2010年10月 7日

ご指摘にお答えします


番組宛に、お便りがありました。

letteranuo.jpg上のご指摘に対して、番組を制作統括する福井徹がお答えします。
                               (以下 福井 記す)

まず、はじめに是非とも申し上げたいことがあります。
カラフル!の最も根本的なコンセプトは、
「子どもたちの声に真摯に耳を傾ける」ことです。
これまで、国内だけでも30人ほどの色々な子どもたちを主人公にしてきましたが、
常に子どもたちの本当の気持ちに迫ろうと最大限の努力をしてきました。
したがって、
「相手が子供だから真剣に接していないのでしょう。」
といわれることは、身を切られる想いです。
番組をご覧いただければ、
子どもと真剣に向き合っていることは伝わると考えていましたが、
そうでなったのが残念でしかたありません。
私たちの制作能力の至らなさだと思います。
今後は、より精進し、私たちの本来の気持ちが伝わるようにしたいと思います。

「陰気な声」とのご指摘ですが、
それぞれの子どもたちに惚れ込んだディレクターやカメラマンが質問しています。
それぞれの声質の問題もありますが、
みなカメラの横から質問しているという撮影上さけられない事情もあります。
当然、マイクは子どもたちに向いているので、
場合によっては、声がより低く聞こえたり、不鮮明だったりします。
聞き取りにくいときには、字幕でフォローをしています。
ただ、学校向けにも放送しているため
視聴者のなかに多く含まれる小学生が字幕をうまく読めない可能性もあるので、
できるだけ音声も残すようにしているのです。

ご指摘の通り、外国(主にヨーロッパ)制作分には、
あまりディレクターの質問の声が入りません。
このシリーズは、各国のテレビ局が独自に制作した番組を持ち寄っています。
したがって、質問に限らず、テーマのとらえ方、撮影方法、
編集方針、音楽の付け方など、様々な点で異なります。
その点でカラフル!なシリーズになっていると自負してます。

次に、質問の内容が「失礼だ」というご指摘についてです。
子どもたちと気持ちを一つにして、子どもたちの目線で世界を見たとき、
自然と出てくる疑問や共感を大切にしています。
「ずっと馬とくらしたい」では、
馬糞の掃除を手際よくこなす主人公をみて感心したディレクターは
自然と「嫌じゃないの?」と尋ねました。
また、早朝と夕方、黙々と馬の世話をする様子をみて、
馬にかける主人公の想いを知ったうえで、
あえて「世話が飽きることはないか?」と聞くことで、
「毎日、馬にさわれることが幸せ」という気持ちを聞き出しました。

説明が長くなり失礼しました。
ただ、「子どもと真摯に向き合うことを愚直にやろう」という私たちの姿勢を
ご理解いただきたかったのです。
ご指摘ありがとうございました。

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:18:35 | カテゴリ:おたより | 固定リンク
コメント(4) | トラックバック (0)

ページの一番上へ▲