2010年10月26日 (火)蛭子三兄弟から


こんにちは、ふくしまです。
前回のブログで書いた"練塀"の完成した写真を、
みさきさんのお父さんが送ってくれました。

P1000056.jpg猫ものんびりくつろいでいて、祝島の練塀をイメージしやすかったです。
ありがとうございました。

更に今日、蛭子三兄弟からお手紙が届きました!
それぞれに楽しい絵が描いてあるのでご紹介しますね。

先ず、蛭子三兄弟の一番下の和馬くんからのお手紙。
ハート形の祝島と魚、虹、笑う和馬くん(かな?)、家、
そして落ち葉の絵が描いてありました。
ロケ隊が撮影に行った時は、一緒に泳げるくらい暑かったけれど、
祝島も秋になったんですね。
今は日が陰ると寒いくらいだそうです。

10102611301.jpg続いて、蛭子三兄弟の二番目の龍真くんからのお手紙。
タコ(番組の最初のほうでタコの天日干しを手伝う三兄弟が出てきました)の隣に、
イカの絵がありました。
「祝島では、今、いかがよくつれるので、つりの人がいっぱい来ます。
今度、つりに来て、またいっしょに遊びましょう。」と龍真くん書いてくれていました。

101026113602.jpgディレクターのすぎうらは、大のつり好きなので、
イカを釣りに行きたいところでしょうが、
すぎうらは今"クマ"の取材をしていて残念ながら行けそうにありません。

最後に、蛭子三兄弟の長であるみさきさんからのお手紙。
みさきさんは、ル!でお馴染みの手と糸で囲んだ中に
文章を書いてくれました。

101026113603.jpgみさきさんの似顔絵や、ハート形の祝島と一緒に、
ピンクの花びらと落ち葉の不思議な絵!
「9月に台風がありました。その時、桜の葉が全部おちました。
桜は、春とかんちがいしたので、そのことを俳句にしました」と、
こんな秋の一句を詠んでくれました。

101026113701.jpg

みさきさんは、絵が上手なだけでなく俳句もなかなかのセンスの持ち主らしく、
全国大会で優秀賞を受賞したこともあるそうです。
豊かな自然に毎日触れているから、感性がどんどん伸びていくのかもしれませんね。

みさきさんからのお手紙に、
「あんまり自分を見たくなかったけど、見ました。
自分の声が低かったのでおどろきました。」と番組について書いてありました。
ひとつの番組を作る時に、10倍以上の時間をかけて撮影をしていくので、
主人公となったみさきさんもびっくりしたことでしょう。
番組を通して"宝島"に住むみさきさんを、
たくさんの人が見て知ってくれたと思います。
番組宛てにお便りも届きましたよ。
改めて、みさきさん、蛭子家のみなさん、通子さんや学校の先生、
そして祝島のみなさん、ありがとうございました!

 「わたしが住むのは宝島」は、
明日27日 17時45分~18時にBS-hiで再放送があります。
ご覧ください。

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:14:17

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲