2010年5月 7日

カラフル!スペシャルに届いたメッセージ


graziejpg.jpg

昨日、お約束したように今日のブログは
ル!スペシャル「山のナナミと街のカオル」に
届いたメッセージの中からいくつかをご紹介したいと思います。

先ず大学生のお2人から・・・

 「山のナナミと街のカオル」を観ました。
 自分の小学生の頃、毎日が一大事な日々を思い出しました。
 二人の成長を見守る自然と山村のコミュニティのリアルで
 女の子ならではの時々垣間見える大人な意見にドキッとさせられました。
 まさに、ドラマよりもドラマティックなドキュメンタリー。
 社会がどう変わっても、子どもの強さは変わらないことを感じました。
                                    トンプソン
さん

トンプソンさんがおっしゃるように、小学生の頃って毎日が一大事。
完全燃焼して夜にはコロッと眠りについてましたっけ。
これからもル!はドラマよりもドラマティックなドキュメンタリーを
お届けしたいと思っています。

 いつも楽しくカラフル!を拝見させていただいています。
 子どもたちには感心させられ、学ぶことが多いです。
 放送後は自分と過去の自分を見直して思う事が多くあります。
 子どもたちの言葉の中には、ドキッとするほど大人っぽいことがあって、
 考えていることは大人と同じなんだなぁと、しみじみ思います。
 むしろ21歳の私よりも色々な事を感じて、考えて、
 今を一生懸命生きているなぁ、なんて思って。
 身の引き締まる思いがします。
 同時に私がこの年齢の頃は何を考えていたのかなぁ、
 何も考えていなかったなって思うのですが(笑)。
 でも、私もきっと画面の子どもたちのように、
 毎日何か感じたり考えて過ごしていたのだと今は思います。
 それを忘れているだけで。
 忘れてしまったらだめですね。
 大人になるほど、それらを思い出す事とか、
 ずっと持っている事とか、とても大切な事だと思います。
 今日、はじめて番組HPに来たのですが、ブログもこれから拝見しますね!
 応援しています。
                                   さんまる
 さん

誰にも必ずあった子ども時代。
ル!が、
あの頃のあれこれを思い起こさせてくれる時間になると嬉しいです。
さんまるさん、ル!のブログチェックも
これからよろしくお願いしますね!

続いて20代のお2人から・・・

 本当に感動しました。
 今24歳で社会人2年目、「大人」の括りに入る私ですが、
 小学校の時の友だちの何気ない一言で救われた日々を思い出しました。
 こうやってお互いの視線が、あの時、
分かっていれば、
 ずっと仲良くいれたのかな、なんて思ったり。
 七海ちゃんも、薫ちゃんもずっと大人ですね。
 このまま映画に出来るほどの内容だったと思います。
                                    あー
たんさん

いつもよりぐっと長いル!も気に入っていただけて嬉しいです。

 涙するほど心に響くものを感じました。
 私は27歳の独身サラリーマン!普段は仕事漬けの毎日。
 昔の友人とは段々疎遠になってきたりします。
 日々淡々と会社と家との往復。
 こんな私がたまたま休みでこの番組に触れ、
 ここまで胸が熱くなるなんてと自分自身驚いてます。
 自然いっぱいの景色と5年生みんなの笑顔、
 そしてお互いに刺激を受け合うふたり。
 七海ちゃんの親分肌と大人な意見は、大人から見てもなかなかです。
 そして私は薫ちゃんのピアノ練習を見て胸が痛くて仕方がなかったです。
 大人っぽいし都会的な雰囲気だけれども、すごく素直なんですよね。
 また、こんな可愛らしい子を山村留学させようと
 考えられた親御さんは素晴らしいなと。
 どこか私も親の気持ちになって番組観てしまいました。
 可愛い子には旅させよの実践ですね。
 これから各々の道を進むわけですが、
 彼女たちにとって間違いなく一生の宝になるでしょうし、
 ピュアな気持ちを持ったまま大人になってほしい。
 本当に素敵な少女たちに出会い、
 乾いた心が潤った気がします。
 学生時代の友人にはご無沙汰していますが、
 これを機に変に気を遣わず連絡とってみます。
 ありがとうございました。
                                    たあくん
さん

思いのたくさん詰まったメッセージ、ありがとうございます。
たあくんさんをはじめ、番組を見ていただいた方からの感想も、
きっと七海ちゃん、薫ちゃんの素敵な宝物になると思います。

最後にはるぱぱさんからのメッセージです。

 たまたまチャンネルを変えていたら
 「山のナナミと街のカオル」が放送されており、
 舞台はわが町“福岡”。
 何の気なしに見ていたら、
 最終的に静かで深い感動の涙を流しておりました。
 私にも息子がおりますが、異性・同性関わらず、
 2人の様な友情を育んで欲しいと強く願いました。
 ナナミさんとカオルさんには、今のお互いを想う気持ちを
 今後も持ち続けて欲しいと切に願います。
 環境によって、他者とのふれあいは変化するものであるとは
 私自身の経験ですが、尚更この2人にはそうであってほしくなく、
 大人になっても親友であって欲しいと強く願います。
                             はるぱぱ
さん

何の気なしに・・・から最後まで見て頂き、ありがとうございます。
息子さんにも一生の友だちが出来るといいですね。

ブログにコメントを直接書いてくださった
小貝さん、日中さん、東京都在住40歳さん
その他たくさんの皆さん、メッセージありがとうございました。

graziejpg.jpg

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:14:19 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
コメント(4) | トラックバック (0)

ページの一番上へ▲