2009年11月 4日

明日のカラフル!はオリンピックを目指す女の子


明日のは、オリンピックを目指す女の子が主人公。

 「体操が私にくれるもの」

 kyo.jpg
 3歳から始めた体操。
 それからずっと練習している。
 失敗したり、つらいこともあるけど
 やめたくない理由がある。


 カブログをご覧のみなさん、はじめまして。
 「体操が私にくれるもの」を担当した
 福井放送局のディレクターのあべです。
 今、小学生のみなさんはもちろん、
 昔はかわいい小学生だった大人のみなさんも、
 文化系、スポーツ系問わず、
 きっと何か習い事した経験をお持ちだと思います。
 ぼくも野球、スイミングなど、いろんなことをやっていました。
 どれも途中でやめてしまいましたが・・・・。

 今回、取材したのは、3歳から体操を始めた小学4年生の恭子さん。
 オリンピックへ出ることを目指して、日々、つらい練習も乗り越えています。
 人生の半分以上を体操に捧げている恭子さんは、
 体操をやっているとき、本当にキラキラと輝いています。
 その姿は大人びていて、つい見とれてしまうほどです。
 でも、体操をやっていないときは普通の女の子。
 そして、どこか自信なさげ。

 体操しているときと体操していないとき、その違いが気になって、
 恭子さんの話に耳を傾けることにしました。
 そこには、体操にかけるまっすぐな想いがあったのです。

 恭子さんは4姉妹の次女。ぼくも3人兄妹の次男。
 真ん中同士で何か相通じるものを感じたのも、
 恭子さんを取材したいと思った理由でした。
 姉妹で一番口数が少なく、
 自分のことについて家族にもあまり話さない恭子さん。
 「小学生のぼくもそうだったな~」とついつい共感してしまうことがたくさん。

 あのころは、自信がなくて、周りの目ばかり気にしていた自分。
 いろんなものを頑張ることで自信をつけたいと必死だったと思います。
 今回、小学生と真剣に向き合い、ぼく自身もいろいろ勉強になりました。

 最後に「練習中、どうして泣いちゃうの?」などいや~な質問に対し、
 はじめのうちは「わかりません」と言いながらも、
 
なんとか自分の気持ちを言葉にしてくれた恭子さんに、
 
この場をお借りして、お礼を言いたいです。
 きょうちゃん、ありがとう!




novembre5.jpg

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:10:56 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
コメント(4) | トラックバック (0)

ページの一番上へ▲