんな意欲的な薫さんが、
 地元の子どもたちと
 “初めて出会う瞬間“からカメラは
 密着します。

kaoru0278257.jpg登校初日、                                
いきなり目にしたのは、
高さ1.5メートルの一輪車。
地元の子は、
すいすい乗りこなします。





 新しい友だちと、
 どうやって仲良くなっていくんでしょうか・・・?
 新たな出会いの中で、
 どんなことを感じるんでしょうか・・・?

 今回も、主人公が発する言葉の数々が、
 とても新鮮です

 カ! 「山の学校でみつけた友だち」。
 放送は、4日よる7:40からです。

 担当ディレクター はやしひろき


yama.jpg

投稿者: | 投稿時間:16:00

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

テレビ拝見いたしました。
今まで育ってきた環境と違う環境の中に一人で飛び込んで行く不安や期待...
変わった環境の中で、自分は何をやりたいか・自分がどうなりたいか・どう変われるのか...
自分の力だけでなく、変わった環境、両親や周りの大人、友達との関りで成長して行く薫ちゃんの姿がよく伝わってきました。

 『家の中で遊ぶのが好き。安全だから。。。』
 『久留米に居る時と違う自分になれる♪』
 『みんながやってる事を自分もやれるようになりたい。。。』

山村留学の魅力を自然に表現してくれてるなぁ~
そう感じたのは私だけでしょうか??

来年の春が来る頃、薫ちゃんは元の場所へと戻っていきます。
ここへ来た時と違う薫ちゃんがその時にはきっと居る!!
一回りも二回りも大きく成長した薫ちゃんが・・・
その時が楽しみです(^0^)

・・・そんな風に感じさせてくれる番組でした♪

投稿日時:2009年06月05日 09:42 | T.Y

初めて番組を拝見しました。

私が20年前に学校で見ながら学んだ教育テレビの番組も随分と様変わりしたんだなぁなどと感慨にふけりつつ...
たまたま見た“カラフル”でしたが15分の間に伝えたいことが無理なくわかりやすく表現されていますね。

山村留学に対し物怖じしないで挑戦する薫ちゃんに感心し、1年後には別れが待っているのに...という大人の感覚全く顧みないで流れていく小学校と友達との間で流れるとても素直で優しい時間...

とても素晴らしい内容でした。できれば1年後の薫ちゃんと山のお友だちのことも番組で取り上げて頂けると嬉しいですね!

これからの“カラフル”にも期待していま~す(^^)

投稿日時:2009年06月12日 10:32 | OTO

コメントの投稿

ページの一番上へ▲