2013年03月07日 (木)明日のカラフル!は札幌から


みなさん、こんにちは!
「ドキドキ バレンタイン」を担当した、
札幌(さっぽろ)放送局の岡部(おかべ)です。

みなさんには、今、好きな人や気になる子はいますか?
バレンタインデーには、
その人に、
チョコを渡したり、もらったりしましたか?
 
今回の主人公は、
北海道・小樽(おたる)市に暮らす、小学6年生のまりんさん。

まりんさんは、今のクラスが大好きで、
卒業するのがさみしいといつも言っています。

「残りの小学校生活で、楽しみにしていることは何?」と聞いてみると、
ちょっと照れながら返ってきた答えは、「バレンタイン」。
そこで、今回は、まりんさんのバレンタインに密着することにしました。

marin.JPG     (とってもかわいい字でサブタイトルを書いてくれました!!)

活発なまりんさんは、
いつも男の子たちと走りまわって遊んでいますが、
その中でも、特別に思っている男の子がいます。
クラスメイトの大輝(だいき)くんと、辰平(たっぺい)くん。
時にはケンカすることもあるけれど、
まりんさんにとって何より楽しいのは、2人と遊んでいる時間。
だけど、もうすぐ卒業だから、いっしょに過ごせるのもあとわずかです。

そこで、まりんさんは、大切に思っている気持ちをちゃんと伝えたくて、
今年のバレンタインには、手作りのお菓子を渡すことにしました。
けれど、初めてのお菓子作りでは、思わぬハプニングも……。

「うまく渡せるかな?渡す時、何て言えばいいかな?」と、
とってもドキドキしていたまりんさん。

まりんさんの小学校最後のバレンタインデーは、
どんな日になったのでしょうか?

marin2.jpg今回、撮影をしながら、自分が小学生だったころのことを思い出し、
なつかしいような、切ないような気持ちでいっぱいになりました。
(わたしがまりんさんと同じ小学校6年生だったのは、もう15年も前ですが・・・)

当時も、クラスでは、みんなで好きな人の話をしたり、
「バレンタインどうするの?」って、話題になっていたような気がします。

だけど、わたしはまりんさんのように、男の子に渡すことはできなかったなぁ。
だから、好きな人に渡そうと決心できたのは、本当にかっこいい!!
まりんさんが、とってもまぶしく見えました。

だれかを好きだと思うことや、その気持ちに素直になることは、
簡単なようでむずかしいこと、そして、とてもすてきなことですよね。
みなさんのお母さんやお父さん、おじいちゃんやおばあちゃん、担任の先生も…。
きっとだれもが通ってきた道だと思います。

みなさんも、今の自分を重ねながら、
そして、昔子どもだった大人のみなさんは、自分の子どものころを思い出しながら、
見ていただけたらうれしいです。

放送をお楽しみに♪

まりんさん、大輝くん、辰平くん、
そして6年1組のみなさん、どうもありがとうございました。
卒業まであと2週間、みんなでいっしょに過ごす時間を、大切にして下さいね。

そして、まりんさんのご家族や、取材にご協力下さったすべてのみなさまへ、
本当にありがとうございました!

 2013308.jpg

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:16:48

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲