2010年10月27日

明日のカラフル!は、独創的な絵を描く男の子が主人公


di.jpg 「どんどん絵を描きたい」

 ピンクのカバ、青いゴリラ・・・
 自分の頭の中の物語を描きたい
 他の人にはできない 世界で一つのもの


こんにちは!ディレクターのこぼりです。

突然ですが、みなさんは絵を描くことは好きですか?
今回の主人公・近藤了禅(りょうぜん)くん(小6)は、絵を描くことが大好き。
3歳から絵の具を使った本格的な絵を描き始め、
今年の夏休みには、ついに地元のギャラリーで初めての個展を開きました。

了禅くんの絵の魅力は、なんといってもその独特の色合いです。
百聞は一見にしかず、
番組ではご紹介できなかった了禅くんの絵をご覧いただきましょう。

go.jpgzo.jpg

 

sai2.jpg


「黄緑色のゴリラ」」「赤茶色のサイ」「青色のゾウ」・・・、
お気づきの通り、動物そのままの色ではありません。
でも、違和感なく、それぞれの迫力や優しさが伝わってくる気がしませんか?
了禅くんによると、動物の性格や自分が感じた印象などを考えている内に、
ふっと頭の中に完成図が浮かぶのだそうです。
まさに、了禅くんにしか描けない絵。
「ゾウは灰色」といった常識や、
技術的に上手に描くことだけに縛られないことの大切さを、
了禅くんの絵は教えてくれます。

しかし、ただ好きなように描けば良いわけではありません。
番組では、了禅くんが新作を描く様子に完全密着!
いったい、何を見て、何を感じ、
どんな独自の世界を描きあげるのでしょうか?
「自分らしさ」を貫こうとする了禅くんの奮闘にご期待ください!

いつもそうですが、
今回の取材でも、主人公の子どもを取り巻く素敵な人々に出会いました。
まずはご両親。お2人とも、絵を専門に学んだご経験はありません。
ただ、「"子どもには分からない"と決めつけない」
「了禅くんの感性を否定しない」という意思を強く感じました。
実際、赤ちゃんだった了禅くんを連れて美術館に行った時に、
親と同じ目線に持ち上げて絵を鑑賞して回ったというエピソードや、
動物を鼻の穴から描き出した了禅くんに感心したというエピソードも。
私だったら「普通、輪郭から描くだろ!」と、つっこんでしまいそう・・・。
了禅くんを尊重する。それが独特の感性を育てた一因なのかもしれません。

そして、いろいろと撮影に協力してくれた了禅くんの友だちにも感謝!
みんな個性的で、それぞれ「ピアノと将棋」「サッカー」
「勉強」を頑張っています。
それが自信につながっていて、了禅くんに絵があるように、
夢中になったり、心から好きだと思えるものを持つのは
大切だなと改めて教えられました。

tutti20101020160259017.jpg                                        (左から2人目が了禅くん)

「どんどん絵を描きたい」
絵に興味がない人もきっと楽しんでいただけると思います。ぜひご覧ください!


vorreidipingere.jpg

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:11:04 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
コメント(8) | トラックバック (0)

ページの一番上へ▲