2009年4月21日

あさってはトルコの「ぼくの自転車がほしい」です


bicicletta.jpg明後日よる7:40~放送の
「ぼくの自転車がほしい」
トルコの11歳の男の子、
アブドゥッラ君が主人公です。

ぼくは自分の自転車をかってもらえない
だから観光ガイドのボランティアをして
自分で買う
お客さんにチップをもらって
ぜったい夢をかなえたい

主人公のアブドゥッラくんの日本語吹き替えを担当した
村田裕介くん(4月から6年生)にナレーション収録の感想を聞きました。

murata.jpg 「台本をもらってから、約2週間、
 毎日家で練習をしました。
 でも収録の当日、
 せりふに変更があったので、
 なかなか頭に入らず大変でした。
 それでも、番組の中に登場する
 先生の声を担当していた声優の
 坂東尚樹さんが優しくアドバイスを
 してくれたおかげで
 落ちつくことができました。」

村田くん、当日になって言い回しを変更してごめんなさい!

ちなみに今回、主人公のアブドゥッラくんは、
自分の自転車を手に入れるためにお金を貯めようとしますが、
村田くんもお年玉を貯めて、自転車を買ったことがあるそうです!
友達が、前と後ろ両方にギアのついた自転車を持っていて、
自分でもほしいと思ったそうです。
自分で買ったほうが大切に使うだろうと思い、
親に買ってもらうのではなく自分で買ったそうです。エライ!

アブドゥッラくんも念願の自転車を手にいれることができたのか?
放送をお楽しみに!

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:13:20 | カテゴリ:制作ノート | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック (0)

ページの一番上へ▲