2013年02月21日 (木)明日のカラフル!は横浜から


 

みなさん、こんにちは!
「ぼくはできるよ」を担当した横浜(よこはま)局のいわしたです。

みなさんの周りに、うでや足に障害がある人はいますか?
今回の主人公、昌矢(まさや)くんは、
水泳の全国大会にも出場するとっても元気で明るい男の子。

yokohamamini3.jpg昌矢くんは、生まれた時から両足と右うでの一部がありません。
左うでだけでどうやって生活しているのだろう・・
想像がつかないという人も多いと思います。
私もそうでした。

でも、昌矢くんといっしょにいると、左うでだけで、
本当におどろくほどたくさんのことができ、
みんなと同じように楽しい毎日を過ごせるということがわかります。

yokohamamini1.jpg
yokohamamini2.jpg

リコーダーも吹(ふ)いてしまうし、理科のおもちゃ作りもできるし、
体育だってクラスのみんなといっしょにキックベースを楽しみます。

「何でそんなことができるのだろう」と考えたとき、
周りの友だちの力がとても大きいことに気がつきました。

昌矢くんはとてもがんばり屋さんなので、
できることは何でも自分でやりとげますが、
どうしても両手がなくてはできないことや、
車いすではできないときがあります。

落としたものを拾えないとき、車いすで段差を乗りこえられないとき・・・
周りの友だちがサッと手助けをしていました。

友だちのちょっとした手助けがあるだけで、
昌矢くんができないことはなくなるのです。

自分はだれかのために何かできることがあるかな、
そんなことを考えながら、ぜひ放送を見てみてください!
昌矢くんの笑顔を見たら、きっとみんなも元気になれると思います!

yokohama222.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:14:38

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

いつも拝見させてもらってます!
楽しい内容から、とても考えさせられる内容まで、
とても幅広い番組ですね。
いつもはウルサイ4歳の娘も、無言で見ています。
彼女なりに何か考えているのだと思います。

今日放送された横浜市の車椅子の男の子。
周りのお友達に支えられ、たくましく成長されているなぁと
感心しました。

ありがとう!って言葉、もう何百回、何万回、仲間に手伝って
もらう度に言ってきたよね!
たまには言いたくない時もあるよね!
そんな気持ちで見てました!

水泳っていう素晴らしい事にも出会え、ますます成長が楽しみです。
辛い事も笑いに変えられそうで、元気もらいました。

身体に気を付けて大きくなって下さい!

投稿日時:2013年02月22日 17:09 | こうりん

■ ■ ■カラフル!スタッフからです■ ■ ■

こうりん様

いつもカラフル!をご覧くださっているとのこと、
どうもありがとうございます。
横浜局のいわしたです。

4歳の娘さんが、15分の番組の中から、
何を、どんな風に受け止めてくださったのか。
少しでも何かを感じてくれて、考えるきっかけにしてくれたら、
制作者としてこれほど嬉しいことはありません。

番組に入れることはできなかったのですが、
昌矢くんのクラスの子のひとりにインタビューしたとき、
「普通のことをしているだけだから、
別に”ありがとう”は言われなくてもいい」と言っていました。

”ありがとう”は大切な、すてきな言葉ですが、
こうりんさんがおっしゃる通り、
「言いたくない時、面倒な時もあるよね」
というところまで考えられる、
それがほんとうの「助け合う気持ち」や
「相手を思いやる気持ち」なのかもしれないなと思いました。

娘さんが、元気に大きくなられますように。
コメントをどうもありがとうございました。
これからもカラフル!をよろしくお願いいたします。

投稿日時:2013年03月05日 14:54 | カラフル!スタッフ

コメントの投稿

ページの一番上へ▲