2010年12月10日 (金)アンコール放送の反響


12月もあっという間に10日過ぎました。
クリスマスイルミネーションがきれいですね。

ご好評にお応えしての、アンコール放送を展開中のル!
冬のテレビクラブでも続々、魅力的な子どもたちに再び会えます。
ラインナップはこちらから。放送時間にご注意ください。

今日はそんなアンコール放送をご覧になった方からのメールを中心に
いくつかをご紹介します。

先ず、最初は・・・
nanakananakamini.jpgみんな、いないって言うけど」の
菜々佳さんへのメールです。

肉球マニアさんからいただきました。

「みんないないっていうけど」の放送
拝聴させていただきました。
とても共感出来て楽しかったです。
何かを信じる気持ちってとてもいい事だと思います。
そしてちいさな頃からきちんと夢をもっていて
努力する姿勢や綺麗な心を持つ彼女に感動しました。

実は私は少しだけ霊感があってしょっちゅう霊を見るわけではないのですが
ほんのたまに見てしまうことがあります。
そして、子供の頃お相撲さんサイズの蛙「大がま」と
4年程前には鳥の姿の「うぶめ」を見ました。
勘違いとか見間違いとか言われますが、私は絶対妖怪を見たし、
見間違いとは思わないようにしてます。
何故なら、情報社会の中でも御伽噺の様な体験をしたと思う方が
人生楽しいから。
変な人と思われることもありますが、
少し変わった事が日常にあった方が嫌な事あっても忘れられますし。
だから、信じる気持ちを忘れなければ絶対妖怪に合える時が来ますよ。

菜々佳さんへ書き込みもたくさんありました。
清水さん、かんださん、品田豊さん、ありがとうございました。
皆さんからのメッセージに共通しているのは、「妖怪はいる」。
菜々佳さんにとって心強いものとなると思います。
15日(水)あさ9時30分~45分に再放送あります。

続いて・・・                  「天上の歌orgaorgamini.jpgスロベニアのオルガン少年
アンドラーシュくんへのメールです。

soilcreep さんから

先日、何となくNHKをかけていて、
たまたま、カラフル!を。
「天上の歌」を拝見しました。

パイプオルガンの完成に至る子どもの頑張りにグッと来ました。
私も2児の父となり、頑張らねばと背筋が伸びる思い。
ソフトバンクの孫社長のおっしゃるとおり、
狂ったように打ち込まずして物事は成し遂げられない。

自分の子どもにも、
本気で打ち込める何かを見つけて欲しいと思わんばかりです。

NHKさんのドキュメント、いつも楽しみにしています。
これからも期待しています!

chie
さんから

自分でパイプオルガンを作ってしまうなんて、本当にすごい!です。
スロバキアの国や教育にも関心を持ちました。もっと知りたくなりました。
教会のパイプオルガンを弾かせてもらったり、
美しい自然の中で音楽を子供の時から学んでいけること羨ましく思いました。
この男の子の意志の強さにも感動です。
最後まで諦めないで、静かにコツコツと作り上げていく姿、
子供と思えないぐらいです。
生まれる前から、パイプオルガンの職人だったのではないかなぁと
思ってしまいました。
子供も(五歳)「すごいね。ピアノする。」と話していました。
いい番組を見せてもらいました。ありがとうございました。

こちらも、コメントをたくさんいただきました
外国版の翻訳を担当している尾崎さんと戸谷さんは、
天上の歌」がイチ押しだったようで、
「やっぱり反響たくさん来ましたね!」と満足気でした。

番組宛にいただくコメントやメールは、ル!班スタッフのビタミン剤です
年末の忙しい時期となりますが、ル!な子どもたちとの出会いが
一人でも多くの皆さんにありますように!

では、また。

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:14:43

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

「天上の音楽」見ました。
こんな子供さんがいるのか!と驚きました。
アンドラーシュくんの発想がすごい、行動力がすごい、根気&
集中力がすごいと思いました。
あまりに驚いたのでちょっと調べてみたところ(音楽学校のサイトと思います)、今年になってからコンクールで妹さん(アナさんでした?)とピアノ連弾で金メダル受賞してました どのくらいのレベルのコンクールなのかちょっとわからないですがでもすごいですね。
番組収録の後も引き続き音楽頑張っておられるようです。 自作の
曲も増えてるかもしれないですね。

投稿日時:2011年02月23日 19:54 | miwa

コメントの投稿

ページの一番上へ▲