2012年08月23日 (木)明日のカラフル!は真ん中な男の子が主人公


みなさん、こんにちは。
「ぼくは“真ん中”」を担当した、松江局の内田です。

突然ですが、みなさんには、兄弟はいますか?
お兄ちゃんやお姉ちゃん、妹や弟とは、仲良くしていますか?

今回の主人公の夏樹くんは、小学4年生で、3人兄弟の“真ん中”。
しっかり者のお兄ちゃん(6年生)と、かわいらしい妹(2年生)にはさまれて、
「なんか、真ん中はいちばん不利・・・」と悩んでいる男の子です。

どうして不利なの?兄弟がたくさんいて楽しそうじゃん!
・・・きっと普通はそんなふうに思いますよね。
そこには夏樹くんなりの、れっきとした「理由」があるのです。
放送を見れば、「なるほど~!そういうことか」と
みなさんにも納得してもらえると思います。

 番組では、夏樹くんが大太鼓に挑戦します。
大太鼓はステージの“真ん中”でたたく、一番目立つポジションです。
夏樹くんはどうして大太鼓を始めたのか? 
みんなが見に来る夏祭りのステージで、かっこよくたたけるのか?
その様子は、明日の放送をぜひごらんください!

兄弟のいる人も、いない人も、
「兄弟って、みんなそれぞれいろんなこと考えてるんだなぁ」
なんて考えながら見てもらえるといいなぁと思います。

 blog8243.JPG

           ※朝、ゴミ捨てに行く夏樹くんを、
           あわてて追いかけるスタッフ(写真撮影:お父さん)

さて、最後に、撮影の裏話を少し。
撮影中に、私たちは夏樹くんのすごいところをたくさん見つけました。
一番いいなぁと思ったのが、「自分で決めたことは、必ず守ること」。
たとえば、夏樹くんは毎朝、ゴミ捨てをしています。
誰かから「やれ」と言われたわけではないのに、
自分から続けているんだそう。えらいですねぇ~。

blog8242.JPG

              そして、もう一つのすごいところは、得意技のマッサージ!
              (※マッサージされているのは、音声マンの河原さん)

細かく指を使ったり、体重をかけてひじを使ったり・・・
本当に気持ちいいんですよ~。
あまりの気持ちよさに、撮影が終わると、
こぞって夏樹くんにマッサージしてもらうスタッフたちなのでした。

blog8241.JPG


楽しく、でも真剣に、夏樹くんの悩みに向き合うことができた撮影でした。
「ぼくは“真ん中”」、ぜひ放送をごらんください!

 

 taiko.jpg

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:13:53

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲