2010年10月 6日

明日のカラフル!の主人公はF1レーサーになりたい女の子


macchina.jpg明日のル!は「レーサー」。

 わたしの夢はF1のレーサーになること。
 重い病気になって「無理だ」と言われた。
 でも、絶対に夢はあきらめない。


Image050.jpg


主人公の吹き替えををやった
薗さんからのメッセージです。

主人公のソフィーは夢にむかって突き進む
強い子だなと思って感心しました。
わたしは、いま、中学受験がおわって、
ダラーっとした時間を過ごしているので、
これじゃだめだと思いました。
わたしの夢は、テレビのアナウンサーなので、
それにむかってがんばっていきたいと思います。

ちなみに、目標はフジテレビの中野アナウンサーだそうです。

ところで、薗さんはお姉さん役の小山さんともに
夏のNHK東京児童劇団の公演に出演しました。
その感想は・・・
薗さん「みんながんばって、満足です。
家族には、手がもじもじしてたって言われたけど・・・」
小山さん「終わってすぐ親にいわれたのは、セリフが早すぎるでした。
あとは「普通によかった」と言われました。
私としては、練習は長かったけど、とても楽しかったです。


このお芝居を、わたし(プロデューサー・ふくい)も見たのですが、
総勢100人の子どもたちが、みな生き生きと演じているのが、
なにかとても心にきました。

unapa.gif




それでは前回から始まった「ひとくちメモ」。

今回の主人公・ソフィーは
9才で病気になります。
その病気とはリウマチの一種、
「若年性皮膚筋炎」。


小児リウマチ国際研究機関と小児リウマチヨーロッパ協会のHPによると、
この病気は「自己免疫疾患とよばれる病気のなかの一つです。
免疫の異常な反応が原因で、
感染が起こっていないのに体の中で炎症が起こってしまいます。
皮膚筋炎では、筋肉と皮膚にあ る非常に細い血管内で炎症が起こるために、
筋力低下や筋肉痛が主 にお尻や肩の周囲にみられたり、
皮膚の症状(皮疹)が、顔やまぶたの上、
指の付け根、肘、膝の皮膚になどがみられたりします。
この病気は子供にも大人にもみられます。
もしも皮膚筋炎の症状が16歳以前に見られた場合は
若年性皮膚筋炎JDMと呼ばれます。
」となっています。
発生率は10万人に4人と、まれな病気で、
番組のなかで主人公のソフィーは一時的に絶望的になっていますが、
薬でコントロールすれば治るとされています。
ただ、まれに後遺症が残ったり、悪化することもあるようです。
ソフィーは薬が効いているようですが、まだ「経過監視中」ということです。

オランダから届いた「レーサー」、是非ご覧ください!

for.jpg

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:12:25 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック (0)

ページの一番上へ▲