2010年2月 3日

明日のカラフル!の主人公は宮城県に住む男の子です


明日のは、ル!は「強いヒーローがぼくの夢」。
宮城県に住む男の子が主人公です。sogno.jpg

「仮面ライダー」みたいな強い男になりたい。
「お前にはムリだ~」と言われるけど、
自分の夢すてたら、なんかダメな気がする。

番組を担当した仙台放送局のディレクターからの
メッセージです。



 みなさん、こんにちは! 
 仙台放送局ディレクターの くぼしほ です。
 今回の主人公・隼弥(じゅんや)くんは
 「仮面ライダー」が大好きな男の子。
 そして、将来は真剣に
 「仮面ライダー」を演じる役者さんになることを夢見ています。

 そんな隼弥くんの家は宮城県でも有名な港町にあります。
 そして家族みんなが漁業にかかわる漁師さんの家。
 隼弥くんのおじいさんもお父さんも
 大型船でマグロをとってきた漁師さんです。

 取材をはじめた当初、
 「漁師さんの家で育った子の夢はもちろん船乗りさんだろう」と
 勝手に決めつけていた私。

 しかし隼弥くんに会ってそれはあっけなく、
 くつがえされました。
 隼弥くんに将来の夢を聞くと
 「漁師になる気は全くありません」とはっきりとした答え。
 代わりに、「仮面ライダー」の魅力、
 そして将来どんな役者になりたいかを
 初対面の私にたっぷり1時間以上、一生懸命に語ってくれました。

 家族や友だちに
 「仮面ライダーになるなんてムリムリ~」と、
 どんなに言われても、
 その夢は昔から変わらないという強い意志を持った隼弥くん。

 私はすっかりそんな彼のトリコになってしまいました。

 なぜなら、私は小学生のころ、
 こんなにも一つのことにのめり込んだという経験はありませんでした。
 今思えば、いつも両親や学校の先生の顔色をうかがって、
 周りの人にほめられたい・・・と思いながら生活していたような気がします。
 だから「あなたにはムリ!」と言われたら、
 あっさりと納得しあきらめているような、そんな子どもでした。
 みなさんの中にも同じ思いの方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 一方で隼弥くんは、
 周りがダメというからあきらめるのではなく、
 自分で納得いくまでやってみないとあきらめられないと
 私に伝えてくれました。
 自分の信じたものに突き進む、
 でも自分には足りないところがたくさんあることも分かっている。
 だからこそもっと頑張ろうと思う。
 そんな真っ直ぐな気持ちを持つ隼弥くんに私はすっかりほれ込み、
 そしていろいろなことを教えてもらった気がします。

 「仮面ライダーになれなかったらどうするの?」
 という私の意地悪な質問にも、
 「オーディションに失敗したらその時に考えます!」
 という、いさぎよい返事。

 撮影中には・・カメラマンの仕事に興味しんしん。
 「撮影している人たちって激しい動きも多くて大変だろうな~」と
 将来自分が主役になることを意識し、
 舞台裏のことまで気にかけてくれた隼弥くん。
 私たちの取材にもイヤな顔一つせず、
 長時間のインタビューにも積極的にこたえてくれる姿に、
 すでに役者としてのプロ意識を感じました。

P1010724mini.jpg                  隼弥くんと撮影クルー

 番組では、そんな隼弥くんのもとに、
 マグロ漁船で働くお父さんが一年ぶりに戻ってきます。
 私たちスタッフも、取材の段階では一度もお会いしたことのないお父さん。
 ロケの最中に初めての対面でした。
 お父さんとの久々の再会を通して、
 隼弥くんの夢に何かしらの変化が生じてくるのでは・・・・?
 私たちはドキドキしながらその時を迎えました。

 隼弥くんと漁師のお父さん。
 二人の間に一体どんな事が起こるのでしょうか。
 隼弥くんのがんばりをみなさん、ぜひごらん下さい。

 そして番組を見て、どんな気持ちになったか、
 ブログにお返事いただけるとうれしいです。
 みなさんの感想は隼弥くんにもお伝えします。




sognoblog.jpg

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:16:03 | カテゴリ:おたより | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

ページの一番上へ▲